• TOP
  • FASHION
  • 男前かつ優しさもあるニットと言えばコレ!

2021.10.15

男前かつ優しさもあるニットと言えばコレ!

昨今の古き良きアメカジ復権を受けて、さまざまなアメカジにおける定番アイテムがトレンドに浮上しています。そのひとつがカウチンニット。リラックスやコンフォートが求められる今、まさに理想的なアイテムです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

大人カウチンは、ガチじゃなく風味でいいんです

正確にはカナダの伝統ウエアですが、アメカジにおいてカウチンニットは鉄板中の鉄板。ローゲージで厚手のニットは見た目にもほっこりとして、土クサい印象が強いアメカジアイテムの中では珍しく女子ウケも抜群です。

本場のカウチンニットは冬の寒さが厳しいカナダ生まれとあって、糸が太く、さらにはオイルを含みずっしりと重量感があります。実は、カウチンニットはそもそも狩猟用のウエアとして生まれたモノ。保温性と撥水性を兼ね備える、まさしく男前な一着なんです。

とはいえ、街中で着るには油ベタベタ&臭いのするようなカウチンは、さすがに難あり。あくまで、カウチン風味でいいんです。風味を出すために最も重要なのが柄。シンメトリーなパターン柄がデザインされることで、例えミドルゲージでもカウチン風味を楽しむことができます。

着こなす上で気をつけるべきはひとつ。ザ・アメカジにならないこと。スウェットに色落ちデニム、足元にレッドウィングなんてコーデもカッコいいのですが、ちょっと土臭くて男前度が高すぎかと。シャツやスラックスで品良くまとめる、アーバンネイティブスタイルが正解です。
PAGE 2

◆ ブルネロ クチネリ

アメカジをベースにしつつ、ドレスアップを意識

▲ ニットアウター36万3000円、ダウンジレ18万2600円、シャツ9万9000円、パンツ13万2000円/すべてブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン)
ショールカラーにシンメトリーなパターン柄。一見するとその見た目は昔ながらのカウチンニットに見えますが、ココが作るとなれば只者でないのは当然。素材はウールにカシミアとシルクをブレンド。ざっくり編み込んでいながらも、その風合いは実に軽く柔らかです。インナーダウンで保温性を高めつつ、グレーデニムのシャツとドローストリング&タック入りウールフランネルパンツを。素材はアメカジ的ですが、シャツ&スラックスにすることで野暮ったさを払拭し、洗練された大人な印象に仕上げています。

◆ アラヌイ 

フリンジ付きでもカシミアなら野暮じゃないんです

▲ 42万200円/アラヌイ(イーストランド)
ウエストベルト、幅広のショールカラー、そしてなによりフレンジ付きと、ネイティブ感アリアリのデザイン。でも、素材はカシミア混。ふわりと柔らかなドレープ感は、グレートーンベースも相まってラグジュアリーな雰囲気に。アメカジ好きなイタリア生まれらしい一着です。
PAGE 3

◆ トゥモローランド 

こんな一枚なら、家でも街でも一軍確定です

▲ 5万5000円/トゥモローランド トリコ
パキッと柄が立った、ハイコントラストなカラーリングが存在感をアピールするコチラ。甘撚りの糸をざっくりと編み込んだことでカウチンらしい素朴さを楽しませつつも、シルエットはすっきりと都会的。柔らかな着心地は、ルームウエアやワンマイルウエアとしても重宝します。

◆ ラッファ モリーナ 

カウチンでもモードを楽しむことができるんです

▲ 5万2800円/ラッファ モリーナ(DESIGNWORKS 銀座店)
保温性が高く耐久性もあるアルパカを採用したコチラ。レザーボタンの採用など、カウチンらしいカントリーな雰囲気を出しつつ、ご覧のとおりカラーリングはむしろ真逆にスタイリッシュ。こんなダークカラーなら、黒スラックスと合わせてモード×アメカジも楽しめます。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

イーストランド 03-6231-2970
DESIGNWORKS 銀座店 03-3573-6210
トゥモローランド 0120-983-522
ブルネロ クチネリ ジャパン 03-5276-8300

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        男前かつ優しさもあるニットと言えばコレ! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト