2021.10.16

ビーアット代表取締役 兼 ビームス コミュニケーションディレクター【土井地 博氏編】

プロが注目する秋の新作アイテム3選

装うことが楽しくなる秋のシーズン。新たなアイテムを取り入れファッションをランクアップさせたいものです。そこでお洒落達人たちに、この秋リアルに気になった新作を紹介していただきました。独自のセンスが光る選球眼とオリジナリティある着こなし提案はサスガのもの。これは絶対参考になります!!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/大森 直(TABLE ROCK Inc.) 構成・文/長谷川 剛(TRS)

機能性に加え使い勝手にもこだわりたい

ファッションシーンをリードする最先端セレクトショップであるビームス。そんなトップ企業のなかでも先陣を切って新しいことにトライし続けている土井地博さん。

今年1月にはビームスでの要職をキープしたまま、「すべての表現者がクリエイティブによって輝く社会」を目指した企画会社、「ビーアット」を立ち上げCEOに就任し話題となりました。

そんな業界きってのトップランナーが、この秋ぜひLEON.JPファンにプッシュしたいアイテムがあるということで、お話を伺いました。
PAGE 2

ゴルフコースから街へ繋がる万能アウター

▲ アークテリクス ヴェイランスのジャケット。防水・透湿機能に加え保温性も抜群。立ち衿の具合も非常にカッコイイと土井地さん。インサレーションジャケット9万9000円/アークテリクス ヴェイランス(ビームス 銀座)
「最近よく相談を受けるのが、“アウトドアではどんな服を着たらイイ?”ということ。僕自身もここ数年の間にライフスタイルが移り変わり、屋外に出ることが増えています。

休暇の時はキャンプなどにも出掛けますが、一番増えているアクティビティがゴルフです。以前は年イチくらいのペースでプレイしていましたが、ここ最近は週イチくらいの勢いになりそう(笑)。そして、そんなシーンにおいてこれからの季節にマストとなるのが機能的なアウターです。

なかでも今季一番と言えるほどにプッシュしたいのが、アークテリクス ヴェイランスからリリースされた、ハイテク中綿入りのジャケットです」
▲ 独自の立体縫製が見て取れるショルダー回り。丁寧にシーリングされており防水性もパーフェクト。
「ご存知のとおりヴェイランスは、アークテリクスの持つ先進技術を都市生活スタイルに最適化させたコレクション。ブラックの一着を選べば、モードでミニマルな雰囲気も感じさせる万能型のアウターです。僕の場合はこの一着を主にゴルフのシーンで使用しようかと考えます。

モダンなジャストサイズを選んでも優れた立体仕立てにより、スイング時もストレスを感じさせません。絶妙なミドル丈も相まって、色々に動いても腰を冷やさないところが実に秀逸。でありながら、ゴルフ場からそのまま街などに繰りだせる、シックで落ち着いた雰囲気も兼備しているのです」
PAGE 3

カラフルな装いで前向きな気分をアピール

▲ 大人の色気や遊び心を込めたレーベルとして人気のブリッラ ペル イル グスト。シンプルながらカラーや素材にこだわったセーターは、使い勝手も抜群。カシミヤセーター各3万8500円/ブリッラ ペル イル グスト(ビームス 銀座)
土井地さんといえば、このアークテリクスもそうですが、モノトーンかつ控えめな着こなしのイメージがあります。しかし、今季は少し心境に変化があったと話します。

「コロナ禍などを経験し、改めて服が持つ可能性とは何かを考える時間がありました。自分にとっての機能性という要素も確かに大切ですが、前向きな気分をアピールすることも服装にできる役割なんじゃないかと感じたのです。そういう意味で、まずはカラフルな装いを楽しんでみようと思ったのです。

出会う人に少しでも刺激が与えられるのなら、装う意味も少しは増すのかなと。とは言えいきなり全身ビビッド・カラーというワケにはいきません(笑)」
「たとえばインナーにグリーンやイエロー、それにレッドなどを取り込むことで、視覚的にも刺激がプラスされると思うのです。もちろんLEON.JPファンなら大人の品格も重要。そこでオススメしたいのが、ブリッラ ペル イル グストのクルーネックセーターです。

発色の良い全12色展開は、お手持ちアウターカラーと相談しつつ選び出すことができるもの。たとえば先ほどのアークテリクスのインナーとして、グリーンのこのセーターを差しても非常に洒落ています。

また、こちらは厳選のカシミヤを使用しており、非常にソフトで温かいところもオススメする理由。しかもアンダー4万円。これは恐らく商品開発部も頑張ったのだと思います(笑)」
PAGE 4

名作ブーツがさらにファンな一足へと進化

▲ トリッカーズの定番であるカントリーはウイングチップスタイルのブーツ。その名作にインターナショナルギャラリー ビームスとアルテュメス アンド コーが共同でデザインを加えた特別モデル。ちなみにアルテュメス アンド コーは、ハンティングやシューティングといった屋外競技から発想を得たデザインにてウエアを作り出すフレンチブランド。ブーツ9万4600円/アルテュメス アンド コー × トリッカーズ(ビームス 銀座)
毎シーズン、秋には何かしらのシューズを手に入れるという土井地さん。今季は特にブーツが気になると言います。なかでも多くの人にその存在を知ってもらいたいのがトリッカーズの特別モデル。これぞ最強のコラボレーション・ブーツだと強調します

「トリッカーズのカントリーブーツと僕はそもそも出会いが古く、学生時代からのお付き合い。見た目は非常に英国的ですが、実際に履いてみるといろいろな服装に合わせられる便利な一足です。

そんなカントリーブーツですが、今季弊社(インターナショナルギャラリー ビームス)とトリッカーズ、そしてフランスのアルテュメス アンド コーがタッグを組んで、特別モデルを企画。さらに多くの可能性を持つ一足へと進化したのです」
▲ ソールはフルラバーゆえに全天候型。シーンを選ばず履ける一足です。
「個人的に気に入っている部分は、レースアップはそのままにサイドゴアをプラスしているところ。脱ぎ履きしやすいという実用性もさることながら、ユニークなカジュアル感が加わっているように感じます。

それとアルテュメスのディレクター、ドミニク氏のアイディアであるスムースレザーとグレインレザーのコンビ使いも実に軽妙。今年はもう難しいですが、ショーツスタイルに合わせて履くのも楽しそうだと思っています。眺めているだけで、どう履こうかと新たな創造性を掻き立ててくれる一足だと感じます」

● 土井地 博(ビーアット代表取締役、ビームス執行役員経営企画室グローバルアライアンス部部長兼コミュニケーションディレクター)

大学卒業後、株式会社ビームス社に入社。大阪での店舗業務を経て、本社にてプレス職に就く。約20年PR宣伝を担当し現職に至る。現在は同社初の合弁会社である「株式会社ビーアット」のCEOに加え国内外の企業、ブランド、人とのコミュニケーションを繋ぐ業務を担当。その他オンラインサロンとコンサルティング、ブランディング業務を行う「株式会社社外取締役」の共同代表も務める。ラジオパーソナリティや大学非常勤講師など、その活動は多岐にわたる。 

■ お問い合わせ

ビームス 銀座 03-3567-2224

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        プロが注目する秋の新作アイテム3選 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト