2018.08.22

いま持つべき、ストリートなバッグ6選

今季多くのメゾン系ブランドからリリースされているウエストバッグ。日常において便利なことに加え、旬なストリートスタイルの気分を品良く表せる小物として、いま最も見逃せないアイテムです。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/稲田一生 文/長谷川 剛(zeroyon)

1990年代を中心とする、ストリートカルチャーを意識した着こなしが世界的に広まっている昨今。とはいえ、大人がミレニアルズよろしくの派手なグラフィックアイテムを取り入れるのは流石にリスキー。LEON世代の男子は小物の導入にてその気分をさり気なくアピールするくらいがベストです。

スポーティにこなすならバックパックという手もありますが、ワンポイントとして攻めるならウエストバッグが合理的です。腰周りに装着し、今風ストリートを気取ってみるのも当然あり。さらには、トラッドな装いのハズし役として、ボディバッグ風に斜め掛けしても洒落た雰囲気に仕上がります。

特に今季はラグジュアリーブランドから、ナインティーズなウエストバッグがリリースラッシュ。ベーシックな定番タイプに加え、エッジの効いたデザインものまで一気にご紹介いたします。

◆ グッチ 

ちょっと大きめくらいがクールなバランス

ベルトバッグ9万7000円、ポロシャツ7万2000円、パンツ11万5000円、靴8万4000円/すべてグッチ(グッチ ジャパン)
ストリートの気分を盛り込むことにかけて右に出るものがいない昨今の「グッチ」。ユニフォーム風のポロシャツにイージーパンツを合わせた装いは実にスポーティです。そこにあえてラグジュアリーなベルトバッグを追加。すると、ジャンルを超えて自由なスタイルを楽しむ、ストリートの雰囲気が漂うというわけです。

アイコニックなGGパターンによるベルトバッグはやや大きめですが、このインパクトのあるデカさが今の気分。こちらは単体で見れば非常にシックなので、もちろんトラッドな装いにもマッチします。
PAGE 2

◆ フェンディ 

なんか、あのロゴに似ていない!?

バッグ13万5000円(※一部店舗および公式オンラインストアで取り扱い)/フェンディ(フェンディ ジャパン)
スポーツブランドのロゴやマークを大きく配したアイテムがシーンを席巻する昨今。なんとローマのビッグメゾンも同郷のスポーツブランドを連想させるアイテムをリリースしました。そのなかのひとつがこちら。今期コラボしたスコットランド出身のアーティスト、ヘイ・レイリーによる「FENDI/FILA」ロゴを再解釈したウエストバッグです。「フェンディ」のアイコンであるFFロゴのコーティングキャンバスの上に「FENDI/FILA」ロゴのアップリケを施しました。この遊び心こそ今のモードの気分なのですね。

◆ プラダ 

懐かしくも新しい三角プレートに注目

バッグ6万8000円(予定価格)/プラダ(プラダ クライアントサービス)
三角プレートをあしらったナイロン鞄のコレクションは、「プラダ」の名を世に浸透させた傑作シリーズ。特に90年代にはブラックナイロンのバッグが世界を席巻しました。今季の新色として登場したウエストバッグは差し色としても美しいボルドーカラーが特徴。細身のフォルムもスマートゆえに都会的な装いにマッチするデザインです。2ジップタイプで使い勝手も抜群。
PAGE 3

◆ サンローラン 

装いがキュートに変わるモコモコ・ムートン

バッグ13万8000円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)
この秋冬は、ムートンを用いたボマージャケットも多くのブランドからリリースされるよう。しかし、変化球的にムートンをウエストバッグで取り入れてみては、とこちらをオススメする次第です。元々レザー使いに定評のある「サンローラン」ゆえ、リッチさは十分。ボアを露出させたモコモコ・スタイルは、極上の温かみに加え、キュートなお洒落センスをも感じさせます。絶妙な小振りサイズなので、ハズし役としても最適ですね。

◆ バレンシアガ 

強いメッセージを感じさせるWFPコラボ

バッグ9万3000円/バレンシアガ(バレンシアガ ジャパン)
パリで発表したランウェイショーでも注目を浴びた、「バレンシアガ」のWFP(World Food Programme)とのパートナーシップ。WFPのロゴがついたアイテムの売り上げの一部は寄付されるのだそう。身につけることで政治的なコミットに加え、飢餓のない世界を目指す活動へのサポートにも繋がる一品。ファッションは着飾るだけでなく、メッセージとしても機能するひとつのカルチャーです。
PAGE 4

◆ トッズ 

スポーツミックスの装いを上品に格上げ

バッグ8万6000円/トッズ(トッズ・ジャパン)
リップストップナイロンをボディに採用したウエストバッグは、爽やかにして非常にライトウェイト。いま注目を集めるスポーツミックスなコーディネートにも合わせやすいアイテムです。パイピングやストラップにキメの細かい上質なカーフを使用しているのも見逃せないポイント。本体両脇にはトッズのアイコンでもあるラバー・ペブルをあしらっており、さり気なくブランドを感じさせる小粋なデザインです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

イヴ・サンローラン 0570-01-6655
グッチ ジャパン カスタマーサービス 0120-88-1921
トッズ・ジャパン 0120-102-578
バレンシアガ ジャパン 0570−000−601
フェンディ ジャパン 03-3514-6187
プラダ クライアントサービス 0120-45−1913

この記事が気になったら、こちらもどうぞ

世界中が夢中になるSupreme(シュプリーム)の謎
ラグジュアリーとストリートが互いに影響し合っている昨今のファッションシーン。その現象を象徴する存在の一つが「シュプリーム」ではないでしょうか。なぜ、誰もがこのブランドの魅力に引き込まれるのか。その理由を考えてみました。

グレゴリーからイーストパックまで。「ハズれナシ」な人気バックパック5選
ストリートスタイルの復権に呼応するように、人気が沸騰しているバックパック。大人の着こなしにマッチするクオリティとセンス、それに優れた機能を備えた逸品に絞ってピックアップします。

さりげなく差がつく大人のストリートな財布6選
いくらストリートがトレンドだからといっても、策もなく取り入れるのは危険。“あくまで大人として”このさじ加減を理解するために、まずはラグジュアリーブランドの財布をベンチマークに。

アディダス&ナイキ。最新スポーツの一点使いが間違いなく旬!
今どきのストリートファッションは、スポーツアイテムを効果的に取り入れるのがポイント。王道のスポーツブランドから、悪目立ちしないものを吟味して一点使いすれば、若者のストリートスタイルと差をつけた「大人の」ストリートスタイルがモノにできます!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL