• TOP
  • FASHION
  • ナイキのスニーカー、話題の新作を知ってますか?

2020.10.18

ナイキのスニーカー、話題の新作を知ってますか?

スニーカーは秋冬も注目モデルが目白押しですが、特別な日にちなんで、生まれ変わったナイキの定番がいくつも登場することをご存知でしょうか? それが「Dia de Muertos(死者の日)」コレクションと呼ばれるラインナップ。話題のライフスタイル系モデルの新作と合わせてご紹介しましょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio log)  スタイリング/小野塚雅之 文/川瀬拓郎、長谷川茂雄

華やかな足元は二度見されること必至です

今週お届けした人気記事から、ダイジェストをお届け。

まずは、ナイキから登場した一見変わった「Dia de Muertos(死者の日)」コレクション。ラテンアメリカ諸国の、家族、友人、知人が集まり、故人への思いを馳せる特別な祝祭の日、死者の日をテーマにしたもの。10月末日から11月2日にかけて開催されるセレモニーに合わせて10月27日から発売をスタートします。

そのベースとなるスニーカーは誰もが知る定番の名作モデル。そこに、祭壇を飾る切り絵や、花束を思わせる鮮やかな色使いの装飾が施されるというもの。

一方、昨今はパフォーマンスカテゴリーの機能を備えたライフスタイルカテゴリーの新作も話題沸騰中です。中でもナイキ エア ズーム タイプは、ファッショナブルなアッパーデザインも手伝って、注目を浴びています。

上記の新作は、どれもぱっと見でもインパクトがあって華やか。しかも人とは被らない特別感を纏っています。
しかもベースが誰もが知る定番ですから、奇抜すぎる印象もないわけで、例えば、モノトーンスタイルの外しなんていう洒落たテクニックにも、十分使えそうですよ。
PAGE 2

◆ ナイキ ブレザー ミッド

クラシックモデルの代名詞をアップデイト

▲ 1万1000円/ナイキ(ナイキ カスタマーサービス)
70年代初期に発売されたバスケットボールシューズの代表モデル。シャープなシルエットが持ち味で、ファッショニスタにも愛用者が多いことで知られています。こちらは、かかと部分に祭壇に飾られるパぺル・ピカード(切り絵)を刺繍で配しているのがユニーク。アッパーには、経年変化でできたようなクラックが施されているのも特徴的です。
PAGE 3
ヒールカウンターやスウッシュに凹凸を施しているのも同コレクションならでは。死者の日を盛大に祝うメキシコの伝統的な花、マリーゴールドを想起させます。

◆ エア ジョーダン 1 ミッド

不動の名作が個性的なカラーで進化

▲ 1万3000円/ナイキ(ナイキ カスタマーサービス)
ジョーダンシリーズを代表するモデルも、これまでにない配色でお目見えしました。まるで花束のような華やかさを纏ったこちらは、コーディネートの主役になります。つま先部分には、「Para Mi Familia(家族のために)」という文字が。これは死者の日が、自分のルーツである家族に意識を向けるという伝統を表現しています。スウッシュの細かなステッチワークも特別感があって目を引きますよ。

もっと見たい方はこちら
PAGE 4

◆ ナイキ エア ズーム タイプ

最高のはき心地のビジブルエアー

▲ 1万6500円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
コントラストカラーによる前足部のビジブルZoom Airクッショニングと、ヒール部分の多層構造のフォームによって、踏み出すたびに弾むような感覚が得られる1足。着地したときの柔らかさも感動モノ。それでいて、見た目は落ち着いたワントーンになっており、人工スエードアッパーの質感も上品で、合わせるボトムスを選びません。

もっと快適スニーカーを見たい方はこちら
PAGE 5
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL