• TOP
  • FASHION
  • 涼しいのにキチンと見える、グルカサンダル5選

2018.08.02

涼しいのにキチンと見える、グルカサンダル5選

夏といっても、きちんとした着こなしを求められることって、ありますよね? 例えばカジュアルレストランとか、ホテルでのランチとか。そんな時、グルカサンダルがあると便利なんです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) 文/安岡将文 スタイリング/小野塚雅之

大人になると、夏の休日といえどもスマートカジュアルを求められることって、結構あると思います。たとえば、リゾート地であっても一流ホテルに泊まるとなると、さすがにビーチサンダルでうろつくわけにはいきませんよね。グルカサンダルは、そんな大人の夏に必須の一足です。

グルカサンダルは元々、19世紀に英国領だったインドで、傭兵として組織されたグルカ族の兵士たちが履いていたシューズに由来します。ストラップ構造のため通気性に優れており、その点では確かにサンダルといえますが、トウが覆われていること、ヒールがあることから、その印象はサンダル以上レザーシューズ未満といったところ。

本来は民族靴ですが、前述の経緯から英国のドレスシューズの技術とセンスが融合。現在ではドレスシューズ的なアプローチでデザインされることが多く、ソールもレザー製が多数派だったりします。もちろん、夏といえどもドレスシューズとしては履けませんが、スマートカジュアル程度なら対応可能。足全体がしっかりホールドされるので、クルマも運転用できますよ。

夏気分を堪能しながら、ジャケパンだってこなせる!

ジャケット9万2000円、チーフ8000円/ともにL.B.M. 1911、シャツ2万5000円/ジャンネット、ベルト2万3000円/パオロ ヴィターレ(すべてトヨダトレーディング プレスルーム)、デニムスラックス2万4000円/アナトミカ(アナトミカ 東京)、時計92万5000円/ゼニス、バングル20万円/コディ サンダーソン(ワールドスタイリング)、グルカサンダル7万9000円/クロケット & ジョーンズ(トレーディングポスト青山本店)
肌は見えますが、ラストはドレスシューズそのもの。だから、ジャケパンスタイルに履いちゃって全然OKです。グルカサンダルの良いところは、ジャケパンにも対応できながら、名目上はサンダルとあって、涼しさはお墨付き。

色やパーツデザインが着こなしのアクセントにもなるので、このようにダークネイビーにミディアムグレーのスラックスというシックなジャケパンも、華やかな印象に見せてくれるのです。ベルトとの色リンクなど、履きこなしのセオリーはドレスシューズと一緒。一方で、チーフやアクセサリーにおいては、グルカサンダルに寄せて夏気分を楽しんでみるといいですよ。
PAGE 2

◆ パラブーツ 

街でもビーチでも、活躍シーン幅広し

グルカサンダル3万4000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)
モデル名は「パシフィック」。その名のとおりなネイビーカラーを纏ったレザーは、ステッチ留めによって固定されています。天然ゴムのラテックス製ソールがブランドのアイデンティティとなるだけに、こちらにも同素材のアウトソールを採用。シャークパターンなので、ビーチサイドウォークにおいても、優れたグリップを発揮してくれます。

◆ フラテッリ ジャコメッティ 

グルカサンダル人気の火付け役といえばココ

グルカサンダル7万6000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)
グルカサンダルシーンにおける、定番中の定番ブランド。ここの特徴は、何と言ってもトウ。通常のドレスシューズ同様に、先芯が入っています。また、ソールもレザー製で高級感のある仕上がりに。白のグレインレザーならそのドレッシーさもひとしおですから、夏の大人の装いの足元にぜひどうぞ。
PAGE 3

◆ シップス × グレンソン 

およそ半世紀ぶりに復刻した、名門が作る一足

グルカサンダル7万円/シップス×グレンソン(シップス 銀座店)
英国靴の名門がかつてラインナップしていたモデルが、シップスの別注により復刻を果たしました。1970年代まで生産していたものの、現在では廃盤となっていた「グレンソン」のグルカサンダルです。当時の木型を用い、シップスの40周年記念モデルとしてリリースされたこちらは、半カラスのレザーソールで、ドレス靴並みの品格を備えています。

◆ ジャランスリウァヤ 

サンダルでは異例な、長く愛用できるしっかり製法

グルカサンダル3万4000円/ジャランスリウァヤ(GMT)
一般的なサンダルではあり得ませんが、こちらの一足のようにグッドイヤー製法を採用しているのもグルカサンダルならでは。アッパーはグレインレザーを採用。夏コーデの足元には本来重たい黒レザーも、ストラップ構造による透け感が軽快に見せてくれます。そんななかにも、ゴールドバックルがしっかりと上質感を示してくれます。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アナトミカ 東京 03-5823-6186
ウィリー 03-5458-7200
GMT 03-5453-0033
シップス 銀座店 03-3564-5547
ゼニス 03-5524-6420
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
パラブーツ 青山店 03-5766-6688
ワールドスタイリング 03-6804-1554

この記事が気になったら、こちらもどうぞ

ウェリントン型の黒セルサングラスがキメすぎに見えない掛け方って?
サングラスの定番ではありますが、黒セルウェリントンは、ともすれば悪目立ちしてしまうこともある“諸刃の剣”アイテムです。キメすぎないスタイリングにはあるコツがあるのです。

水陸両用!? 大人のアウトドアに必携ショーツ4選
渓流を訪れておいて濡れたくないなんて笑止千万。山で思いっきり遊ぶなら、水を弾いてすぐ乾く、本気ブランドの水陸両用スーツをオススメいたします。

大人のビーサンコーデ3選
夏の休日ぐらい、ビーサンで足元解放! でも、いざ街に出ると何だか浮いてる? そのとおり、海丸出しなビーサンコーデは、大人にはちょっと浮かれすぎです。

今、人気の丸いサングラス。どうやったら似合うの?
眼鏡にしろサングラスにしろ、メタルフレームのラウンドタイプが人気を集めています。とはいえ、そのキャラの強さに臆してしまう人も、どうやら多いようです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL