• TOP
  • FASHION
  • オヤジの色気は「黒の肉厚ムートンレザー」で作る

2021.01.11

オヤジの色気は「黒の肉厚ムートンレザー」で作る

男の色気演出に黒レザーの効果は絶大! なかでも肉厚のムートンは、リッチでありつつ、ほっこりとした質感にオヤジの可愛げとヌケ感が漂う、いい塩梅のアウターなんです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・GO TANABE、静物・蜂谷哲実 スタイリング/四方章敬 ヘア/JUN GOTO(太田事務所) メイク/KeN Nakano 文/竹石安宏

色気といえば、忘れちゃいけないのが"黒"ですよね! これはもう誰もが認める色の印象ですが、そのイメージを男が最大限活かせるのがご存知、レザー。

で、まずは寒い野外でもヘッチャラなムートンの黒革をご提案。同じ黒でも素材のコントラストが効くのでワイルドなだけじゃない、繊細な色気も作れるのです。着こなしは真っ黒が◎。

男惚れする格好いい色気はさすが

▲ 男性●コート110万円、ニット14万円、パンツ13万円/すべてトム フォード(トム フォード ジャパン) 女性●ニット16万円、スカート19万円、ジャケットは参考商品/すべてトム フォード(トム フォード ジャパン)
スエード仕上げの極上ムートンを用い、クラシックなピーコートスタイルを踏襲した一着。ダブルブレストながら前合わせが浅く、ボタンを開けてワイルドに羽織ってもキマります。

ブラックのムートンはとかく重々しくなりがちですが、そんな時にも有効なのがオールブラックのコーディネート。より重くなるのでは? と思いきや、ミニマルですっきり見え、重々しさを払拭してくれるのですね。

それでいて黒ムートンの色っぽさも引き立つという、一石二鳥のコーディネートというわけ。当然色合わせ不要ゆえ簡単であり、手持ちの黒アイテムもまんま使えますよ。
PAGE 2

ゆったり羽織れるムートンが新鮮

▲ 27万円/イーヴォ(トヨダトレーディング プレスルーム)
大きな襟と広い肩幅、ゆとりのあるいまどきシルエットの人気モデル「オストゥーニ」に今季、初のムートン版が登場。ヌケ感があり、ウエストベルトでメリハリの演出も可能です。

味わい深さと艶感を両取り

▲ 38万円/ポール・スミス コレクション(ポール・スミス リミテッド)
アンティーク調のクラック仕上げを施したコーティング面が艶っぽいムートンブルゾン。高品質ムートンで名高いスペイン産の原皮を用い、羊毛の手触りは絶品。
PAGE 3

ワルでも上品な大人ライダーズ

▲ 38万円/ランバン コレクション(ジョイックスコーポレーション)
ダブルライダーズをベースに、ちょい長めの着丈で落ち着いた印象にアレンジしたデザインが秀逸。原皮はスペイン産、縫製は世界屈指のトルコの工場と、品質も最高峰。

ムートンとは思えないフィット感

▲ 24万円/エンメティ(インテレプレ)
ファッションディレクター、干場義雅氏とのコラボ第二弾「アッカ ムートン」。上質なスペイン産ムートンの表面にナッパ加工を施すことで艶やかな表情に。日本人体型にもピッタリ。
2021年1月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

インテレプレ 03-6804-3861
ジョイックスコーポレーション 03-5213-2532
トム フォード ジャパン 03-5466-1123
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
ポール・スミス リミテッド 03-3478-5600

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        オヤジの色気は「黒の肉厚ムートンレザー」で作る | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト