• TOP
  • FASHION
  • ルイ・ヴィトンの香水がオトナな男女に人気の理由

2017.12.15

ルイ・ヴィトンの香水がオトナな男女に人気の理由

オトナのお洒落は見た目だけではありません。五感を駆使して自己のテイストを表現してこそ、真のドレッサーと言えるのです。だからこそのフレグランス。フランスのトップメゾンが満を持してリリースする香水で、パッとひと吹き素敵な印象にシフトアップしてみましょう。

CATEGORIES :
CREDIT :

イラスト/岩井里菜 スタイリング/稲田一生 文/長谷川 剛(04) 編集/長谷川茂雄

ルイ・ヴィトンのフレグランスコレクションとは?

創業の1854年以来、常に“旅”というコンセプトを中心に、バッグや革小物、そしてラグジュアリーなウェアを多彩に展開させてきたルイ・ヴィトン。今季そんな老舗が、ルイ・ヴイトン史上初となる香水シリーズをリリースし注目を浴びています。

曰く、旅とは目的地にたどり着くことだけの行動にあらず。旅とは心と身体の終わりなき浄化を意味し、心躍らせる体験とその思い出こそが何よりも重要---。

今までにない新たなる世界観を「ローズ・デ・ヴァン」「タービュランス」「ダン・ラ・ポー」「アポジェ」「コントロモア」「マティエール・ノワール」「ミルフー」と名付けられた情緒溢れる7種のフレグランスにて表現した“レ・パルファン ルイ・ヴィトン”。インハウス・マスター・パフューマー(専属調香師)であるジャック・キャヴァリエさんが手掛けたそれら至高の香りが、体験するすべての人を魅惑的な冒険へと誘います。
ルイ・ヴィトン初となる香水シリーズ“レ・パルファン ルイ・ヴィトン” には、7種のフレグランスがお目見えしました。ベーシックタイプは、使いやすい100mlの小振りなパッケージ。[100ml]各3万円/レ・パルファン ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
PAGE 2

その香りを生み出した“マスター・パフューマー”ジャック・キャヴァリエとは?

2012年にルイ・ヴィトンの専属調香師となったジャック・キャヴァリエ氏。世界の二大香料メーカーのひとつであるフィルメニッヒ社において、調香師を22年間務めた人物です。世界の三大調香師の一角として活躍するキャヴァリエさんの家系は、実に3代続く調香の血筋。

香料のブレンダーであった母親と調香師の父親のもと、6歳から英才教育を受けてきた、まさに香りのサラブレッドです。1990年からフィルメニッヒ社に勤めつつ、数々のヒットフレグランスを手掛けてきたことは業界でもつとに有名。それらのヒットを生むベースの香りこそ、キャヴァリエさんが独自に開発したオゾンノートです。それは水や風、それに空気や海などを思わせる透明感ある瑞々しくも斬新な香りのこと。

1990年代に大ブレイクを飾ったオゾンノートを配合したフレグランスは、今でもキャヴァリエさんの伝説として語り継がれています。
ジョルジオ アルマーニの「アクアディジオ」、イッセイ ミヤケの「ロードゥイッセイ」など数々のヒットフレグランスを手掛けてきたキャヴァリエさん。現在までに80以上の香水を生みだしてきた“マスター”は、香水をアートのひとつとみなします。その時代時代のエッセンスを閉じこめた液体だからこそ、人間の記憶に強く作用するマジックになりえると語ります。
PAGE 3

“レ・パルファン ルイ・ヴィトン”がマッチするオトナのシーン

人間の五感を豊かな香りで刺激するルイ・ヴィトンの新作フレグランス。7つの香りはそれぞれに個性と効果を秘めているのが大きなポイントです。そのポテンシャルを余すことなく味わい尽くそうと考えるなら、シチュエーション別に使い分けるべき。デートにビジネス、パーティまで。いつもの日常が刺激的に変わります。

< シーン1 >

二人の時間を甘く演出するなら

素敵な香りが是非とも必要となるシーン。それはやはり成熟した男女が共に過ごす時間と言えるでしょう。着こなしや物腰などへの配慮もちろん大切ですが、生活感溢れる空気の中では特別なストーリーも生まれません。

お互いの緊張を解きほぐすには、まず空気=香りでリラックスし、徐々に気分を高めていくことが何よりも重要です。すべてが新しい“レ・パルファン ルイ・ヴィトン”は、人間が隠し持つ官能性を自然由来の香りでもって刺激する現代の“妙薬”。香りに包まれることで、二人だけの時間がゆっくりと始まります。

オススメはこの3タイプ

PAGE 4

< シーン2 >

ビジネスシーンでスマートに使うなら

ビジネスの装いはクラシックを旨としており、個性や装飾を極力控えるのが基本姿勢。だからこそ、香りという見えないオーラで自分らしさを主張したいもの。とは言え匂わせすぎは逆効果になるので厳禁です。すれ違ったときにナチュラルな体臭と相まって、フワッと薫る程度が丁度よし。

まずはポケットチーフにワンプッシュするぐらいからスタートしてみましょう。出会った人の記憶に「何かイイ香りのする人」として残ったのなら、もうこちらのモノ。

オススメはこのモデル

マティエール・ノワール/「ラオスのアガーウッドは非常に貴重な沈香で、東洋を象徴する香りであり旅を暗示するもの」。ナルシスやジャスミン(水仙)とブレンドすることにより、ラグジュアリーな香りに仕上げ、刺激的にして個性を印象づける特別な香水です。[100ml]3万円/レ・パルファン ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
PAGE 5

< シーン3 >

パーティで使うなら

華やかに着飾ることが許されるパーティシーンでこそ、香りのアイテムが本領を発揮します。多くの人が入り交じる場所で個性をハッキリ主張するには、ある種存在感の強い匂いが必要です。挨拶を交わし瞳に映った瞬間に引き込まれるようなマジカルなパワー。

手首や首筋にひと吹きすれば、まるで仮面をかぶったように日常とは異なるもう一人の自分が現われる……。パーティ用としてそんな香水を用意しておくのも、お洒落のひとつというものです。

オススメはこの3タイプ

専用レザーケースも素敵なんです

7つそれぞれが華麗なる個性を備えた“レ・パルファン ルイ・ヴィトン”。実は専用のトラベル用レザーケースも販売されています。ルイ・ヴィトンのバッグを思わせる精緻で美麗な高級仕立て。素材もモノグラム・キャンバスからエピ・レザーまで揃っているので、ケースだけでも楽しくなってきます。

■お問い合わせ

ルイ・ヴィトン クライアントサービス/☎0120-00-1854

ルイ・ヴィトンの香水が気になった方はこちらもどうぞ!

ルイ・ヴィトンの極上スーツは、オン・オフの自在っぷりも最高峰!
スタイリッシュなルックスと仕立てのよさ、双方に定評のあるルイ・ヴィトン「テーラリング・コレクション」のスーツがリニューアル。オン・オフともにより着回しやすくなったスーツの“リアル”な魅力に迫ります!

遊べるスーツ? ルイ・ヴィトンの最新スーツはオフも得意?
ビジネスからカジュアルにまで着回せる万能タイプの「ガストン・フィット」に合わせたのはアロハシャツ!? スーツの硬さをジローラモが洒脱に着崩しました。

こんなレザーブルゾンが欲しかった! 大人スポーティなルイ・ヴィトンの一着とは?
ジローラモが注目したスポーティなレザーブルゾンは、フリース素材のリバーシブル。保温性が抜群なだけでなく、羽織るだけでリッチでアクティブな印象に一変します。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ルイ・ヴィトンの香水がオトナな男女に人気の理由 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト