• TOP
  • FASHION
  • ルイ・ヴィトンの極上スーツは、オン・オフの自在っぷりも最高峰!

2017.12.11

ルイ・ヴィトンの極上スーツは、オン・オフの自在っぷりも最高峰!

スタイリッシュなルックスと仕立てのよさ、双方に定評のあるルイ・ヴィトン「テーラリング・コレクション」のスーツがリニューアル。オン・オフより着回しやすくなったスーツの“リアル”な魅力に迫ります!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/林 敏一郎(FOREST) スタイリング/稲田一生 文/秦 大輔

さらなる洗練を纏いクリーンなルックスに進化しました

煌びやかなスパイスがさらりと効いていた従来のそれから、よりミニマルでクリーンなルックスへと進化したルイ・ヴィトン「テーラリング・コレクション」のスーツ。これまでもコーデの幅には定評がありましたが、リニューアルでさらにオン・オフ着回しやすくなったとくれば、あらためて注目せずにはいられないでしょう。2種のデザインのうち、ここでは体型を限定しない「ガストン・フィット」モデルにフォーカスします。
しなやかな梳毛地を用いた「ガストン・フィット」。そのシャープかつクリーンなルックスには、若々しい印象が漂います。黒を選べばフォーマルにも活躍することでしょう。スーツ31万3000円(予定価格)、シャツ6万2000円、タイ2万3000円/すべてルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)、チーフはスタイリスト私物
「ガストン・フィット」のスーツは、肩を薄いパッドによって整えた作り。シャープな肩線が、タイドアップ姿に凛々しい印象を与えてくれます。一方、ウエストの絞りの強さはドロップ7とほどよい塩梅で、あくまで自然体で着られます。マッチョを誇張するようなスーツではなく、リアルなビジネスシーンで優雅に映えるスーツなのです。
PAGE 2

最高峰のスーツには遊び心と、本物で作りが同居する

袖の形状が、より人体に沿ったカーブを描くよう表現されているのも、この度のリニューアルのポイント。テーラリング技術の高さは、ラペルの美しい返りにも表れています。
PAGE 3

自然体のラグジュアリーゆえ オフの振り幅も広いんです!

「ガストン・フィット」のスーツをオススメするいちばんの理由。それは贅を尽くした仕立てでありながら誇張がなく、あくまで自然体に着られるところ。

クリーンなルックス&ナチュラルなシェイプゆえレイヤードもしやすく、脱力したカジュアルからラグスポまで、さまざまな休日スタイルにハマるんです。実際にコーディネイトしてみると、そのリラックス感と品格を備えたスタイルが最高に洒脱。というわけで、オススメの2コーディネートをご紹介しましょう!

Tシャツ&スニーカーでこなす、リッチなセットアップスタイル

スーツ31万3000円、カットソー7万4000円、ネッカチーフ2万8000円、サングラス・参考商品、ベルト5万7000円、バッグ24万6000円、靴8万7000円/すべてルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
白Tやスニーカーと合わせる王道リラックスコーデも、難なくキマります。ここでは都市名の文字をパイル状にあしらったTシャツと、タンにモノグラム・モチーフを配したスニーカーをチョイス。その豊かな表情が、こなれた雰囲気を後押し。首元にバンダナを忍ばせるのも、ぜひ実践したいコワザです。ショルダー鞄を合わせれば、アクティブかつ品のいい休日スタイルの完成です。
PAGE 4

シャカシャカブルゾンをレイヤード!で、ラグスポが完成

スーツ31万3000円。ブルゾン21万4000円、カットソー7万4000円、サングラス6万3000円、ベルト9万円、バッグ37万2000円、靴9万7000円/すべてルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
ナイロン&ニット素材の立ち襟ブルゾンをイン。ボリューム感のあるスニーカーやレザーリュックを合わせてスポーティに着崩した、“ラグスポ”スタイルが完成。こんなレイヤードがスタイリッシュにキマるのも、誇張のない優雅なシルエットがあってこそ。ルイ・ヴィトンのスーツが、最高にラグジュアリーでありながらリアルに着回せること、わかっていただけましたか?

■お問い合わせ

ルイ・ヴィトン クライアントサービス/☎0120-00-1854

ルイ・ヴィトンのスーツが気になった方はこちらもどうぞ!

ジローラモが選んだ! ルイ・ヴィトンの注目アイテム【1】大人なスタジャンのこなし方
ルイ・ヴィトンのスタジャンは、繊細を極めたボタニカル柄の装飾がポイント。アメカジ風にジーンズ、ではなくワイドなウールパンツで品良くキメるのが洒脱に見せるコツなのです。

ストラップ単体で登場!? ルイ・ヴィトンの最高にプレシャスな逸品はどう使う?
これを付ければ、肩掛けバッグに早変わり。しかも大胆なタイポが入って、ポップ。なのに絶対的にリッチでラグジュアリー。ルイ・ヴィトンでしか味わえないプレシャスな逸品、それがこのレザーストラップなのです。

腕時計デザインの常識を覆した、ルイ・ヴィトン「タンブール」の魅力とは?
誕生15年目を迎え、いまや世界的人気を博すルイ・ヴィトンのウォッチコレクション「タンブール」。人々を魅了し続ける秘密を、高級腕時計専門誌『クロノス日本版』編集長・広田雅将氏にたずねた。

【公開!】冨永 愛、野宮真貴、田中知之、中村貞裕が愛用するルイ・ヴィトン
あらゆる人を魅了するルイ・ヴィトンですが、それは著名人やファッション関係者たちも同様です。ファッションに敏感な人たちが愛用するルイ・ヴィトンを拝見し、それぞれの思いを聞いてみました。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL