• TOP
  • FASHION
  • 人気ブランドの定番ジュエリーを彼女と一緒にカスタマイズする?

2018.03.13

人気ブランドの定番ジュエリーを彼女と一緒にカスタマイズする?

リッチな男性がつけるべきラグジュアリーブレスレット、フレッドの「フォース10」。そんな人気ジュエリーのセミオーダー“アトリエ フレッド”は、1000万通り以上のバリエーションからバックルの素材や色を選ぶことができるんです。ぜひ、自分の思いを反映した一本をクリエイトしちゃいましょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/高塩崇宏 文/瀧川修平

1000万通り以上のバリエーションでカブリ知らず

ぐる巻きやビーズもの、ネイティブバングルなどなど、さまざまなブレスレットが脚光を集めて、男性とジュエリーの距離感を縮めた近年。ですが、リッチな男性をさらにエレガントに華やがせる一本といえば、ヨットのシャックルとケーブルをモチーフにしたフレッドの「フォース10」こそ最右翼でしょう。

そんな永世定番の「フォース10」のセミオーダーサービスが“アトリエ フレッド”。ブレスレットをよりパーソナルに楽しむことができるんです。
 
そもそも、29種類のバックルと55種類のケーブルから選んで組み合わせる「フォース10」ブレスレットは、そのバリエーションの幅広さが魅力。ですが、“アトリエ フレッド”で作れるセミオーダーメイドのブレスはその何倍も上をいきます。

選べる仕様の一つであるラッカー素材のカラーバリエーションはなんと1000色以上! それも、ゲーム感覚でシミュレーションできる上、写真やお気に入りの品から色を拾うこともできるというから面白い。自分へのご褒美に、女性とのペアジュエリーに、これほどのハマり役は他にないでしょう。
セーリングの世界で“帆を広げられないほどの強風”を意味する「フォース10」は、マリンスポーツに精通した創業者、フレッド・サミュエルの長男が妻のためにヨットのケーブルで作ったブレスレットから着想を得て誕生したフレッドのアイコニックなコレクション。「フォース10」を象徴するバックルを、“アトリエ フレッド”でイエローゴールドとホワイトゴールドのコンビネーションにカスタマイズしたのがこの一本。合わせるケーブルがマットなブラックなら、バックルが派手でも悪目立ちなくシックな仕上がりに。周囲との差別化もお手のモノです。
PAGE 2
右から合成繊維製、レザー製、ホワイトゴールド製のチェーンなど、ブレスレット部分の選択肢もすこぶる豊富。懐に余裕のある方には、ダイヤモンドのテニスブレスタイプなんていうさらにラグジュアリーなアイテムも存在します。
例えば右のバックルのように、内部だけラッカー仕様にしたり、カラーストーンをあしらうことも可能です。中央の白はセラミック製、右はピンクゴールドとホワイトゴールドの地金にダイヤモンドを敷き詰めリッチな仕上がり。選ぶ素材によって価格が大きく異なるため、ご自身の懐具合と相談して自分だけの一本をぜひお作りいただきたく。
銀座本店におけるカスタムメイド体験がゲーム感覚で行えるのも見どころの一つです。オーダーボックスを開くと、スクリーンが出現。バックルの素材や仕様を表すキューブを一つ一つテーブルに置くことで、スクリーンに映し出される「フォース10」がカスタマイズされていくのだとか。デートの途中にフレッドを訪れて、カップルでお試しいただくのも素敵なサプライズになるのでは。
オーダー価格は、バックル20万1000円〜、ケーブル3万7000円〜。

■ お問い合わせ

フレッドブティック銀座本店 ☎03-3569-3090

フレッドのフォース10が気になったらこちらもおすすめ

初めてオーダースーツを作るときに知っておきたいこととは?
オーダースーツの基本から、この春おすすめオーダースーツまで!

羽生結弦が着けていたアレって? 実はオーダーできるマスクなんです!
羽生くんファンはもちろん、花粉に悩める人にもおすすめです。

ザ・ノース・フェイスのリュックやパーカーでカスタムプリントができるって知ってた?
人気のバッグやウェアもカスタムプリントでカブり知らず!

世界初!音質まで自分好みにできちゃうソニーのイヤホン
耳のプロフェッショナルがあなたの耳にぴったりなイヤホンを作ります。

出張も旅行も、おすすめのスーツケースは自分だけのオリジナル!
グローブ・トロッターとプロテカ、あなたはどっちが好み?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL