• TOP
  • FASHION
  • いま、知らないとマズいブランドはオフ-ホワイト™とナニ?

2018.08.23

いま、知らないとマズいブランドはオフ-ホワイト™とナニ?

ヴァージル・アブローが「ルイ・ヴィトン」のメンズ アーティスティック ディレクターに就任するなど、ラグジュアリーとストリートが密接になった昨今。勢いのあるブランドも、そんなシーンを捉えたブランドが多く目につきます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/稲田一生 文/安岡将文

ラグジュアリー×ストリートをうたった新進ブランドが目立つなか、なかでも注目はアメリカブランド。アメリカ発信のラグジュアリー×ストリートシーンを牽引する人物といえば、やっぱりカニエ・ウェストが挙げられます。今イケイケのヴァージル・アブローも、アメリカはシカゴ出身で、元はカニエのスタイリストでしたからね。

カニエ・ウェストといえば、ヒップホップMCでありプロデューサーでもありますが、ヒップホップといえばグッチが今季ハーレムの伝説ダッパー・ダンとのコラボコレーションを始動しました。つまりアメリカでは、80年代からすでにラグジュアリーとストリートは距離を縮めてきた素地があるんです。

しかし、いかに旬とはいえ、なかなか飛ばしたデザインがアメリカブランドには多いのも事実。あくまで大人な、という視点で取り入れるなら、トータルじゃなく一点使いがオススメです。

◆ オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™ 

ラグジュアリー×ストリートの最前線はここ!

(左より)7万9000円、6万5000円、6万7000円/すべてオフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(イーストランド)
「オフ-ホワイト™」は、カニエ・ウェストのスタイリングを手がけていたヴァージル・アブローが2013年にスタートさせた、ラグジュアリー×ストリート、またはハイエンドストリートブランド。ストライプ柄の大胆なプリントを始め、インパクトの強いグラフィカルなモチーフがその特徴です。

大学では建築を専攻していたヴァージル・アブローは、2016年にオープンした日本の直営店の店舗デザインを手がけたことでも有名。イタリアのミラノを拠点に、自身のブランドとともに「ルイ・ヴィトン」でも2019年の春夏コレクションからメンズのアーティスティック・ディレクターに就任しています。今シーズンは、ストリート世代が着る未来のビジネスカジュアルを提案しています。
PAGE 2

◆ オークリー by サミュエル ロス 

ヴァージルの腹心が手がける、ハイスペックストリート

(左より)2万2000円、1万5000円、7万2000円/すべてオークリー バイ サミュエル ロス(ディプトリクス)
2015年にスタートしたブランド、「ア コールド ウォール」を手がけるサミュエル・ロス。かつて「オフ-ホワイト™」のヴァージル・アブローのアシスタントであり、現在は「オフ-ホワイト™」のブランドコンサルタントを務める彼が、アイウエアブランドのオークリーと組んで立ち上げた限定コレクションが、「オークリー by サミュエル ロス」です。

同コレクションでは、アイウエアはもちろん、ウエアやバッグ、アクセサリーまでトータルで展開。ハイスペックなスポーツサングラスでおなじみのオークリーとのコラボらしく、先進的な素材やディテール使いを披露しています。そのなかに、サミュエル・ロスらしい大胆なプリント使いなど、ストリート要素をしっかりと注入しています。

◆ アレキサンダー ワン 

東海岸らしい洗練ストリートを楽しむならここ

(左より)6万7000円、5万4000円/ともにアレキサンダー ワン、3万5000円/アディダス オリジナルス by アレキサンダー ワン(アディダスグループお客様窓口)
学生時代から「マーク・ジェイコブス」などでインターンを経験した後、2004年に自身の名を冠したブランドをスタート。2007年にニューヨークコレクションでデビューした翌年には、ヴォーグが主宰するアワードCFDAでグランプリを獲得しています。

当初はレディースとしてスタートするも、2011年にはメンズもスタート。デイリーウエアであること、すなわちストリートを基軸にしながらも、拠点をニューヨークに置くブランドらしい洗練さと、時に大胆なアプローチによって、都会的なリアルクロージングを提案しています。

今シーズンリリースされたスウェットでは、クレジットカードに着想を得たナンバリングを。2017年からスタートしたアディダスとのコラボコレクションでも、リジェクト品をモチーフにしています。
PAGE 3

◆ アミリ 

アメリカっぽさを踏襲した、新しいアメカジストリート

(左より)8万2000円、10万6000円/ともにアミリ(エストネーション)
西海岸発のラグジュアリー×ストリートブランドにおいて、筆頭注目株は間違いなくここ「アミリ」でしょう。2013年にロサンゼルスで、デザイナーのマイク・アミリによって設立されました。

モードやラグジュアリー要素を取り入れたストリートスタイルは、スウェットやネルシャツといった普遍的なアメカジアイテムにハイクラスな印象を与え格上げしました。とはいえ、そのアプローチはあくまでアメリカ的。ハードな色落ちやダメージ加工も頻出しています。

今回ご紹介するパーカーでは、スウェットとメッシュのフェイクレイヤードデザインを、ダメージ加工したストレッチスキニーデニムではサイドラインのプリントなど、定番のアメカジアイテムに一手を加え、独自のデザインに昇華しています。

◆ パーム・エンジェエルス 

アメカジ好きなイタリア人って、結構多いんです

(左より)5万7000円/パーム・エンジェルス×スイコック、5万5000円、6万3000円/ともにパーム・エンジェルス(すべてイーストランド)
フォトグラファーのフランチェスコ・ラガッツィが、2014年にスタートした「パーム・エンジェルス」。ブランド設立のきっかけは、西海岸のスケーターカルチャーに感化されて。そう、ブランド名のパームは、西海岸のパームツリーを指しているんです。ブランド設立以前には、同名の写真集も刊行しているほど。

ジャージーパンツやシャワーサンダルなど、いわゆるスケーターアイテムが中心となるコレクションを披露しており、そのデザインにはアメリカの西海岸的要素が満載です。しかし、ブランド自体は実はイタリア発ですけどね。

一方で、「モンクレール」のアートディレクターを務めるなど、ラグジュアリーな感性も備えているフランチェスコ。ラグジュアリー×ストリートシーンにおける、重要人物のひとりとして名が挙げられています。
PAGE 4

◆ ヘロン・プレストン 

アメリカらしさを、直球かつ変化球で表現

(左より)13万6000円、4万5000円、9万円/すべてヘロン・プレストン(イーストランド)
デザイナーの他に、アーティスト、コンテンツクリエイター、DJなど、マルチな才能をもつヘロン・プレストンがブランドを立ち上げたのは、昨年の秋冬シーズン。「ナイキ」のグローバル デジタルプロデューサーを経て、これまたカニエ・ウェストのクリエイティブ・コンサルタントに。あのYeezyを手がけたのは、ほかならぬ彼です。ワークウエアを根幹としたコレクションは、従来のデザインを新解釈する手法が見どころに。

3シーズン目となる今季は、セレブリティにフォーカスを当て、グラフィックやエンブロイダリーを駆使。ワークとラグジュアリーという異色の組み合わせが見どころです。また、ヘロンの長年の夢だったというNASAとのコラボが実現。NASA60周年という記念し、かつて使われていたロゴを復活させています。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アディダスグループお客様窓口 0570-033-033
イーストランド 03-6712−6777
エストネーション 03−5159−7800
ディプトリクス 03-5464−8736  

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

世界中が夢中になるSupreme(シュプリーム)の謎
ラグジュアリーとストリートが互いに影響し合っている昨今のファッションシーン。その現象を象徴する存在の一つが「シュプリーム」ではないでしょうか。なぜ、誰もがこのブランドの魅力に引き込まれるのか。その理由を考えてみました。

グレゴリーからイーストパックまで。「ハズれナシ」な人気バックパック5選
ストリートスタイルの復権に呼応するように、人気が沸騰しているバックパック。大人の着こなしにマッチするクオリティとセンス、それに優れた機能を備えた逸品に絞ってピックアップします。

さりげなく差がつく大人のストリートな財布6選
いくらストリートがトレンドだからといっても、策もなく取り入れるのは危険。“あくまで大人として”このさじ加減を理解するために、まずはラグジュアリーブランドの財布をベンチマークに。

アディダス&ナイキ。最新スポーツの一点使いが間違いなく旬!
今どきのストリートファッションは、スポーツアイテムを効果的に取り入れるのがポイント。王道のスポーツブランドから、悪目立ちしないものを吟味して一点使いすれば、若者のストリートスタイルと差をつけた「大人の」ストリートスタイルがモノにできます!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL