• TOP
  • FASHION
  • Gジャンやレザーなど、男前アウターに合わせるブーツは何が正解?

2021.10.15

Gジャンやレザーなど、男前アウターに合わせるブーツは何が正解?

今年は久々にブーツ市場が活況。アメカジも人気ですし、ワーク系やトレッキング系に注目が集まっています。それはそれでいいんですが、無骨一辺倒はNG。キレイめ系もしっかり押さえてこそ大人です!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/笠島康平 文/安岡将文

ラギッドなアウターにこそドレス顔ブーツを

Gジャンにスエードジャケット、はたまたバッファローチェックのメルトンジャケットと、今年は無骨なアメカジアウターが人気です。ヴィンテージデニム市場も盛り上がっているなど、とにかく無骨尽くしな今シーズン。ブーツ人気もそのひとつですが、すべて無骨揃えはさすがに危険。アウターが無骨なら、足元はキレイめにしてバランスを取りたいものです。

同じブーツでも、トレッキングブーツとサイドゴアブーツでは印象は一変。後者なら例えアウターがダブルのライダースでも、都会的かつラグジュアリーな印象にまとまります。なにも、トレッキングブーツがダメってワケじゃありません。逆に足元が無骨ならアウターを品良く、つまりバランスを取りましょうってコト。

キレイめとはいえあくまでブーツなので、チグハグにはなりません。今年せっかく男前アウターを買った人は、足元選びも手抜かりなきよう。
PAGE 2

鉄馬じゃなく跳ね馬が似合うかどうか

▲ ブーツ11万6600円/トッズ(トッズ・ジャパン)、ブルゾン15万1800円/チンクワンタ、ニット3万4100円/ジョン スメドレー(すべてビームス 六本木ヒルズ)、パンツ3万1900円/ベルウィッチ(アマン)、サングラス5万5880円/ペルソール(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)
今季豊作なレザーシャツジャケット。薄手とはいえあくまでタフさが残るスエードに、色落ちデニムとトレッキングブーツは少々クドくなってしまいます。タートルネックニットにスラックスを合わせ、そして足元にサイドゴアブーツを。モノトーンも相まって、無骨なスエードのシャツジャケットも、都会的で洗練された雰囲気にまとまります。

◆ トッズ 

品良いだけじゃなくちゃんと色気アリ

▲ 11万6600円/トッズ(トッズ・ジャパン)
シューレースのないスムージーなアッパーに加え、ややロングトウなラストも洗練された印象をあと押しします。高さのあるヒールが、オトコの色気を演出してくれる点もポイント。白ステッチをウェルトに入れることで、足元にアイキャッチを効かせているのも見逃せません。
PAGE 3

◆ ジョンロブ 

ストラップひとつ取っても名門らしい一手が

▲ 32万3400円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
ドレッシーにしてエレガント、オトコらしさもにじむブーツといえば、ジョッパーブーツのアボットはうってつけです。流麗なフォルムはもちろん、下位置に付けられたクロスストラップが、スラックスを履いた時に抜群のアクセントに。ただ端正なだけではない、魅せるブーツです。

◆ エドワード グリーン 

スーツはもちろんデニムも格上げしてくれます

▲ 19万8000円/エドワード グリーン(ストラスブルゴ)
大人のキレイめブーツといえばやっぱりチャッカーは外せないでしょう。英国の名門らしい正統派な顔つきの3アイレットチャッカーのバンバリー。品の良いややロングノーズですっきりとまとまるラスト82が、ブーツにしてドレッシーな印象をアピールしてくれます。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アマン 03-6418-6035
ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010
ストラスブルゴ 0120-383-563
トッズ・ジャパン 0120-102-578
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
ルックスオティカジャパン カスタマーサービス 0120-990-307

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        Gジャンやレザーなど、男前アウターに合わせるブーツは何が正解? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト