• TOP
  • FASHION
  • いま、大人がモテる冬アウターはこの3着!

2019.12.17

SPONSORED

ジバンシィで発見!

いま、大人がモテる冬アウターはこの3着!

いやはや、今年の冬は暖かいですね。12月に入ってからも、20度近い気温の日があったくらいですから。気づけば、アウターを新調し忘れていたという人もいることでしょう。でも大丈夫。ジバンシィに、即買い決定なアウターがありますから!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/渡辺修身 スタイリング/水野陽介 文/安岡将文

合わせやすくて今っぽい、ジバンシィの即戦力アウター3選

今からアウターを買うとなると、手持ちアイテムとの合わせやすさは外せないところですよね。と考えると、黒ベースでデザインもベーシックなもの、となりますよね。でもでも、凡庸には収まりたくないと思うのが、モテるオヤジの性でありましょう。そこで注目の存在が今季のジバンシィです。

というのは、どのアイテムもいまリバイバル人気の90年代ストリートカルチャーの美味しいところをアップデイトさせたデザインがベースだから。90年代といえば、ミリタリーだったりアメカジだったりとオトコのベーシックウェアの人気が頂点を極めていた時代。つまり、どんなスタイリングにもすっと馴染むんです。そこに、さりげなく旬なテイストをミックスしているので、ぱっと見ベーシックなのに着てみると、なんだか存在感が違う、となるんですね。
というわけで、注目度バツグンなジバンシィのアウターから、なかでもオススメの3着をピックアップしました。

ナイロンのモッズコート、ネオプレン×レザーのフーデッドブルゾン、そしてピーコートと、90年代的でありつつメンズアウターにおける普遍的なアイテムばかりです。どれも、ただの定番で終わらない、さりげないスパイスが効いているので羽織るだけで、今の気分を堪能できちゃう逸品です。

冬アウターの駆け込み買いとしては、まさしく打ってつけ。ぜひ袖を通して、その違いを体感して頂きたい次第!
PAGE 2

● Coordinate 01

ブラックを軸にしつつ、光沢と柄でリッチな遊びを

コート26万2000円、ニット12万3000円、パンツ7万6000円、スニーカー9万5000円、バッグ8万5000円/すべてジバンシィ(ジバンシィ表参道店)
光沢感強めのナイロンが、ミリタリー系アウターお馴染みのM-51タイプコートを艶っぽく演出。そんな光沢を、ブランドネームでポップにデザインしたミドルゲージのニットが引き立てます。

そのギャップを楽しむためにも、上下カラーリングはブラックで統一。重くならないよう、パンツはギャザー裾のイージーパンツ、足元はホワイトのニットソックスニーカー、バッグは見る角度で色が変わる素材で、リッチにして遊び心ある印象に。

いかにもミリタリー顔じゃないのがポイントです

コート26万2000円/ジバンシィ(ジバンシィ表参道店)
M-51をイメージさせつつも、裾はスクエアカットを採用。アームにはダーツを施しゆとりを持たせつつも、オーバーサイジング過ぎない程よい大人なリラックスフィットに留めています。

フロントはジップ&スナップボタン。フラップ付きのポケットとエポレットにはメタルボタンが配され、艶やかなブラックナイロンと共に上質感と色気を香らせる逸品です。
PAGE 3

● Coordinate 02

カジュアルだけど技アリな大人のストリート

ブルゾン35万4000円、ニット9万7600円、パンツ7万4000円、スニーカー9万5000円、バックパック13万4000円/すべてジバンシィ(ジバンシィ表参道店)
まるでシングルライダースにフード付きベストをレイヤードしたかのようなトリッキーなデザインが印象的なブルゾン。ネオプレンにレザーという対極的な素材使いによるスポーティかつロックな雰囲気を、ロゴテープをポケット周りに配したパンツやグラフィカルなレザースニーカーでポップに着こなすのが今の気分。

ナイロン×レザー使いのデイパックも、また然り。そんな異素材使いも、上質な素材同士だからすんなりとまとまり、大人な着こなしになるんです。

大胆に見えて、案外着こなしやすいんです

ブルゾン35万4000円/ジバンシィ(ジバンシィ表参道店)
ボディはネオプレン素材。保形力のある素材は、スポーツウェアでお馴染みです。対して、エルボーにステッチ、袖先にジップを配したアームにはレザーを採用。レザーといっても柔らかなラムなので、着心地はスポーティです。

ハイコントラストなカラーリングですが、ブルゾン丈とあって意外にも着こなしやすかったりします。
PAGE 4

● Coordinate 03

貫禄と男らしさの中にもヌケ感を注入

コート24万6000円、ニット10万1000円、デニム7万円、スニーカー10万円、クラッチバッグ7万4000円/すべてジバンシィ(ジバンシィ表参道店)
ハリのある厚手のフェルトウールが、ピーコートならではの男らしい雰囲気を主張。タートルネックのニットでモードな大人の色気を演出することもできますが、あえてホワイトレザーのハイトップスニーカーでスポーティに着こなすのがイマドキ。

パンツもカットオフを施したブラックデニムを合わせ、さらにロゴ入りクラッチバッグで軽快に。ただし、ミドルゲージニットも含めてモノトーンでまとめて、あくまで男らしくするのがポイントです。

定番として永く着られるカッチリとした作り

コート24万6000円/ジバンシィ(ジバンシィ表参道店)
ミリタリーユニフォーム然とした、重厚感のある面持ち。その期待通り、フェルトウールは厚手で構築感のあるスタイルを楽しませてくれます。

ショルダーにはエポレット、大型のパッチポケットはフラップ付き、そしてボタンはゴールドカラーとあくまでディテールは正統派。ラペルにもボタンホールがあるので、フロントを全閉じすることも可能です。

■ お問い合わせ

ジバンシィ表参道店 03-3404-0360

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

いま、大人がモテる冬アウターはこの3着! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト