• TOP
  • FASHION
  • ジローラモが選んだモテる逸品【1】ルイ・ヴィトンの大人なスタジャン

2017.12.11

ジローラモが選んだモテる逸品【1】ルイ・ヴィトンの大人なスタジャン

ルイ・ヴィトンのスタジャンは、繊細を極めたボタニカル柄の装飾がポイント。アメカジ風にジーンズ、ではなくワイドなウールパンツで品良くキメるのが洒脱に見せるコツなのです。

CATEGORIES :
CREDIT :

人物写真/谷田政史 静物写真/林敏一郎(FOREST) スタイリング/村上忠正 ヘアメイク/北村達彦 モデル/パンツェッタ・ジローラモ 文/長谷川剛(04)

日常のカジュアルスタイルでこそグ~ンと差が出るトップメゾンの底力

ルイ・ヴィトンのウェアと聞くと格式高いドレッシーなデザインばかりをイメージしてしまう? いやいやソレはちょっと違います。実はデイリーに着こなせるカジュアル服も数多く揃っているのです。ただし、どれもがモチロン最高級。サッと着こなすだけで日常スタイルが華やかに変わる、お洒落達人の奥の手こそ、ルイ・ヴィトンスタイルなのです。
ブルゾン53万円、カットソー6万9000円、パンツ11万4000円、靴9万7000円、バッグ19万1000円、ストラップ6万4000円、時計28万5000円(トリヨンカーフレザー ストラップ)/すべてルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
PAGE 2
どれもにモダンさとラグジュアリーの要素が絶妙に込められているのがルイ・ヴィトンのアイテムです。なかでも今季オススメしたいのが、昨今レディスでもジワジワ人気のスタジアムジャンパー。カレッジライクゆえの若々しいルックスでありながら、渋味ある色使いに加え高級ラムスキンやスーツ地にも似た素材を用い、非常にしなやかで贅沢な着心地を実現させた逸品です。

デコレーションもレタードではなく繊細を極めたボタニカル柄というのがポイント。アメカジ風にジーンズ、ではなくワイドなウールパンツで品良くキメるのが洒脱に見せるコツなのです。
PAGE 3

KEY ITEM 

ディテールまで手の込んだ作りだからカジュアルにしてリッチなオーラを放ちます

レザーとウール地のコンビネーションが見事なショートブルゾン。高級ラムスキンはスムースとスエードのダブルレザーで、味わいも2倍こだわった仕立てです。注目すべきは背面のボタニカル装飾。プリントではなく複数色のスエードパーツを丁寧にボンディングにて表現したもの。さすがはトップメゾン製!クオリティが違います! ブルゾン53万円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
PAGE 4
「最高峰の山から小さな島までの旅」をイメージした今季のコレクション。南国的なアロハイメージのアイテムは、ちょっとレトロな華やかさが特徴です。カラフルなリブも装いのアクセントになる計算されたポイント。カットソー6万9000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
サイドアジャスターや深めのワンプリーツ。それにフラップ付きポケットなど、ビンテージのエッセンスを取り入れたワイドパンツ。若々しいスタジャンなどの装いに洒脱なメリハリを付けるなら、こんな一本が理想です。パンツ11万4000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
合わせる服を選ばないシンプルなスニーカー。定番的とは言え素材や仕立てはハイエンド。内装はフルレザーゆえに履き心地も抜群です。ヒール部分にあしらわれたモノグラムプリントが、さり気なくブランドを主張します。靴9万7000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

■ お問い合わせ

ルイ・ヴィトン クライアントサービス/☎0120-00-1854

ルイ・ヴィトンのスタジャンが気になった方はこちらもどうぞ!

ルイ・ヴィトンの極上スーツは、オン・オフの自在っぷりも最高峰!
リニューアルしたルイ・ヴィトンのスーツ「テーラリング・コレクション」。オン・オフともにより着回しやすくなったスーツの“リアル”な魅力に迫ります!

ストラップ単体で登場!? ルイ・ヴィトンの最高にプレシャスな逸品はどう使う?
これを付ければ、肩掛けバッグに早変わり。しかも大胆なタイポが入って、ポップ。なのに絶対的にリッチでラグジュアリー。ルイ・ヴィトンでしか味わえないプレシャスな逸品、それがこのレザーストラップなのです。

腕時計デザインの常識を覆した、ルイ・ヴィトン「タンブール」の魅力とは?
誕生15年目を迎え、いまや世界的人気を博すルイ・ヴィトンのウォッチコレクション「タンブール」。人々を魅了し続ける秘密を、高級腕時計専門誌『クロノス日本版』編集長・広田雅将氏にたずねた。

【公開!】冨永 愛、野宮真貴、田中知之、中村貞裕が愛用するルイ・ヴィトン
あらゆる人を魅了するルイ・ヴィトンですが、それは著名人やファッション関係者たちも同様です。ファッションに敏感な人たちが愛用するルイ・ヴィトンを拝見し、それぞれの思いを聞いてみました。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL