• TOP
  • FASHION
  • 【早くも品薄】ジョン スメドレーのニットTシャツが、お洒落な人に売れている!?

2020.08.10

【早くも品薄】ジョン スメドレーのニットTシャツが、お洒落な人に売れている!?

今夏、サマーニット好きも、Tシャツ好きも唸らせている話題のアイテムがあることをご存知でしょうか? 実は英国発ニットブランドの代名詞、ジョン スメドレーのニットTが、装いも新たにアップデートしたとあって、注目を浴びているのです。その進化のほどを紐解きつつ、新作をご紹介しましょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/長谷川茂雄

リブ幅が太くなり、Tシャツ感覚で着用しやすくなりました

Tシャツ1枚で出かけるには抵抗があるので、夏はポロシャツやサマーニット派という方も、無地のコットンの白Tを日替わりで着るという方も、今夏登場したジョン スメドレーのニットTシャツには、無条件で太鼓判を押しているようです。

早くも品薄となっているそのニットTは、おなじみの上質なシーアイランドコットンで仕上げたハイゲージタイプなのですが、クルーネックが少しだけ進化しました。

これまでよりも首のリブが太くなったのです。それゆえ、従来の上品な印象は残しつつ、よりメンズっぽく着用できるようになったというワケです。首回りがより普通のTシャツっぽくなったので、より精悍なイメージになったと言えるかもしれません。

しかも、そんなTシャツですが、裾と袖口がウエルト仕様になったよりTシャツライクな「S4431」と、各々にもリブを設けた少しドレッシーな「S4409」の2種が揃っています。

素肌に直接着てもよし、コットンのTシャツを1枚かませてもよし。これは、夏の着こなしを頼もしくサポートしてくれる大人のカットソーの大本命と言えそうです。着方としては、ニット特有のドレープが出る少し余裕のあるサイズ感がオススメです。マイサイズがあるうちに、早めのチェックをオススメします!
PAGE 2

◆ S4431

あくまでTシャツ感覚でニットを着るならこちら

▲ 2万6000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)
袖口と裾がウエルト仕様のこちらは、見た目はコットンのTシャツと遜色ありません。それでいて、滑らかで上質なシーアイランドコットンを使ったジョン スメドレーならではの素材感がミソ。リネンなどのリゾート風イージーパンツにもなじみがいいですし、ドレス感のあるジャケットのインナー使いでもサマになります。もちろん、素肌に一枚でも着てもしっかりエレガンスを保ってくれるのも、嬉しい限りです。
リブ幅は約2cm弱。太すぎず、でも華奢には見えない絶妙なバランスです。身幅、スリーブはリラックスフィットですから、さらっと着るだけで、ゆったりとしたイマドキ感を演出できます。
PAGE 3

◆ S4409

よりドレッシーに着こなすならコチラ

▲ 各2万5000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)
こちらは、リブや袖にリブを設けたジョンスメの定番シルエット。とはいえ、首のリブ幅が広がっていますから、これまでよりもスポーティな印象を醸し出します。夏はTシャツは1枚は避けて、専らニットポロという諸兄は、こちらからトライするのが得策です。細身のスラックスや白パンツと行ったドレス感の強いアイテムにもすんなりマッチしますし、程よく抜け感をもたらすこと請け合いです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【早くも品薄】ジョン スメドレーのニットTシャツが、お洒落な人に売れている!? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト