• TOP
  • FASHION
  • 【体型別 痩せ・ぽっちゃり・低身長】スマートに見えるダウンの選び方

2018.11.06

【体型別 痩せ・ぽっちゃり・低身長】スマートに見えるダウンの選び方

これからの季節にダウンは欠かせませんが、ダウンは着膨れしやすく、一歩間違えてしまうと体型の弱点を露呈する結果に。体型に合わせたベストなダウン選びをお教えしましょう。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) イラスト/林田秀一 スタイリング/稲田一生 文/吉田 巌(十万馬力)

失敗しないダウン選びのコツ

最近街中で人気のダウンは昔よりかなり薄手となっていますが、それでも着ればかさばります。太めの人が何の気なしに着用すれば、よりボリューミィに見えがちですし、身長の低い方は子供っぽく見えてしまうことも。

自分はスマートだからって安心するなかれ。そういう方でもモコモコしたダウンを着れば、モンキー・パンチ先生が描くキャラクターのごとく妙に脚だけ細く見えてしまいますから。

そんな失敗を避けるには、体型に合わせたダウン選びが肝心。以下、「瘦せ」「低身長」「ぽっちゃり」の順でおすすめダウンのスタイルを解説していきます。

● 「痩せ型」におすすめのダウン 01 「ピューテリー」 

Xラインを強調して、エレガントさを演出

ダウン 13万8000円/ピューテリー(カイタックインターナショナル)
13万8000円/ピューテリー(カイタックインターナショナル)
イタリアの有力セレクトショップがこぞって取り扱うことで知られる高級ダウンブランド、ピューテリー。こちらはその代表作とも言える「ハリケーン」。

パラシュートボタンや大きめのフードなどミリタリーを彷彿とさせる男っぽいデザインながら、襟周りのリッチなファーやウエストベルト効果でエレガントに着用できます。日本人体型にぴったりマッチするジャパンフィットを採用しているのも魅力。
痩せ型の人が身頃にたっぷりゆとりがあるダウンを着てしまうと生地が余ってしまい、いかにもダウンに着られた感じになってしまうことも。脚の細さが際立って見えてしまうのもデメリットです。それを回避するのがベルテッドタイプのダウン。

腰のベルトをギュッと締めることでダウンがダブつかず、メリハリの効いたXラインがスタイルをぐっと男らしく見せてくるんです。

NEXT PAGE2/ 3

背が低くても、スマートに見せるコツ 

● 「低身長」におすすめのダウン 02 「ムーレー」 

Iラインを強調して、スマートに見せる

ダウンベスト 11万円/(ムーレー 銀座店)
11万円/(ムーレー 銀座店)
都会派のラグジュアリーダウンとして人気のムーレー。美しいシルエットのロング丈モデルが定番ですが、こんなシンプルなベスト型もあったんですね。

セーターやジージャンの上に羽織るアウターとして、厳寒期はコートのインナーとしてと、冬の間フル活躍してくれるでしょう。ちなみにメランジ調のネイビーの表地は、カシミア混ウール! 見た目も肌触りも、大人が纏うに相応しいリッチさがあります。
身長の低い人がロング丈のダウンを着るとダウンだけが目立ってしまいます。だからショート丈がおすすめですが、その考えの延長線で狙っていただきたいのがベスト型。イラストのように袖や裾から中の服が覗くことで、ダウンの存在感をぐっと和らげることができるからです。

またこのように横ではなく縦のIラインを強調することで、実際の身長より高く見せる効果も大。ダウンベストは秋、冬、春と長い季節にわたり着用できる費用対効果の高いアイテムですし、ぜひとも一着用意しておきましょう。

NEXT PAGE3/ 3

ぽっちゃり体型がダウンを効果的に見せる 

● 「ぽちゃり」におすすめのダウン 03 「デュノ」 

Oラインを強調して、バランスよく見せる

ダウン 8万8000円/デュノ(トヨダトレーディング プレスルーム)
8万8000円/デュノ(トヨダトレーディング プレスルーム)
イタリアダウン界の話題の新鋭「DUNO(以下デュノ)」。数々の有名メゾンで経験を積み、今もフレンチブランド、キャシャレルのアーティスティックディレクターを務めるダウェイ・スンが手がけるアウターはクリーンでシンプルなデザインが特長です。 

こちらは通常のダウンのようなキルトステッチを排し、すっきりしたシルエットの美しさで勝負したモデル。もちろんフードは脱着可能で、よりシンプルなスタンドカラーで着用することもできます。
クレジット100W
ぽっちゃり体型の人が避けたいのが、ダウンをパンパンに充填したモデル。モコモコしたダウンなら体型も誤魔化せると考えがちですが、かえって逆効果。そこにキルトステッチが入っていたら、まんまビバンダム君です。

そんな方々におすすめなのがキルトステッチの入っていないOラインシルエットのダウンです。女性の間では体型を隠せるからとコクーン(繭型)シルエットのアウターが人気ですが、それと同様の効果が得られるからです。身長のある人であれば、イラストのようなやや長丈を選べばよりスマートな雰囲気に。このバランス、ぜひものにしてください。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

カイタックインターナショナル 03-5722-3684
ムーレー 銀座店 03−6228−6041
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567

この記事が気になった方はこちらもどうぞ

【まとめ】ザ・ノース・フェイスなど、大人が買うべきダウンジャケット4選!
寒さが確実に増してきた今日このごろ。そろそろヘビーアウターが欲しいと思っている人も多いはず。そこで、この冬大人が買うべき冬の鉄板アウター「ダウンジャケット」をご紹介します。

【厳選】アウトドアブランドのダウン6選! デザインも機能も優秀です!
防寒性はもちろん、撥水性や伸縮性等の機能面から都会に似合う秀逸なデザイン性まで、ダウンジャケットに求める条件は多々あります。そこで今回は、数あるモデルのなかからアウトドア銘柄が手がけたオススメ6着をピックアップ。

知ってる? いま一番熱いアウトドアブランドは日本のココ!
ダウンといえば、ヨーロッパやカナダといった印象をお持ちの方は多いでしょう。実はヨーロッパや北米に匹敵するアウトドア大国の日本にも、優れたダウンブランドがあるんです。

モンクレール注目の新作! 今から春まで使える逸品アウターはこの2つ
最速でスタイルアップを狙うなら、断然トップブランドの新作から選ぶのが正解です。色良し・デザイン良し・品質良しの三拍子揃った絶品ダウンをご紹介します。

人気ダウンの大人なコーディネイト術。ストーンアイランドの新作はどう着る?
究極の防寒アイテムとして、やっぱり見逃せないダウンアウター。こなれ感を演出するなら、茶系やアーシーなカラーを軸とした着こなしのポイント作りに、シブい色調のオレンジのベストが合うのです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事