• TOP
  • FASHION
  • 便利な鞄といえば? その問に誰もが「TUMI」と答える理由とは?

2018.08.29

SPONSORED

便利な鞄といえば? その問に誰もが「TUMI」と答える理由とは?

使いやすい便利な鞄といえば? という質問に、「トゥミ」と答えるファッション関係者は多い。トレンドに振り回されることのない、信頼の置ける存在。所有する喜びだけじゃなく、使ってこそ真の喜びを感じられるトゥミの魅力に迫ります!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・HIRO KIMURA(W)、静物・島本一男(BAARL) スタイリング/黒田 領 ヘアメイク/向後信行(JANEiRO) 文/安岡将文

ただあれば良いわけじゃない、目的を明確にした機能性

1975年にアメリカで創業したトゥミ。バリスティックナイロン製のトラベルバッグ発表を機に、高機能バッグブランドとして成功を収めます。ここで、トゥミのバッグにおける、代表的な素材や機能を挙げてみましょう。

改良を重ね続けるバリスティックナイロンをはじめ、ソフトカーボンファイバー素材CX6や柔軟性のある強化ポロプロピレンからなるトゥミ独自のSRPPバリスティックなど、新しい素材の探求を続けています。ラゲージハンドルX-Brace45®やバッグの破損を防ぐためのオメガクロージャーシステムなどの特許取得の独自パーツも多数。 

お洒落の研鑽を積んだ大人は、そのこだわりをやがて素材へと向けます。見てくれの派手さや、トレンドの色柄に振り回されることなく、本質的な魅力を備えているもの。創業以来、技術向上に研鑽を積んできたトゥミは、その点見事にシンクロするのです。

そのこだわりは、ビジネスやトラベルおいては既に証明済みかと。さらには、休日においても有用であることを、今回是非ともお伝えしたいですね。

NEXT PAGE2/ 6

ワンマイルにおすすめなボディバッグ

1.休日使いに便利 

シンプルがゆえに奥深い、気が利くデザインとはこのこと

ボディバッグ3万1000円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)、ブルゾン4万2000円/エイチアイピー バイ ソリード、カットソー1万4000円/ヴィルーム、パンツ2万6000円/ソリード(すべてタトラス ジャパン)、サングラス5万円/ディータ(ディータ 青山本店)、靴8万6000円/サントーニ(リエート)
休日は手ぶら派。そんな人も多いでしょう。または、自転車でぶらりワンマイルなんて時も。財布やスマホなど、身の回り品が入ればそれでいい。とはいえ、だらしなく見えず、大人としてちゃんと見栄えするバッグ。「アルファ ブラヴォ」コレクションの「コロンバス」ユーティリティ・ポーチは、そんな大人の休日バッグの理想です。シンプルにして使い勝手もちゃんと考慮され、なおかつ今秋冬シーズンのカモフラ風プリントが、スポーティなフーディを洒脱に見せてくれます。

NEXT PAGE3/ 6

クラシックスーツに合わせたいナイロンブリーフ

2.ビジネスに便利 

機能と見栄え、現代のビジネスマンが求める要素を両立

ブリーフケース5万円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)、スーツ11万円、シャツ2万円/ともにハケット ロンドン(ハケット ロンドン 銀座)、メガネ5万8000円/ディータ(ディータ 青山本店)、ネクタイ1万9000円/ターンブル&アッサー(ヴァルカナイズ・ロンドン)、ベルト1万7000円/ホワイトハウスコックス(エストネーション)、靴14万8000円/サントーニ(リエート)
トレンドのクラシカルなグレースーツに、機能派なトゥミは似合うのか? 答えはYES。タイムレスでモダンという、相反する要素を融合する「ハリソン」シリーズの「セネカ」スリム・ブリーフなら、本体にナイロンを採用し軽さを得ながらも、その質感はマットで実に品良い。さらに、レザーやガンメタリックを纏うメタルパーツが、クラシックスーツの貫禄にまでも寄り添います。その使い勝手においても、見栄えと見事に融合させています。

NEXT PAGE4/ 6

ストレスレスなスーツケース

3.旅行&出張に便利

旅先だけじゃなく、道中までも快適な使い勝手を求めて

キャリーケース9万円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)、カーディガン2万4800円/エストネーション、パンツ2万8000円/ジャブズ アルキヴィオ(ともにエストネーション)、ストール9800円/ヴィルーム(タトラス ジャパン)、バングル2万6000円、リング3万3000円/ともにシンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)、靴7万2000円/サントーニ(リエート)、その他スタイリスト私物
ただ運ぶだけなら、ハードラゲージでもいいかと。しかし、旅は空港や移動中、待ち時間など、あれやこれやで何かと荷物の出し入れがあるもの。ただ多くを積むだけでなく、あくまで効率を考えた収納性を誇る「ウィールド」ダッフル・パッキングケースなら、そんな道中のストレスを解消できます。着替えや大切な仕事ツールはメインに、デジタルアクセサリーはトップのジップポケットに。万が一メインの荷室から取り出したい場合も、アクセスジップでクイックに。

NEXT PAGE5/ 6

機能満載の新作バッグをチェック!

◆まだまだあります!便利なバッグ

機能性に加えて、ルックスにおいても幅広い可能性を

4万7000円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)
2018年のフォールコレクションよりリニューアルした「タホ」コレクション。ビジネスにもデイリーにも使える、汎用性の高いデザインを目指しています。この「ロックウェル」バックパックでは、同コレクションの主素材として採用する高い耐久性を誇るポリエステル×マットナイロンに、使い勝手の良いポケットレイアウトを披露。そしてオフィス街にもアウトドアにも馴染むデジタルタイドプリントが、高い汎用性を証明しています。

NEXT PAGE6/ 6

アーバンスタイルなバッグパック

都会に生きる大人が欲する機能を集約

5万9000円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)
アーバン顔にして、ファンクショナブル。そんなトゥミの世界観を、最も体現しているのが「アルファ ブラヴォ」コレクションです。同コレクションを代表するのが、この「ロンドン」ロール・トップ・バックパック。ミリタリーテイストを基調に、ブラックレザーとメタルジップが上質感を主張。L字に開く開口部や、目的別に細分化&最適化されたインナーポケット、そして機能的にして都会に馴染むサイジングなど、すべてにおいて緻密な計算がなされています。

スタイリッシュを追求しながら、実用性を諦めない

5万円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)
流線を意識した、まさしくスタイリッシュと評するに相応しい「ハリソン」コレクション。今シーズンは、アイアンカラーをシーズナルカラーとして設定し、さらにアーバンな印象を強めています。こちらは「ベイツ」バックパック。耐久性に優れしなやかさも両立するナイロンに、ブラックレザーパーツとガンメタルを纏うジップが、見た目に重厚感を演出。スリムシルエットながら、メイン荷室以外のポケットは合計6個と、決して収納性を犠牲にしていません。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

トゥミ・カスタマーセンター 0120-006-267 www.tumi.co.jp
https://www.tumi.co.jp/shop/contents2/line.aspx ※TUMIのLINEお友達追加はこちら

ヴァルカナイズ・ロンドン 03-5464-5255
エストネーション 03-5159-7800
S.O.S fp 恵比寿本店 03-3461-4875
ディータ 青山本店 03-6433-5892
タトラス ジャパン 03-5708-5188
ハケット ロンドン 銀座 03-6264-5362
リエート 03-5413-5333

トゥミのバッグが気になったら、こちらもおすすめ!

なぜお洒落な大人な「TUMI」ばかり選ぶのか?
大人の休日にぴったりなトゥミの新作バッグをご紹介!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事