• TOP
  • FASHION
  • 人気のロックT。ところでその曲聴いたことある?

2018.05.27

人気のロックT。ところでその曲聴いたことある?

昨今、ロックT人気が再燃しています。しかも世代も性別も超えて支持者が増加しているというこれまでにない状況。そこには、いったいどんな理由があるのでしょう? 

CREDIT :

写真/八月朔日仁美 文/竹石安宏(シティライツ) 編集/長谷川茂雄 取材協力/ラボラトリー/ベルベルジン アール

空前絶後のロックT新時代が到来?

幾度かの流行を繰り返し、いまや定番になったといっても過言ではないロックTシャツ。 男女を問わないのはもちろん、世代さえも超えて現在も愛されているのは、果たしてなぜなのか。世界有数のヴィンテージロックTシャツのストック数を誇る、東京・原宿の名店「ラボラトリー/ベルベルジン アール」にご協力いただき、現状をリサーチするとともにその魅力を探ってみました。

同店自慢の旬のロックTをそのアーティストの名盤とともにご紹介もしますので、青春時代に夢中で聴いた大人世代も、実はTシャツを着ているけど楽曲は知らない、なんて若者世代も、この夏はあらためて名盤を聴きつつ、ロックTシャツを五感で楽しんでみてはいかが?

マーチャンダイズからファッション、定番へと進化

さて、まずはロックTシャツそのものをおさらい。ここでいうロックTシャツとは、ロックに限らず、あらゆるジャンルのポピュラーミュージックのアーティストをモチーフとしたプリントTシャツの総称です。かつてはファン向けやプロモーションのために、ライブ会場やレコードショップなどでも売られていました。そんなロックTシャツが最初に注目されたのは、1990年代後半の日本の古着市場。それまで古着としては安価だった70〜80年代のロックTシャツが、ブームによって一気に高値で取引されるようになったんです。

その後も何度かの世界的ブームが到来し、ライセンスを取得してヴィンテージを再現する復刻ブランドやファッションブランドも登場。メゾンブランドがモチーフに選び、パリやミラノのランウェイを闊歩したこともありました。現在では各アーティストのホームページに加え、ファストファッションにも取り上げられるなど、市場及び販路も拡大。そんなこんなで、いまや流行を超越した定番となったわけです。
根強い人気を誇るのが、ブロンディやレッド・ツェッペリン、クィーンといった往年アーティスト物。値は張りますが、こなれた存在感はやはり魅力。外国人観光客にも人気だそう。
PAGE 2

10万越えも当たり前!? な、セレブ御用達Tに

で、何度目かのブームの只中ともいえるのが現在であり、その証左が「ラボラトリー/ベルベルジン アール」で扱っているようなヴィンテージロックTシャツの人気ぶりなんですね。とはいえ、かつてのような70〜80年代のものではなく、90年代のものがとくに人気だそう。これは“90’sリバイバル”が、現在のファッション全体のキーワードとなっていることの影響なんですね。大きめサイズに絵柄をデカデカとプリントした、インパクトのあるTシャツをガバッと着るのは、まさにいまの気分でしょ? このようにファッションの大きな流れが、ヴィンテージロックTシャツの流行にも影響を及ぼしているんです。

さらに現在の人気において、とくに若者世代に多大な影響を与えているのが、セレブとSNSの存在とのこと。セレブが着てSNSに登場すると、まずヴィンテージが高騰。で、それを受けてファッションブランドが素早く復刻し、一般的にも人気が拡大する、という仕組みです。こうした流れによって人気に火がついたのが、ニルヴァーナやメタリカといったアーティストのTシャツであり、レアな絵柄ではなんと10万円代のものもあるそう。その火付け役である海外セレブは、他にも80〜90年代のヘヴィメタルやハードロック、グランジ、ギャングスタ・ラップといったジャンルで、ブラックベースに派手なプリントを施したハードな雰囲気のTシャツを好む傾向があり、それらは日本の若者にも大人気となっているんです。

また、そうした流れとは別に、ジワジワと人気を盛り返しており、「ラボラトリー/ベルベルジン アール」でも現在積極的に打ち出しているのが、70〜80年代の往年のアーティスト物。それらを求めるのは大人世代が中心であり、かつて着ていたけどまた着たい、といった昔からのファンもかなりいるとのこと。なかでも往年のアーティストのファンが多い、欧米からの旅行客が求めてくるケースも増えているそうです。やはり現存数も少ないので比較的高額ですが、現在のものではけっして味わえない古いプリントTシャツが持つヤレた雰囲気は、古着好きならずとも魅力的であり、根強い人気をキープしているんですね。
「ラボラトリー/ベルベルジン アール」姉妹店のスタッフが制作した、ニルヴァーナのヴィンテージTシャツ写真集『HELLOH?』(5000円)。現在もっともTシャツの価格が高騰しているバンドの希少なデザインをまとめた世界初の1冊です。
PAGE 3

世代も性別も超えて共感し合える普遍の魅力

というように、変化の激しいファッションの潮流のなかでも、世代を問わない人気を獲得しているロックTシャツ。それはカッコいい音楽が時代を超えて聴き継がれていくのと同じこと。Tシャツとともにご紹介した音楽に耳を澄ませば、それもわかるでしょう。ちなみに、かつてはあり得なかったことですが、「ラボラトリー/ベルベルジン アール」にはなんと大人世代の女性誌からの商品掲載依頼も増えているとのこと。Tシャツとともに音楽までチェックしておけば、「そのバンドの曲、カッコいいよね」なんて女性との会話も盛り上がるかもしれませんよ。

捨てなきゃよかった!な、高騰ロックTを名盤とともにご紹介!

NIRVANA[ニルヴァーナ]

欧州版。数あるヴィンテージロックTシャツのなかでも、現在もっとも高額といえるニルヴァーナ。コチラは稀少性が高いヨーロッパ製のブートレッグ(ノンライセンス)です。3万9800円
フロントマンのカート・コバーン自身が描いたスマイルマークのTシャツは、ニルヴァーナのなかでもポピュラーな絵柄。ユーモラスな雰囲気で女性にも人気の一枚。2万9800円
 
ニルヴァーナといえば絶対聴いておきたいのが『ネヴァーマインド』。グランジ/オルタナティブロックの爆発的人気のキッカケとなった名盤で、後のバンドに多大な影響を与えました。
PAGE 4

METALLICA[メタリカ]

海外セレブに大人気のメタリカTシャツ。とくに昔からメタリカのTシャツを手掛けているイラストレーター、パスヘッドのイラスト物は、世界中でファン多し。1万9800円
 
パスヘッドがジャケデザインを描いた代表作は2003年に発売された『セイントアンガー』。内容も往年のメタリカを思い出させる名盤です。日本のセールスチャートで1位を記録。

GUNS N' ROSES[ガンズ・アンド・ローゼズ]

コチラも海外セレブ、とくにハリウッド女優が挙って着るガンズ・アンド・ローゼズ。スカルに拳銃、バラといういかにもロックなアイコンが、不良っぽくてカッコいい。2万5800円
 
LA発ハードロックの絶頂を極めた名盤と称されるのが、ガンズのデビューアルバム『アペタイト・フォー・デストラクション』。アルバムジャケットの十字架柄Tシャツも当時大人気でした。
PAGE 5

Led Zeppelin[レッド・ツェッペリン]

解散後38年が経った現在も、レッド・ツェッペリンは世界中に熱狂的ファンがいる伝説的バンド。ゆえにTシャツも価格が下がらないんですね。コチラは77年の一枚。9万8000円
 
『レッド・ツェッペリン III』はツェッペリンの最高傑作の呼び声も高い1970年の作品。ハードロックに多種多様な音楽性を融合した意欲作です。永遠の名曲「移民の歌」を収録。

David Bowie[デヴィッド・ボウイ]

2016年に惜しまれながらこの世を去ったデヴィッド・ボウイ。架空の人物ジギー・スターダストを演じていた頃の写真を使ったTシャツは、ブートレッグながらこの価格。20万円
 
常に革新的音楽を求め、時代ごとに音楽性を変えていったボウイ。ゆえにアルバムにより好みが分かれますが、やはり劇的な世界観が集約された『ジギー・スターダスト』は必聴かと。
PAGE 6

THE ROLLING STONES[ザ・ローリング・ストーンズ]

ロックTといえばコレを思い浮かべる人も少なくない、ストーンズのリップス&タン。1974年のフィルムコンサートのTシャツは染み込みプリントの雰囲気が最高です。5万9800円
 
ストーンズ絶頂期の1972年の作品『メイン・ストリートのならず者』は、さまざまな音楽性を集約した名盤。なお74年のフィルムコンサートは同アルバムのツアーを収録したもの。

◆ ラボラトリー/ベルベルジン アール

住所/東京都渋谷区神宮前3-21-22 いとうビル 1F
TEL/03-5414-3190
営業時間/11:00~20:00
定休日/無休
URL/http://laboratory.paris-tx.com/

「ロックTシャツ」が気になった方は、こちらもどうぞ!!

ジャケット代わりはコレ!? 春夏のかる〜いアウター3選
アウターを差し替えるだけで、印象はがらりと変わるもの。あくまで1点チェンジで簡単に楽しめるお洒落も有るんです!

もはや定番! 人気のシャカシャカ黒アウターをずらり集めました
軽快感が欲しい春アウターに、大人や都会というキーワードを求めるなら、シャカシャカ&ブラックが新基準なんです!

1枚あると最低3通りは使える、万能のシャツといえば?
1枚でサマになるのはもちろん、羽織りに、腰に巻いてアクセントにしたりとアレコレ使えるシャツ。定番といえば白ですが、今季はベージュが気分! 

人気のデカロゴ! でも大人に着こなすにはどうすれば?
最近街でよく見るデカロゴ。若い頃に好んで着ていたけど、大人になった今着るのは・・・。いえいえ、大人でも着られる方法があるんです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        人気のロックT。ところでその曲聴いたことある? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト