• TOP
  • FASHION
  • シワを気にせず、お洒落に見せるスーツといえば?

2018.04.10

シワを気にせず、お洒落に見せるスーツといえば?

重いコートを脱いでスーツが楽しめる季節になりました。ですが、春の日差しは時に、真夏のように射すことも。ときに汗ばんだり、シワになったり、スーツのお洒落が億劫になることも……。ですが、そんなシワすらを味わいにしてしまうスーツがあるのです。海外スナップからそんな彼らの着こなしを参考にしてみましょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/スナップ・Yu Fujiwara(@8and2)、静物・蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/T.kawata

シワもエレガントに見える、リネンスーツという選択

春といえども、初夏のような陽射しが。そんなときに気軽にカジュアルに楽しめるスーツといえば、リネン素材のセットアップです。ほんのり入ったシワが味わいや個性として活きる素材の筆頭です。

また素材としても、速乾性が高く、ひんやりした肌触りは日本の湿度の高い季節にも有効。リネンスーツはいわば天然の機能服というわけです。リネンといえども、カジュアルのセットアップと考えて着用されることをオススメします。とりわけノータイでも許される職種の方には有効ですので、ぜひともお試しください。

● 着こなしテク その1 

カバーオールのように、Tシャツの上に着る

4つボタンのセットアップをインナーにカットソーを挟んで着こなす御仁。腕周りやパンツに入ったシワがじつにいい味になっています。かといって、ワークジャケットのようなラフさだけではありません。リネンならではの素材感が、エレガントさを引き立てています。ブラウンならではの大人のシブ味と色気も漂いますね。

また、小物使いも巧みで、足元には同系色のビットローファーを合わせ、カジュルになりすぎないよう全身を引き締めています。手に持ったバックパックも同系色で統一感あり。荷物を背中や肩に掛けてもシワが気にならないというのも、リネン素材ならではと言えましょう。
PAGE 2

● 着こなしテク その2 

シャツ&スニーカーで品よく着流す

リネンで挑戦してほしいのがベージュやオフホワイトなど白系です。白はリッチな印象ですし、大人っぽく映えますが、光沢の強い白スーツだと、まるでステージ衣装のような場合も……。その点、リネンは特有のシワ感のおかげで悪目立ちすることはありません。真っ白でもリネンだからこそ落ち着いて見えるのです。

この方は少しブルーがかって見えるリネン素材のダブルのセットアップを着用。洗いざらしのブロードの白シャツに、足元はレトロ顔の白スニーカーと色調の統一は完璧。とはいえ、白一色でやりすぎにならぬよう、首元のバンダナやポケットチーフ、ニットキャップの3点をブルーにしてポイントを作っていらっしゃる。洒落ております。
PAGE 3

オススメのリネンスーツ3選

◆ ザ・ジジ 

まずは着やすいネイビーから入るというのも手

コットンリネン特有のムラ感のある味わい深い色調が魅力。肩の凝らない雰囲気を演出するため、洗いのかかったような素材をチョイスしつつ、仕立ては本格派。これならくだけすぎて見える心配がありません。12万8000円/ザ・ジジ(アマン)
PAGE 4

◆ スティレ ラティーノ 

王道のベージュは、最上のリネンを採用

3つボタンのオーセンティックなシルエットのリネンスーツ。最大の魅力は上質なリネンが醸し出す滑らかな風合い。フラップのないポケットがカジュアルな中にも品の良さを感じさせます。30万円/スティレ ラティーノ(エストネーション)
PAGE 5

◆ リングヂャケット 

大人の艶感をアピールできる、黒のセットアップ

重苦しく見えがちなブラックスーツもリネン素材ならば、光沢もあり軽快な雰囲気に。こちらのモデルは3つボタンでリネン100%。10万5000円/リングヂャケット(グジ東京店)

■ お問い合わせ

アマン 03-6805-0527
エストネーション 03-5159-7800
グジ 東京店 03-6721-0027

この記事が気になる方は、こちらもどうぞ!!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        シワを気にせず、お洒落に見せるスーツといえば? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト