• TOP
  • FASHION
  • 達人が伝授。秋冬の大人な着こなし【スタイリスト四方章敬編】

2021.11.16

達人が伝授。秋冬の大人な着こなし【スタイリスト四方章敬編】

この秋冬シーズンにお洒落と言われるのは一体どんなスタイル? そこで、コーディネート作りのプロフェッショナルに、今、本当に気になるスタイルを聞いてみました。リアルで小粋な装いテクニックは、参考になること確実です。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/多田 悟(Rooster) 構成・文/長谷川 剛(TRS)

ヴィンテージ・ミックスでドレススタイルを軽妙に

このLEON.JPをはじめ、本誌LEONでもレギュラー的にスタイリングを手掛けている四方章敬さん。クラシックをベースにモダンな雰囲気を上品に取り混ぜたコーディネートテクは、業界からも高い支持を得ています。もちろんそのスタイルセンスは自身の私服にも発揮されており、感度の高い装い方は参考にしたいポイント満載です。そこで今季、そんな達人の気になる秋冬スタイルを聞いてきました。
「以前からドレススタイルの新しいこなし方のひとつとして、ヴィンテージ・ミックスに注目していました。ブライスランズやリング東京などの高感度ショップが打ち出すミックススタイルに触発されて、自分でも色々とトライしているんです。ドレスウエア自体もカジュアル化のトレンドから、芯地やパッドを排すことに加え、ゆったりフィットなアイテムなども多く出てきています。さらに寛ぎ感を自分らしく打ち出す方法として、古着のミックスは非常に可能性あるものと考えています」
PAGE 2
▲ ヴィンテージのニットジャケットはポロ ラルフ ローレンのもの。古着ですが非常にグッドコンディション。同ブランドらしいネイティブアメリカン風の色柄が、装いのアクセントになっています。
そこで今回着こなしの実例として、ヴィンテージのニットジャケットを軸としたスタイルを見せていただきました。エスニック風のカラフルな編み込み柄が非常に洒脱で印象的です。

「このニットジャケットは、リング東京が高円寺の古着ショップ、サファリとタッグを組んで開いたポップアップショップにて手に入れたもの。正直、僕はあまり古着シーンのことは詳しくないのですが、店頭で見ていて、普段自分が着ているドレスアイテムと合わせたら面白くなりそうと考え、直感で買ってしまいました(笑)。当初のアイデアとしてはスーツなどに合わせたかったのですが、実は少々着丈が短く、そのままジャケット替わりに着て楽しんでいます」

ポイントはやはり、ドレス感のあるアイテムとのコーディネート。古着のニットジャケットにデイリーなスウェットやチノパンツなどの合わせでは、平凡なアメカジ・スタイルになってしまうので注意が必要だと四方さんは指摘します。
PAGE 3
▲ カジュアルスタイルを大人っぽく仕上げる小物使いとして、本誌でもリコメンドしている本格時計の合わせ技。四方さんの場合はヴィンテージのロレックス。実はコレ、オイスター パーペチュアル誕生50周年記念モデルであり、レアなジェラルド・ジェンタデザインです
「ブラックのハイゲージセーターに同色のドレスパンツの装いはある意味ストイック。そういった硬めの着こなしに古着のニットジャケットを合わせることで、軽妙なメリハリ感が生まれます。

このジャケットは非常にカラフルですが、伝統的なエスニック柄なので、こういったドレススタイルにも違和感なくマッチします。メリハリを付ける脇役として時計の存在も見逃せません。

70年代のヴィンテージロレックスは、ドレスの要素とこなれ感も併せ持つ、適度な一本だと言えるでしょう」
▲ 2プリーツパンツによるゆとりが、今風の洒落感をさり気なくアピールします。また、セーターの下に着込んだ白Tシャツをチラりとのぞかせるテクも見逃せません。
「この高感度なヴィンテージミックススタイルに合わせたパンツはベルウィッチの2プリーツタイプ。あまりシャープになりすぎないように腰回りにゆとりあるパンツを合わせることも、今季らしい寛ぎ感の演出には不可欠です」
PAGE 4

スーツスタイルが高感度にこなれて見える!

大人っぽいエレガンスを堅苦しくなくアピールできる、ヴィンテージミックスのコーディネート。せっかくですのでもう一体、四方流ミックススタイルを紹介していただきました。
▲ 厚手のウール素材を使った、ラ ファーボラのスーツ。四方さんはオーダーメイドにて仕立てます。角度を付けたノッチドラペルはややワイド型。膨らみ感ある腰ポケットなど、随所に作り手の個性がちりばめられた一着です。
「ここ数年愛用しているアイテムに、ラ ファーボラのスーツがあります。平さんという方がデザイナーを務めるブランドですが、非常に僕の考えるドレススタイルと合致するところがあり、もう10着くらいスーツをお願いしているんです。なかでもこのグレーフラノのスーツはお気に入りのもの。いわゆるフル芯地のフォーマル型ではなく、現代的なヌケ感あるソフトな仕立てが特徴です。昨今は、そういったモダナイズスーツも多いのですが、本当の意味でクラシックにもカジュアルにも品良く着回せるスーツは少なく、ラ ファーボラは貴重な存在だと思っています」

そんなお気に入りの一着をカジュアルに着こなす方法のひとつが、ヴィンテージ・ミックスの装い方だと四方さん。こちらも古着にて手に入れたカレッジ調のトレーナーがポイントとなっています。
▲ 適度なヴィンテージ感が特徴的なカレッジ系トレーナー。エレガントなスーツとのコンビネーションにより、軽妙な洒落感が漂います。プリントの白とインの白Tとの合わせも当然計算のうち。
「よく仕事でショップなどを訪れた際に、プレスの方といろいろな情報交換をします。このトレーナーは青山のSTRIPS STOREで購入したものですが、そのお店もプレスの方から教わりました。先ほども言ったとおり撲は古着に精通しておらず、この一着もショップスタッフさんから勧められたことが切っ掛け。ロゴとマークの3列構成によるプリント・スタイルは人気がとても高いのだそう。というよりも、個人的には紺と白のいかにもヴィンテージ風のプリントと、着やすい薄手素材が気に入って手に入れだけかも知れません(笑)」

肩肘張らずざっくばらんに着こなしていますが、グレーのフラノスーツとのマッチングも非常に考えられたルックスとなっています。

「着こなしのポイントは白Tを内側にカマすことでしょうか。往々にしてヴィンテージのトレーナーなどはネックがユルくなっています。リブのしっかりしたTシャツを着込むことで、崩れすぎなルックスになることが防げます。また、トレーナーの裾からTシャツを僅かにのぞかせることで、腰元にもカジュアルなアクセントを添えることが可能です」
PAGE 5
▲ 二つに折ったマフラーのループに先端を通すだけのシンプルな巻き方。装いのテンションに合わせて巻き方もその都度アレンジするのが達人のやり方です。
そしてもう少し寒くなってきたら、マフラーをプラスするのもひとつの手だと付け加えます。そんな巻き物にも四方さんなりのこだわりがあるのだそう。

「ヴィンテージのトレーナーを取り入れるような着こなしは、ある意味ハズしたスタイルです。そんな装いにはマフラーもヌケた感じで巻くのがベスト。カレッジトレーナーよろしく学生風にサッと巻くくらいがハマるように思います」

● 四方章敬 (スタイリスト)

1982年、京都府生まれ。スタイリスト武内雅英氏に師事し、2010年に独立。ドレスファッションに精通し、LEONをはじめ多くのメンズファッション誌からオファーを受けるトップクリエイター。最近はショップやブランドのアイテムプロデュースを手掛けるなど、活躍の幅を広げている。 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON