• TOP
  • FASHION
  • 大人のアクセはストリートが旬!? いま選ぶべき4ブランド

2018.08.22

大人のアクセはストリートが旬!? いま選ぶべき4ブランド

リングにバングル、ネックレスにウォレットチェーンと、何かとアクセをジャラ着けするのがストリートのお約束。でも大人が楽しむ場合は、やっぱりそれなりに箔が付くブランドでなければ。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/稲田一生 文/安岡将文

ストリートファッションにおいて、欠かすことのできないアクセサリー演出。大人ストリートにおいても、さすがにブリンブリンまでは必要ありませんが、例えばリングにバングル、そしてウォレットチェーンと、いつも以上に多めに着けて楽しみたいものです。

とはいえ、いかにもゴツいスカルとか、またはチープ感のあるプラスチック系などはご法度。ストリートななかにも、年相応な品と格は不可欠ですから。そこで頼りになるのが、ラグジュアリーブランド。ストリートなモチーフでも、やはりリッチな雰囲気が漂うので、大人なスタイルに着地してくれるんです。

今回は、数あるなかからストリートにマッチする、遊びの効いたデザインに定評のあるブランドをチョイス。ラグジュアリーブランドのアクセといっても、ビジューなものではなく、ハズし的に楽しむのがストリートでは正解ですよ。

◆ ディオール オム  

センスある遊び心って、つまりこういうことなんです

(左より)テディ ベアーキーリング7万9000円、バングル6万9000円、ネックレス9万6000円、リング4万3000円、スニーカーモチーフキーリング2万6000円、カセットモチーフキーリング2万6000円/すべてディオール オム(クリスチャン ディオール)
元々キャラクター使いに定評がある「ディオール オム」ですが、今期のアイテムはより遊び心満載。おなじみの“BEE”(蜂)モチーフや可愛くもどこかワルっぽいメタル製のダークテディなど、大人ストリートに理想的なラグジュアリー感と遊び感を両立したアイテムが豊富に揃います。なかでも、カセットテープやスニーカーをエンボスしたカーフ製のチャームは、ストリート感抜群です。
PAGE 2

◆ グッチ 

モチーフだけでブランドがわかる、独自の世界観に夢中

(左より)キーチェーン2万9000円、ネックレス18万8000円、ブレスレット11万3000円、リング(左上)4万8000円、リング(右上)3万8000円、リング(下)4万8000円/すべてグッチ(グッチ ジャパン)
ニューヨークのハーレムで伝説のテイラーとして名を馳せたダッパー・ダンとのコレクションを展開するなど、益々ストリートとの距離を縮める「グッチ」。アレッサンドロ・ミケーレの唯我独尊な世界観は、アクセにおいても然りです。まず目を惹くのは、ココンチの十八番アニマルモチーフ。ライオンヘッドやキャットヘッドをモチーフにしたリングに、ネックレスに至ってはレジンのターコイズをウルフヘッドにセットしています。レザーブレスも同様に、とにかく彫金が緻密で派手。鍵をそのままモチーフにした遊び心も、さすがです。
PAGE 3

◆ サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ 

一見控えめなようで、実はシンボリックでギミック満載

(左より)バングル5万5000円、リング4万円、ネックレス5万5000円、ネックレス6万円、キーチェーン3万7000円/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)
フォークロアやネイティブといった、シンボリックなデザインのアクセを披露する「サンローラン」。今シーズンは、ムッシュ イヴ・サンローランが何度も訪れたモロッコを想起させる、オリエンタルなモチーフも揃います。エナメル加工によって表現したホーンや、実際に鞘から取り出すことができるサーベルをデザインしたネックレス、そしてナバホ族(アメリカ南西部の先住部族。インディアンジュエリーで高い評価を集める)を想起させるねじりデザインのブラス製バングル。ロゴチャームも然りで、小ぶりながら視線を集めるデザインが見どころです。
PAGE 4

◆ ディースクエアード 

時に大胆に、時に繊細に、このバランスが大人な決め手

(左より)iPhoneケース9000円、シガーケース1万円、キーリング2万8000円、ウォレットチェーン3万4000円/すべてディースクエアード(ディースクエアード 東京)
大人のラグジュアリー×ストリートにおける定番ブランドといえば、やっぱりここでしょう。そのデザインは、コレクション名に連ねるキーワード“ICON”そのもの。ラバー製のスマホカバーにシガレットケースはまさにその象徴的アイテムで、このグラフィカルな感じが実にストリートです。一方でウォレットチェーンはバラをモチーフにするなど、イタリアらしいエレガンスもにじませます。レザーにスタッズを施したストラップなど、ラグジュアリーな財布に装着すれば、手軽にストリート顔に変えられます。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ 

イヴ・サンローラン 0570-01-6655
グッチ ジャパン カスタマーサービス 0120-88-1921
クリスチャン ディオール 0120-02-1947
ディースクエアード 東京 03-3573-5731

この記事が気になったら、こちらもどうぞ

世界中が夢中になるSupreme(シュプリーム)の謎
ラグジュアリーとストリートが互いに影響し合っている昨今のファッションシーン。その現象を象徴する存在の一つが「シュプリーム」ではないでしょうか。なぜ、誰もがこのブランドの魅力に引き込まれるのか。その理由を考えてみました。

グレゴリーからイーストパックまで。「ハズれナシ」な人気バックパック5選
ストリートスタイルの復権に呼応するように、人気が沸騰しているバックパック。大人の着こなしにマッチするクオリティとセンス、それに優れた機能を備えた逸品に絞ってピックアップします。

さりげなく差がつく大人のストリートな財布6選
いくらストリートがトレンドだからといっても、策もなく取り入れるのは危険。“あくまで大人として”このさじ加減を理解するために、まずはラグジュアリーブランドの財布をベンチマークに。

アディダス&ナイキ。最新スポーツの一点使いが間違いなく旬!
今どきのストリートファッションは、スポーツアイテムを効果的に取り入れるのがポイント。王道のスポーツブランドから、悪目立ちしないものを吟味して一点使いすれば、若者のストリートスタイルと差をつけた「大人の」ストリートスタイルがモノにできます!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL