• TOP
  • FASHION
  • お国が変わればキャラも違う。世界のメガネ事情

2017.10.16

お国が変わればキャラも違う。世界のメガネ事情

文化は国ごとに独自のものがありますが、メガネも国によって特徴があるってご存知でしたか。モテるメガネオトコは、国別のキャラをも使いこなしてナンボ! ぜひご一読を!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/林 敏一郎(FOREST)、蜂谷 哲実(hachiya studio) 文/瀧川修平

いまや世界各国のアイウェアを入手できる時代。多くの国から素晴らしいアイウェアが誕生していますが、どのモデルもその国の文化と歴史に根ざしています。つまり、一見同じにみえるメガネも国によってキャラが違うんです。それを知っていれば、より自分のスタイルにフィットした一品を選べるわけで。
モテるメガネ選びには必須の知識です!
PAGE 2

#01 日本

経済成長を支えた世界が認める職人気質な技術力

まずご紹介するのは、我らが日本のメガネ。その歴史を語るうえで欠かせないのが、勤勉な職人気質と、福井県鯖江市の発展を支えた技術です。いまや鯖江の国内シェアは96%。この発展のキッカケは、明治38年に同市の豪農、増永五左衛門が農閑期の副業として、少額投資で実りあるメガネ作りに着目したことでした。

その後世の中は第二次世界大戦に突入。敗戦で国内有数の工業都市さえ生産ラインを失いながらも、日本が高度経済成長を遂げられた背景には、自動車や家電づくりを手がける町工場の熟練職人たちの手先の器用さ・勤勉さがありました。

また、近年の日本のモノ作りへの注目度を端的に表しているのも、実はメガネなのです。なにせ、世界各国の名門ブランドがこぞって自社製品の生産を鯖江の熟練職人の技術に委ねているのですから。職人の心意気と、積み上げられた経験に裏打ちされた高度な技術力こそ、日本のメガネの最大にして無二の特徴です。
作りは俄然ハイテクです
日本を代表するアイウェアといえば、フォーナインズは外せません。繊細なフレームラインでサーモントスタイルを再構築した「M-46」も例に漏れず、着脱時の負荷軽減を果たす逆Rヒンジをはじめとしたユーザー目線の意匠が満載です。
[M-46]3万9000円/フォーナインズ

注目すべきはこの逆Rヒンジ。使用時の負荷を吸収し、掛け心地の良い形状を長くキープする同ブランド独自のメタルパーツなのです。機能面でも心遣いを忘れないのが日本らしいですよね。

PAGE 3

#02 イタリア

自由なアイデアが遊び心溢れる個性的なメガネを生み出す

イタリアで日本の鯖江的なポジションを確立しているのが、北東部に位置するヴェネト州の集落、ベッルーノ。国内の生産シェアは約75%で、メガネの世界最大企業として知られるルックスオティカの本社にもほど近い、経済発展都市です。

最大の特徴は工程ごとに分業する鯖江とは異なり、企業内での一貫生産体制が確立されていること。商品化までの全工程を自社で行うシステムと、独創への情熱が融合した結果として、この地域ならではの独自のプロダクトが生み出されているのです。

ペルソールのフォールディング(折りたたみ)モデルも、イタリアインディペンデントのアイサーミック(温度で色柄が変わる)素材を使用したモデルもその良例。スーツで言う“ナポリ仕立て”に見られるような、枠にとらわれない豊かな発想力は、アイウエアにも落とし込まれているのです。

南部のナポリ仕立てに見られる「雨降り袖」もイタリアらしい発想例。肩パットを除くことで、柔らかな雰囲気やカジュアルさを演出しています。

シャレの効いた遊びがならでは
一見マットな黒セルのウェリントンですが、熱を感知することでレオパード柄へと変化するギミック付き。他では具現化し得ない驚くべきテクノロジーも、遊び心溢れるデザイン性と抱き合わせてナンボな心意気がイタリアブランドらしい。
[0090T.LEO.000]2万8000円/イタリア インディペンデント(イタリア インディペンデント ジャパン)

30度以上でご覧の通りのレオパード柄に様変わり。バカンスで着けたい1本です。

PAGE 4

#03 アメリカ

ムーブメントの火付け役にはワケがあります

アメリカのメガネブランドといえばレイバンが有名ですが、1833年に創業した最古参のアメリカンオプティカルや、クラシコブームの火付け役であるモスコットを知らずして同国の歴史は語れません。

なかでもモスコットが1940年〜1960年代にかけてリリースした「ミルゼン」「レムトッシュ」「ユケル」はボストン、ウエリントン、ブロウの元祖としていまなお人気の伝説的モデル。

これらの共通点は、当時のアメリカンクラシックスタイルを再現しながら、いまも現行品としてたいていのモデルがリーズナブルに購入可能なところ。

大量生産・大量消費・合理性を重んじるアメリカでは、このコストパフォーマンスの高さこそ浸透率を握る鍵であり、アメリカのトレンド発信力を下支えする一因。不朽の名作たちが永世定番と呼ばれるのには、確かな理由があるのです。
華奢ボストンの元祖です【1940年代モデル】
当時アメリカで“P3”と呼ばれた、いわば華奢ボストンの元祖モデルを、いまなお忠実に再現する名作。
[MILTZEN]2万3000円/モスコット(モスコット トウキョウ)
モスコットの代表モデル【1950年代モデル】
いまも多くのセレブに愛用される、カシメ飾りが好アクセントな小ぶりのウエリントン。
[LEMTOSH]2万3000円/モスコット(モスコット トウキョウ)
米国における知性の象徴【1960年代モデル】
60年代、80年代、そして現在と、3度にわたり爆発的にヒットした無骨で知的なサーモントブロウ。
[YUKEL]2万5000円/モスコット(モスコット トウキョウ)
現代モデルは…アメリカンクラシックをイマドキに再解釈
各国にアイコニックな黒セルは存在しますが、アメリカの大代表は肉厚ながら丸みを帯びたコンパクトなサイズ感を持つモスコットの「ネブ」でしょう。張り出しの狭い智元に縦2点の飾り鋲も、レトロな作風を後押ししています。
[NEBB]2万7000円/モスコット(モスコット トウキョウ)
PAGE 5

#04 フランス

彼らが牽引する目元はいつの時代もファッショナブル

フランスのアイウェアシーンを牽引するのは、同国が世界に誇る数々のビッグメゾンに他なりません。多感でジャンルレスな目元が数多く揃うのは、各コレクションテーマに即した新作が毎シーズンリリースされているから。

ユニセックスで使える装飾的なデザインが多いのもそのためなのです。そんなコレクションの一端を担うキーアイテムが、約3万円代から購入できるのも見逃せないポイント。女性ウケ抜群にして費用対効果も高いなんて、願ったり叶ったりでしょ!?
変わらないディオールのアイコン
「ブラックタイ」と冠されるディオールのアイウェアに共通した意匠が、テンプルにあしらわれたシルバーライン。トレンドによってフロントシェイプは変われど、アイコン性で一本筋を通すあたりがコレクションブランドならではです。
[BLACKTIE245F]4万2000円/ディオール オム(サフィロジャパン お客様相談室)
サンローランのクラシコなサーモントで旬顔に
今季のコレクションで軸となったレザースタイルとも好相性な、サーモントタイプのサングラス。ワイルドな装いをナードに転じさせる、ポッテリ肉厚なブロウラインが一周回ってインプレッショナブル。
[クラシック SL 108]5万2000円/サンローラン(ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス)
PAGE 6

#05 イギリス

男性をセクシーに艶っぽく魅せる紳士の国のワザとは?

世界で初めて耳に掛けるメガネが作られたのは1730年頃、ロンドンでの出来事でした。当時はラウンドメタルしか存在せず、1980年代まで施行されていた英国独自の保険制度、NHS(ナショナルヘルスサービス)で弱視者に無料配布されたのも同様のデザインだったそう。

ですが、これが英国代表とならなかったのは、“ラウンド=国から配られるダサいメガネ”というイメージが定着してしまったからだとか。

そこで注目を集めたのが多面的にカットされた、エッジの利いたフレーム。男の色気を引き立たせることに長けた、ブリティッシュの粋が生まれたのです。いまなお英国紳士のキーアイテムとして親しまれているのには、こうした歴史的背景があるのですね。
存在感はオリバーゴールドスミスの中でも随一
圧倒的なボリューム感は、すべての面に施されたカッティングによるもの。カジュアルはもちろん、スーツスタイルにもマッチして、男らしい印象を与えてくてれます。
[ZAK]3万5000円/オリバー ゴールドスミス(サラディストリビューション東京)

上リム、サイドリム、そしてテンプルにも施された多面的なカッティングがキモ。ほかに類を見ない力強いデザインは、英国紳士の嗜好性から生み出されたのです。

■お問い合わせ

イタリア インディペンデント ジャパン 03-6427-9141
ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス 0800-555-1001
サフィロジャパン お客様相談室 0120-54-7750
サラディストリビューション東京 03-6427-7239
フォーナインズ 03-5797-2249
モスコット トウキョウ 03-6434-1070
LEON本誌では毎号連載にて、"使える"メガネの情報を掲載しています。チェックはコチラから!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL