• TOP
  • FASHION
  • 「PT01」、「1PIU1UGUALE3」、「N˚21」。これが読めたらアナタもファッション通!?

2018.08.29

「PT01」、「1PIU1UGUALE3」、「N˚21」。これが読めたらアナタもファッション通!?

ファッションブランドの中には、読み方がイマイチわからないものが意外とあります。そこで読み方が独特な人気ブランドをピックアップしました。これで、もやもやした気持ちとようやく決別できるはずです。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/池田保行(04) イラスト/林田秀一

ブランド名はデザイナーの思いやコンセプトを映す重要なネームです。しかし海外ブランドだけでなく国内ブランドにも、なんと読めばいいのかわからないブランド名はあるものですよね。

雑誌などで見かけたブランドロゴが、どう読むのかわからなくても、人が話すのを聞いて知っているブランドもあったりしますし、なんとなくローマ字読みしてごまかしてみたり……。

そこで、やや難読の人気ブランドをピックアップしてご紹介します。これでもう、悩んだり恥ずかしがったりせずに、堂々と正しいブランド名で呼べますね。

第1問:PT01

イタリアパンツ業界の旗手となった、専業ブランドは「ピーティーゼロウーノ」。PTとは「pantaloni torino(パンタローニ トリノ)」の意味で、その名のとおり2006年冬季オリンピックが開かれた北イタリアの街、トリノに本拠地を置くコーベル社のパンツブランドです。

トリノから世界一を目指すという意味でNO.1=01と命名されました。現在、クリエイティブディレクターは、スナップLEONでもお馴染み、ドメニコ・デラヴァッレ氏が務めています。

第2問:1PIU1GUALE3

AKMのデザイナー小澤智弘氏のプライベートブランドとして2013年にスタート。読み方は「ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ」。イタリアのことわざで「1+1=3」。ふたりが力を合わせれば、3人分以上の力が出せるという意味です。

スポーティでカジュアルなアイテムに最高級の素材を使うなど、現在のラグスポブームを牽引してきた実力あるブランドとして注目されています。
PAGE 2

第3問:999.9

1995年に創業した純国産のアイウエアブランドとして知られる「フォーナインズ」。純金のインゴットに刻印される、最高純度を表す数値「999.9」に由来し、つねに眼鏡フレームとして最高純度の品質を追求し続けるブランドの姿勢を表したものです。

かの有名な逆Rヒンジを始め、革新的な技術とデザインをリリースしていますが、常に0.1の可能性を追い求めることで生まれるそのクオリティの高さは、他の追随を許しません。

第4問:N˚21

90年代のファッションシーンを知る人なら、アレッサンドロ・デラクアの名を耳にされたことがあるかと。2009年、21世紀に入った彼が新たに立ち上げた、ラグジュアリースポーツブランドが「ヌメロ ヴェントゥーノ」です。

当初はレディスブランドでしたが、2014年にメンズをスタート。スポーツウエアをベースに、斬新なグラフィックやモダンなデザインワークを取り入れたコレクションを展開しています。2014年には、世界初となる旗艦店を東京・表参道の裏通りに開いたことでも話題になりました。
PAGE 3

第5問:Ermenegildo Zegna

「エルメネジルド・ゼニア」は現在のエルメネジルド ゼニア ブランドの創業者名です。19世紀後半、父親のアンジェロ・ゼニアが起こした製織業を引き継いだ末息子のエルメネジルドが、1910年に自分の名を掲げた服地メーカーを立ち上げます。

1960年代には既製服を手がけるようになりますが、高級服地ブランドとしては、トップの座に君臨しています。そして現在までラグジュアリートータルメゾンとしても押しも押されもしない存在です。

第6問:LOEWE

スペインのラグジュアリーメゾン「ロエベ」は、WEをヴェと発音するところに違和感を覚えるかもしれません。じつは創業者エンリケ・ロエベ・レスベルグはドイツ人。

マドリードのレザー工房で修行し、やがてその高品質な製品がスペイン王室御用達となったことから事業を拡大し今日に至ります。80年代にはプレタポルテを、90年代にLVMHグループ傘下となり、ラグジュアリーなレザーコレクションも健在です。

第7問:DSQUARED2

カナダ出身のDEANとDANは、イタリア人の父とイギリス人の母をもつ双子の兄弟。現在はブランドロゴが変更されていますが、1994年に2人のイニシャルをとり「D2(2は乗数)」と表記するブランド、「ディースクエアード」をスタートしました。

デニムやTシャツ、ネルシャツなど、アメリカンカジュアルをモダンに昇華したデザイナーズモードの先駆者として、いまもコレクションは絶好調。ミラノに拠点を置いて活動しています。

第8問:LETROYES

フランス・シャンパーニュ地方の都市、トロワの名を冠した「ルトロワ」は、この街で誕生したニットブランド。マイユと呼ばれる丸胴の編み機を使うことで、サイドシームの無い着心地のよいニットカットソーが有名です。

フランスらしくボーダーのカットソーが有名ですが、Tシャツやニットなど、軽衣料の総合ブランドとして幅広く展開しています。
PAGE 4

第9問:MONT BLANC

フランス語で「MONT」は山、「BLANC」は白を差し、「モンブラン」とは「白い山」の意。ドイツに誕生した筆記具メーカー「シンプロ・フィラー・ペン・カンパニー」が1909年に発表した万年筆のペン先の尖り方が、アルプスの名峰モンブランに似ていたことから、これをブランド名に採用したと言われています。

ブランドのアイコンでもある「白い星型のエンブレム」は、冠雪したモンブランの頂上を模しており、その代表作マイシュターシュテュックのペン先にはモンブランの標高を表す数字「4810」が刻まれています。

第10問:UGG Austraria

オーストラリアのサーファーの間で人気の高いムートンブーツの総称を「UGH(アグ)」と呼んでいたものを、オーストラリア人サーファーのブライアン・スミスが、アメリカ西海岸で「UGG Austraria(アグ オーストラリア)」のブランド名で展開。

ハリウッドセレブが愛用したことから、爆発的な人気となりました。2016年には正式名称を現在の表記に変更。いまではムートンブーツ以外にも多彩なフットウェアを展開するブランドに成長しています。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL