• TOP
  • FASHION
  • 大人なら知ってて当然!? ミリタリーの超定番ヴィンテージM51とM65の見分け方

2021.05.23

大人なら知ってて当然!? ミリタリーの超定番ヴィンテージM51とM65の見分け方

一点取り入れることで、男前な重厚感が匂いたつヴィンテージアイテム。これからの軽装の季節には、そんなアイテムで着こなしにコク足し、したいもの。そこでオススメなのが薄手ゆえに使いやすく男前な存在感を放つモッズコートです。その代表格、ヴィンテージのM51とM65を完全解説いたします!

CREDIT :

写真/高橋敬大(TABLE ROCK) 文/長谷川 剛(TRS) 取材協力/ベルベルジン(http://webstore.berberjin.com

軽やかに羽織れる「男前」なモッズコートに注目!

ばさっと羽織れるミリタリーコートは、ソレ一着で男前感が手軽に演出できる飛び道具。なかでもモッズコートは軍用としての確かな機能性に加え、音楽や映画シーンも絡め世界のファッショニスタから支持を受け続ける優れたデザイン性を兼備した逸品です。

歴史的には1960年代の英国においてサープラスグッズが大量に広まり、当時モッズ(モダニスト)と呼ばれたストリートな若者がこぞって羽織ったことから、ファッションアイテムとして地位を確立していった一着です。

正式には「パーカ シェルコート」と呼ばれるアメリカ軍の軍用アウターであり、フードと燕尾にも似た先割れのフィッシュテールが大きなポイント。このフィッシュテールを持つミリタリーコートの系譜にはM48、M51に加えM65の3種が存在します。

それぞれの数字は開発年を表しており、源流となるM48は1948年に開発されたモデルですが、生産期間が短かかったため現存する個体はごく僅か。そこで今回は比較的手に入りやすく着こなしやすい、M51とM65に絞ってその違いなどを解説したいと思います。

◆ M51

モッズに愛されたミリタリーパーカの金字塔

▲ このモデルはライナーのない1953年モデル。ブラウンがかったオリーブカラーは大人のコンサバ服とも馴染みやすいルックス。今選ぶなら写真のような穴アキなどダメージのないモデルがベスト。
PAGE 2
アメリカ軍地上部隊の防寒用コートとして、1950年代に開発されたパーカ シェルコート(モッズコート)。ポプリンやオックスフォードと呼ばれる薄手のコットンナイロン生地を使った前開きのフード付きアウターです。

後年型のM65との大きな違いはフードにあり。M51はフードの取り外しができないリジッドタイプです。また、エポレット付きのディテールもM51ならでは。その他モッズコートは、着脱可能なライナーを持つところも特徴です。
▲ フードは本体に縫い付けられているリジットタイプ。M65のほうはボタンでの脱着式フードとなり、首回りがややデコラティブ。フードスタイルが好きな人はM51を選びましょう。
▲ M51ならではのディテールである肩のエポレット。男らしさが引き立つポイントです。
▲ フロントジッパーは素材にバリエあり。写真のようなアルミのほかブラスやジンク(亜鉛)が存在します。ヴィンテージゆえにジッパーに欠損ある個体も多いもの。試着の際は確認がマストです。ちなみにジップ脇に添えられたスナップボタンの数もM65との違いあり。M51は7個であり、M65は5個取り付けられています。
PAGE 3
▲ フードの首裏部分にスペック表示あり。M65と異なりM51はプリント式でオールドな雰囲気。
▲ モッズコートの象徴ポイントであるフィッシュテール。裾が強風などではためかぬよう、ドローコードにて裾を腿に巻きつけることを意図したデザインです。
▲ 素材はコットンナイロンの平織り生地。薄手ながらしっかり織り込まれており、しっとり艶感を放ちます。
M51にはもともと、厚手のウールパイル地のライナーが付属します。しかし、非常にヘビーであり経年によりゴソゴソと着心地が悪くなっていくため、取り外されて流通している個体も多いと言います。春夏用の軽量コートとして利用するなら、むしろそのほうが合理的であり、その分手に入れやすい価格となっているところもポイントです。

ちなみに映画『さらば青春の光』にて主人公のジミー・クーパーが着こなしたモッズコートの装いは象徴的。ややルーズフィットのチョイスが当時の雰囲気を感じさせます。
PAGE 4

◆ M65

いまでも実用性はばっちり。モダンに進化したM65

▲ 写真の用にフードのファーがグッドコンディションな一着はレア。このM65はライナーも付属したコンプリートモデルです。しかも全国的に人気の高い希少なXSサイズ。たっぷり大きめにて着たいという人は、Sサイズから試着してみましょう。
1960年代後半からアメリカ軍に採用された、寒冷地用野戦パーカであるM65。先代のM51から改良された部分は主に以下の点。フードがボタン脱着式になったこととエポレットの廃止。それにヘビーだったウールパイルのライナーが化繊の軽量なキルティングにチェンジされたこと。ただし表地のコットンナイロンの平織素材はM51から変わらず継続使用されています。
▲ ボタン脱着式のフードを外すと、こんなスタンドカラー型になるM65。いろいろな着こなしを楽しみたい人にはM65がオススメです。
PAGE 5
▲ 整理された部分はショルダー回りにも。エポレットが廃止されており、ミリタリーな雰囲気もやや薄め。
▲ ブラスのジッパーは、強度的にも信頼性十分です。とは言え試着の際は必ず欠損の確認を行いましょう。
▲ フード部分に縫い付けられたスペック表示で出自が確認できます。
PAGE 6
▲ フィッシュテールはしっかりM65にも引き継がれているアイコン的ディテール。
▲ 瓢箪型キルティングのライナーは昨今注目を浴び、女子からの支持も高め。多くのブランドからこれをモチーフにしたキルティングアウターがリリースされています。
フロントジッパーはM51同様に素材に多くのバリエーションが存在。M51がアルミとブラス、それにジンク(亜鉛)なのに対し、M65では80年代モデルから樹脂製ジップも登場しています。

M65に付属する化繊のキルティングライナーは実用性も高いので、付属したコンプリートモデルを入手しておけば、冬のアウターとしても余裕で使えます。ただ、コンプリートものはいまかなり品薄になっているので、見つけたら即買いをオススメいたします。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        大人なら知ってて当然!? ミリタリーの超定番ヴィンテージM51とM65の見分け方 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト