• TOP
  • FASHION
  • 今、スニーカーはコラボものが買いである! その理由とは?

2018.10.22

今、スニーカーはコラボものが買いである! その理由とは?

いまだ衰えを知らないスニーカーブーム。昨今ではスニーカーブランドとファッションブランドとのコラボレーションも数多く目にするようになった。今回は、その理由とその魅力に迫ります!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

90年代を経て、多様化する昨今のスニーカーデザイン

スニーカーブームと言われて久しい今日この頃。いまだ終焉の気配さえ感じないその勢いを、90年代リバイバルが後押ししているのは言うまでもありません。しかし、昨今のブームはあの時とはまるで異なる事情があります。

90年代のスニーカーブームは、少なくともここ日本ではアメカジやスケーターなどが中心となった、いわばストリートキッズがブームを牽引していました。対して、昨今のスニーカーブームでは、ラグジュアリーブランドやドレスブランドにまで勢力圏を広げ、いわばファッションシーンすべてにおいて、スニーカーがブームとなっているのです。

なぜそこまでブームが広がったのか。その要因のひとつに、ナイキのエアマックスやジョーダンシリーズ、リーボックのポンプフューリーやアディダスのエキップメントシリーズなど、スニーカー史において多くの名作を生み出した90年代を、リアルタイムで経験したデザイナーの存在があります。

新コラボに見る、スニーカーの今どきとは

90年代のスニーカーは、あくまでスポーツアイテムという枠組みの中でのファッションアイテムでした。当時はアパレルブランドが手がけるスニーカーというのは、まだ珍しい存在でしたからね。

ところが現在では、ファッションアイテムとしての存在意義が先行しているといっても過言ではないでしょう。現在、多くのスポーツブランドがアパレルデザイナーとコラボコレクションを展開しているのが、その証です。

今回ご紹介する「アディダス テレックス×ホワイトマウンテニアリング」 もそのひとつ。同コレクションを手がけるデザイナー相澤陽介氏は、1977年生まれ。多感な青春時代を、90年代に過ごしたひとりです。
PAGE 2

スポーツアイテムからファッションアイテムへのさらなる進化

コラボコレクション「アディダス オリジナルス by ホワイトマウンテニアリング」を手がける相澤陽介氏が、今回新たにスタートさせたのが「アディダス」のアウトドアレーベル「アディダス テレックス」とのコラボコレクション。モデル名はWM テレックス TWO BOAで、インラインで展開するスムージングされたアッパーと、ボアクロージャーシステムが特徴のTWO BOAをアレンジしたものとなります。

90年代「アディダス」のアウトドアモデルといえば、アディタンジェントやシーユーレイターを思い出します。それらアウトドアモデルのデザイン概念とはまるで異なりますが、ボアクロージャーシステムによりギミック感を主張するデザインには、どこか90年代スニーカーの面影をにじませます。

現在に続くスニーカーの基礎とも言える名作を多く生み出した90年代のブームを、肌で知る彼らが進化させたスニーカーデザイン。ストリートキッズの間だけでなく、様々なスタイルで、そして大人の間でスニーカーブームを巻き起こしたのは、彼らの存在なくしては起こり得なかったと言えるでしょう。
PAGE 3

進化しつつも90s心を突くデザイン

1万9000円/アディダス テレックス×ホワイトマウンテニアリング(ホワイトマウンテニアリング)
ファーストコレクションとなる本モデルは、ワイヤーを巻き取るシューレースでおなじみとなる、ボア・クロージャーシステムを搭載し、今シーズンからインラインで登場したばかりのTWO BOAをベースとする。

コラボでは、オリジナルカラーリングとともに、「アディダス テレックス」オフィシャルフォントにより、ミッドソールに「ホワイトマウンテニアリング」のネームをデザイン。本来ミニマルなデザインを、アイコニックな1足に見せた。
PAGE 4
1万9000円/アディダス×ホワイトマウンテニアリング(ホワイトマウンテニアリング)
モノトーンとともにラインナップされるこちら。モノトーンベースではありますが、トゥとヒールのターコイズグリーン&イエローの差し色が効き、よりスポーティな印象を強めます。
ダイヤルを回すことでワイヤーが巻き上げられ、クイックかつ微細にフィット感調整ができるのがボア・クロージャーシステムの特徴。その調整幅は、1mm単位となっています。
PAGE 5

いかにもスポーティにならないのが、大人スニーカーコーデの原則

1万9000円/アディダス テレックス×ホワイトマウンテニアリング、マウンテンパーカー10万5000円、ロングTシャツ1万7000円、パンツ2万6000円/ホワイトマウンテニアリング(以上ホワイトマウンテニアリング)
スポーティであることは良いけれど、あくまで大人なシック顔で履きこなす。なかでもLEON.JPは、モノトーンというあえて重たいカラーリングをオススメします。各アイテム自体はカジュアルでも、モノトーンに徹することでストリート感を抑制。レーシーなコラボスニーカーのアッパーも、ともすればモードなミニマルさを纏います。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381

お洒落な大人はなぜ「トム フォード」の眼鏡を選ぶのか?
なぜ、トム フォードはリッチな太セルの代名詞になり得たのか

迷ったらコレ。吉田カバン・ポーターの最新コラボバッグ8選
ホワイトマウンテニアリングがポーターとコラボをする理由

ノースフェイス他、薄軽ナイロンアウター6選。気温変化の大きい時期はコレ!
朝晩の気温差が激しいときには携帯にも便利な薄くて軽いナイロンアウターがおすすめです

【注目】大人の最新スニーカー6選。雨にも強く歩きやすい一足を!
大注目のトレイルランニングスニーカー。本格派ブランドの高機能モデルを街で履くのが旬なのです!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL