• TOP
  • FASHION
  • 古着っぽさがイマドキ!? 大人が着たくなるエモTとは?

2021.08.01

古着っぽさがイマドキ!? 大人が着たくなるエモTとは?

ヴィンテージのロックTやフォトTが注目を集めているように、今年の夏はちょっとノスタルジーを感じさせるエモいプリントが人気です。なにせ、新品でもそんなプリントTが続々とリリースされているんですから。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/笠島康平 文/安岡将文

懐かしさを感じるエモいプリントTシャツが今買い時!

古着Tへの関心が高まり続けているここ数年。今年はついに本命といったところです。各ブランドから、レトロな雰囲気を意識したTシャツが続々とリリースされていますから。

古着Tで人気といえばロックTやフォトTなどがありますが、昨今の流れとしては70年代から90年代のプリントが混在して人気のよう。まさに、ファッショントレンドとリンクしてますよね。70年代だと多色使い、80年代だとグラフィカル、90年代だとロゴ系といったところ。

そしてコレら特徴を捉えたプリントTが、今年新品で多くリリースされているんです。やはり古着だと生地状態に不安があるモノやサイズが合わないモノが少なくありませんが、その点新品だとより気軽に楽しめますよね。
PAGE 2

◆ セッションズ×スタンダード カリフォルニア 

このロゴレイアウトは、まさしく90s

▲ 8580円/セッションズ×スタンダード カリフォルニア(スタンダード カリフォルニア)
創業は1983年ながら、このボックスロゴに90年代な空気感がプンプン漂うコチラ。スケート&スノーボードブランドのセッションズと、スタンダードカリフォルニアとのコラボになります。
こちらが背面。バックのデカロゴも、当時感アリ。さり気なく、ダブルネームになってます。
PAGE 3

◆ ポロ ラルフ ローレン 

80sなポップカラーは、夏にピッタリ

▲ 9900円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)
グラフィカルというよりポップな雰囲気に仕上がっている、マルチカラー使いのロゴデザイン。ボディカラー自体のカラフルさと相まって、80年代的な印象を与えます。ロゴに使用されるフォントも、当時っぽさが溢れるポップアート的アプローチですよね。

◆ オリジナル チャコール 

こんな一枚を着て、フェスに行きたいものです

▲ 1万2100円/オリジナル チャコール(チャコール トーキョー)
70年代のロックTを想起させるロゴデザイン。なんといっても、グラデーション使いがレトロ感をアピールします。ネイビーにオレンジ系というカラーリングも、当時のフェスTっぽい雰囲気が。このプリントはアーティストのKads MIIDA氏が手がけています。
PAGE 4

◆ インソニア プロジェクツ 

当時の一枚は、絶賛高騰中ですしね

▲ 1万780円/インソニア プロジェクツ(スタジオ ファブワーク)
エミネムといえば、いうまでもなく90年代後期から現在までヒップホップシーンの象徴的存在。コチラは、2002年当時のTシャツをモチーフにしたもので、ターンドEが見どころに。アメリカンラバー加工製法とともにユーズド加工が施されており、プリントの質感も当時の雰囲気を再現しています。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

スタジオ ファブワーク 03-6438-9575
スタンダード カリフォルニア 03-3770-5733
チャコール トーキョー 03-6432-5267
ラルフ ローレン 0120-3274-20

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        古着っぽさがイマドキ!? 大人が着たくなるエモTとは? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト