• TOP
  • FASHION
  • スーツにグラサン!? それ“スポクラ”サングラスなら違和感ないですから

2018.07.31

スーツにグラサン!? それ“スポクラ”サングラスなら違和感ないですから

“スポクラ”って、何? お答えしましょう、見た目はスーツにもマッチするクラシック顔なのに、機能はスポーティ、ということ。そんなサングラスをご紹介します!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) 文/安岡将文 スタイリング/小野塚雅之

今年のように梅雨明けが早く、カンカン照りの猛暑が続くと、紫外線による目へのダメージも深刻です。だから、休日だけでなくビジネスでもサングラス着用を推奨する動きもあるようですよ。

となると、スーツに似合うサングラスが必要なわけですが、定番はやはりクラシックタイプ。ウェリントン、ブロウ、ラウンドメタルといったところでしょうか。とはいえ、クラシックタイプって、掛け心地においては少々難ありな場合ってありますよね。重くて硬い、みたいな。

でも大丈夫、最近はスタイルと機能性を兼備した、クラシックデザインのスポーツサングラスが増えているんです。一見すると重厚なウェリントン、でも掛けてみると超軽量でテンプルもソフト。つまり、快適な掛け心地を享受しながら、クラシックスーツにも馴染むってわけです。出向いた先で、ノーズパッド跡を晒さずにも済みますね。

◆ アイヴォル 

今話題の“スポクラブーム”を牽引する注目ブランド

サングラス1万7000円/アイヴォル(アイヴァン PR)
ファッション感度の高い眼鏡を提案する「アイヴァン」のスポーツラインとして昨年登場した「アイヴォル」。スポーツラインといっても、スポーティなのは機能性だけで、そのルックスはアイヴァンが得意とするクラシックスタイルを踏襲しています。耐久性、軽さ、バネ性に優れたTR-90製フレームは、わずか23g。加えて日本製とあってフィット感抜群です。さらに、CR-39製のレンズが紫外線を99%きっちり遮断してくれます。
長時間掛けても耳が痛くならない、スポーツサングラスにおなじみのストレートテンプル。柔軟性に富み、なるべく肌に接しないよう設計されているうえに、内側に貼り合わせた樹脂素材TPEが肌に優しくフィットします。ノーズパッドも同素材で、さらに耐油性に優れているので汗をかいてもズレにくいんです。
PAGE 2

◆ ディストリクト ヴィジョン 

ファッション視点だからこそ、スポーツに傾倒しすぎない

サングラス2万6000円/ディストリクト ヴィジョン(ブリンク外苑前)
アイウエア業界ではなく、ファッション業界から参入したふたりのNY在住ディレクターが手がける眼鏡は、クラシカルにしてエレガント。それでいて、プロのアスリートの使用にも耐えられることを目的にしています。こちらのモデル「NAKO」は、軽量で衝撃に強いナイロン樹脂をフレームに採用。レンズもポリカーボネートを使い、同じく軽量性と耐衝撃性を極めています。デザインは、ウェリントンをベースに丸みを強調し、フレンチな雰囲気をにじませます。
ナイロン樹脂製のテンプルは、それ自体をグニャリと曲げられるほど柔らか。さらにモダンエンドにはラバーを配し、肌へのあたりをソフトに緩衝します。ノーズパッドももちろんラバー製で、滑り止めのラインが刻まれています。クリアなフレームとカラーレンズが、見た目にも涼やかですよね。

◆ レイバン 

名門中の名門も、スポクラな一本リリースしてます

サングラス2万5000円/レイバン(ミラリ ジャパン)
ウェリントンといえば、やはりここでしょう。この「RB4297」は、レイバンらしいクラシカルなシェイプを踏襲しながらも、フレームに先端素材を採用。それは、航空宇宙産業や自動車産業、また医療においても使用されているサーモプラスチック素材です。通称TPEと呼ばれ、軽くゴムのように弾性に優れ、さらに耐久性にも優れるという優秀なプラスチック。それでいて、フロントの飾り鋲やテンプルには、あえてメタルを配しデザイン性を誇示しています。
ただでさえ軽いサーモプラスチック製フレームですが、レイバンはさらに薄仕立てに。これにより、大げさじゃなくエアリーな掛け心地を楽しむことができます。フレームのシェイプやテンプルの形状こそクラシックに倣っていますが、モダンのエンドにはスポーティなラバーパッドがつけられています。
PAGE 3

◆ オークリー 

スポーツ系定番ブランドの"らしさ"を、ちゃんと残してます

サングラス2万4000円/オークリー(ミラリ ジャパン <オークリー>)
オークリーより2016年に登場した「ラッチ」の後継モデルとして、今年2018年に登場した「ラッチ・キー」。スポーツサングラスにおける王道ブランドですが、こちらはステンレスのアンダーワイヤーでレンズを支えブロウラインを強調した、クラシック感の強いハーフリムを採用しています。素材は、超軽量のO Matter製。アンダーワイヤー構造が、その軽さを後押しします。さらに、シリコン製ノーズパッドも快適な掛け心地のカギのひとつです。
蝶番部分のロゴマークを刻んだメタル製のパーツが、ラッチシステム。これは、テンプルをたたむと蝶番の内側にあるクリップのようなパーツが起き、そこにTシャツの襟やポケットの縁などを挟めるというもの。アスリート御用達ブランドらしい、実用的にして気の利いた仕様です。

◆ フォーナインズ・フィールサン  

こだわり素材を使った、技ありな快適ディテールが満載

サングラス3万3000円/フォーナインズ・フィールサン(フォーナインズ)
ボストンシェイプをベースにしながら、アクティブなスポーツシーンでの使用も想定した新作の「F-05SP」。そもそも「フォーナインズ」は、スポーツモデルでなくとも逆Rヒンジによって快適な掛け心地を約束していますが、同モデルでは軽量ナイロン素材のフレームを採用することで、軽さも追求。レンズには、ハードコート、撥水コート、反射防止コートが施してあります。また、中間濃度のレンズカラーで、オールシーズン、あらゆるシチュエーションでの使用に対応しています。
独自構造の逆Rヒンジは、使用時に生じる負荷を解消することでフレームの歪みを防ぎ、快適な掛け心地を作ります。さらに、付ける方自身で微調整が可能なノーズパッドは、汗に強いラバー製。バイカラーになったモダンには、フィット感の高いシリコンを採用しています。
PAGE 4

サングラスを新調しなくても、スポーティなグラスコードでお手軽スポクラに!

サングラスを新たに買わずとも、グラスコードを買い足すだけでもスポクラ感は楽しめます。もちろん、選ぶべきグラスコードはスポーティなもの。ちょっと派手色なくらいが、スポーティな雰囲気を楽しめます。カジュアル度が高いのでビジネスには不向きですが、掛けている時にはもちろん、サングラスを外した時にはネックレス的な役割も期待できるので、夏コーデでは結構重宝すると思いますよ。

◆ トニータイズサン 

見るからにアロハな色柄で、ボストン型もリゾート顔に

サングラス9200円/サルベージ パブリック(デルタ)、ネオプレーングラスコード2000円/トニータイズサン(ジービーガファス)
東京発のトータルウエアブランドからリリースされるグラスコードは、見てのとおりトロピカルなカラーリングが見どころ。ウェットスーツにも使われる伸縮性の高い素材ネオプレンを採用することで、首元へのストレスを軽減しています。記されるHAWAIの文字が、夏リゾートにもぴったりです。

◆ アノニム クラフツマン デザイン 

貫禄のブロウが、カラフルコードでスポーティに

サングラス2万1000円/レイバン(ミラリ ジャパン)、シルクグラスコード3700円/アノニム クラフツマン デザイン(1197ストア)
クラシックシェイプにおける王道中の王道といえば、やはりブロウ。なかでもこんなデミ柄は、より貫禄ある雰囲気を楽しめます。しかし、そこにオレンジ×ターコイズという夏色なグラスコードを合わせれば、一転スポーティな顔つきに。細身のシルク色を編み込んでいるので、肌触りが滑らかです。
PAGE 5

◆ ラループ 

アクセサリーとして楽しむ、それもグラスコードの魅力

サングラス3万8000円/ユリウス タート オプティカル(ザ パークサイド ルーム)、グラスホルダー2700円/ラ・ループ(グローブスペックス エージェント)
ニューヨーク発、女性デザイナーによるグラスホルダー。テンプルに装着するのではなく、ネックレスのように首にかけたグラスホルダーにアイウエアを掛けるという、ジュエリー的発想が特徴です。装飾性の高いデザインのものが多いのですが、なかにはこんなゴム製コードにプラ製リングというスポーティなタイプも。

◆ デュフューザー 

キャラの強い1本も、カジュアルで気抜けた印象に

サングラス3万1000円/モスコット(モスコット トウキョウ)、グラスコード4200円/デュフューザー(ブリンク外苑前)
メタルフレームのクールなタイプには、あえて柔らかな平ひもタイプがオススメです。メタルフレームに対して質感としてはスポーティ感が過ぎる印象がありますが、こんな品の良い配色なら意外にもマッチ。ブランドネームを型押ししたレザーパーツも、クラシカルなサングラスと馴染んでくれます。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ 

アイヴァン PR 03-6450-5300
1197ストア 03-6276-6613
グローブスペックス エージェント 03-5459-8326
ザ パークサイド ルーム 0422-41-8978
ジービーガファス 03-6427-6989
デルタ 03-3409-5923
フォーナインズ 03-5797-2249
ブリンク外苑前 03-5775-7525
ミラリ ジャパン 03-5428-1030
ミラリ ジャパン <オークリー> 0120-009-146
モスコット トウキョウ 03-6434-1070

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

え? スーツに!? 大人が知っておくべきサンダルの選び方&履き方
連日の酷暑。こうも暑いと、サンダルでなきゃ出かける気になれません。とはいえ、その気楽な足元、街中なのにご近所さん顔になってませんか?

オンオフ使える、大人のサングラスはメゾンブランドが正解!
ラフなサマースタイルを引き締めたくば、サングラスを掛けるのが最善策。でも、何だっていいワケではありません。格上げ効果も視野に入れるなら、メゾン謹製の今季新作こそが賢い選択でしょう。

ザ・ノース・フェイスからテバまで、大人が履きたいアウトドアブランドの機能系サンダル7選
大人カジュアルに合わせるサンダル選び&スタイリングには、ちょっとしたコツが要ります。足元だけ、浮いてしまわないようなアイテム選びとコーディネートテクをご紹介しましょう!

大人のサンダルは、街でも浮かないラグジュアリーメゾンの一足で!
夏のお出掛け、サンダルはらくちんなんですが、だらしなく見えては考えもの。そこで有効なのが、ラグジュアリーメゾン謹製の最新作ですよ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL