• TOP
  • FASHION
  • ドレスシャツの“ほどユル”テクが効果的な件

2021.09.15

ドレスシャツの“ほどユル”テクが効果的な件

白のドレスシャツをビジネス専用にしていては、宝の持ち腐れ。常識は一端捨て、同じシャツをあえて洗いざらしでラフに着てみましょう。そこにちょっとした工夫を加えれば、“ほどユル艶あり”な大人カジュアルが完成しますよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio log) スタイリング/四方彰敬 ヘア/Takuya Baba(SEPT) 文/秦 大輔

キメすぎでもルーズでもない、ほどよいユルさと艶(=上品さ)を併せ持った“ほどユル艶あり”なスタイル。それこそが、イマドキで好感度の高い「シン大人カジュアル」です。

では、それをどう体現するか? あらゆる視点から考えてみました。

あえてラフに着ることで、こなれ感が倍増します

“ほどユル”と適度な艶感(=品格やドレッシーな印象)の両立が、シン大人カジュアルの目指すところ。なんて聞くとちょっと取っつきにくそうですが、たった1アイテムで簡単に体現できるってご存知でしょうか? そのアイテムとはズバリ、真っ白なドレスシャツ。

ポイントはそのこなし方にあります。簡単にいえば、白のドレスシャツを裾出しでラフに着る。大まかに言いますと、それだけでOK。

襟型や佇まいが端正なドレスシャツは、着るだけで“艶あり”なスタイルを演出しますが、それをネルシャツやワークシャツよろしく無造作に、つまり“ほどユル”に着るってことです。そうすれば、こなれ感バッチリのシン大人カジュアルに仕上がります。

注意点は、細身のピタッとしたドレスシャツではなく、ダーツレスのボクシーなものを選ぶということ。まずは、“ほどユル”シルエットが板に付いた、アメリカンなブランドの一枚を選べば間違いありません。

以下、さらなるこなれ感を生む3つのテクニックも合わせて、ドレスシャツを使ったシン大人カジュアルを解説いたします。ぜひ実践あれ!
PAGE 2

長い着丈と適度なゆとりが、洒脱の決め手です

▲ シャツ2万2990円/サウスウィック(シップス 銀座店)、Tシャツ1万8700円/フェデリ(トレメッツォ)、パンツ12万1000円〈セットアップ価格〉/トゥモローランド ピルグリム(トゥモローランド)、メガネ3万1900円/アイヴァン(アイヴァン 東京ギャラリー)、時計253万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴3万7400円/イルモカシーノ(ビームス 六本木ヒルズ)
パンツイン前提で作られたドレスシャツを、あえて裾出しで着る。これだけで、スタイルの印象は随分とくだけます。このとき、適度にゆとりを備えたシルエットの一枚を選ぶのも、洒脱の決め手です。

写真のコーデでは、お手本として米国発・サウスウィックの一枚をセレクト。ステッチが両脇寄りのアメリカンな表前立てや胸ポケといった意匠も、シンプルな装いへ絶妙のアクセントを添えてくれます。

テクニック#01

ボタンは2つだけ留めて、ジャケットのように着る

ボタンを留めるのは中2つだけ。ちょうどジャケットのボタンを留めるのと同じくらいの位置で留めれば、ジャケット同様のXラインが生まれます。これで、さらなるニュアンスアップが図れるのです。袖まくりも定石なので、併せてお試しを。
PAGE 3

テクニック#02

カラーステイを抜いて、襟に柔らかさを

カラーステイ=襟中に入れるバーは、襟の形を端正に保つためのもの。普段から外しているという人もいますが、これを抜くと襟の表情はソフトになります。“ほどユル”テイストを後押しするためにも、カラーステイは抜いておきましょう。

テクニック#03

あえてアイロンを掛けずに洗いざらしで

白のドレスシャツの生地といえば、ブロードや薄手のツイル。ビジネスで着るのならノーアイロンは当然、御法度ですが、カジュアルで着るならあえての洗いざらしで。自然なシワやステッチ周りに現れるパッカリングも、こなれ感を生む大切な要素です。
PAGE 4

◆ 推しのドレスシャツ その1「ポロ ラルフ ローレン」

あえての裾出しに、チラッと覗くポニーロゴが効く!

▲ 1万8700円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)
ご存知、アメリカントラディショナルとモードをつなぐポロ ラルフ ローレンの一枚は、襟が小ぶりなワイドカラー。表前立ての幅もやや狭めで、キリッとした表情をしています。シルエットは中庸を行く「カスタムフィット」。まさしくほどよいゆとりのため、あらゆる着方に使い勝手がよいのも推しポイントです。トドメは、ガゼットにさりげなく配されたポニーロゴ! 裾出しにも自ずと箔が付くってもんです。

◆ 推しのドレスシャツ その2「J.プレス」

コットンブロードを洗いざらしで着てこそ粋

▲ 1万7600円/J.プレス(オンワード樫山 お客様相談室)
アイビーの雄、J.プレスの一枚は、原綿に繊維の長い高級超長綿であるギザコットンを使用。かつ紡績工程で糸の毛羽をガスで焼くことで、なめらかなタッチと艶やかな表情を獲得しています。脇ステッチがシングルニードル、ボタンが貝釦というのも相まって、印象はすこぶる上品。この上質な一枚をあえて洗いざらしで着るというのが、なんとも粋ではございませんか。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アイヴァン 東京ギャラリー 03-3409-1972 
オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811
シップス 銀座店 03-3564-5547
トレメッツォ 03-5464-1158
トゥモローランド 0120-983-522
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
ラルフ ローレン 0120-3274-20

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ドレスシャツの“ほどユル”テクが効果的な件 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト