• TOP
  • FASHION
  • 今季のダウンは“短丈ボリューミー”がモテるんです

2019.12.15

今季のダウンは“短丈ボリューミー”がモテるんです

この冬オヤジのダウンには、ちょっとやんちゃなムードが欲しい。それを叶えてくるのが、オシリがちゃんと出る軽快な腰丈かつボリューミーなシルエットを備えた、どこかレトロな短丈ダウン。シェルもオールドスクールなシャカシャカ素材が気分です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/ササキヨシヒロ スタイリング/中西真也 ヘアメイク/勝間亮平 文/竹内虎之介(シティライツ)、渡辺 豪(本誌)

ダウンといえば冬アウターの大定番。だからこそ、毎年ちょっとずつ気分が変わりますよね。じゃ、今季はどうかと考えてみると、一周回ってダウンらしいダウンが妙に気になります。具体的には、ちゃんとオシリが出る腰丈でボリューミーなシルエット、シェルもシャカシャカ素材がいい。そういうどっかレトロな雰囲気が、いま欲しいやんちゃな気分を表現するのにぴったりなのです。
いまどきのレトロを体現するボリューミーな短丈ダウン
シャイニーな光沢と陰影を兼ね備えたブルーの色味とドライタッチのシャカシャカ感が魅力の短丈ダウンジャケット。シンプルな一着ながら、バックには光沢のある同系トーンのプラスチゾルプリントで「ONLY THE BRAVE」のロゴをデザイン。着脱式フード付き。5万6000円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)
とはいえ、買うのはもちろん新作。アップデイトが完了済みの一着を選ぶことで、気分だけを拝借するのが正解です。これならバランス感覚絶妙ゆえに大人っぽい細身のスラックスとも好相性。さらに、同じくアップデイトされたデニムやチノに合わせれば、むしろとっても新鮮にやんちゃな大人のアメリカンを演出できてしまうのです。

そう、かつて初めてダウンを見た日、タフなのにとびきりスポーティなコイツはなんて格好いいんだろう! と思ったあの感覚をいまの時代感のなかで纏える一着……それがちょいレトロな短丈ダウンなのですよ。
PAGE 2

選びの条件

[1] レトロな腰丈
そもそもスポーティなアイテム だったダウン本来の姿を伝える腰丈。この軽快感が、フットワークの軽いやんちゃな感じを演出します。

[2] ボリューミーなシルエット
ダウンと空気がたっぷりと詰まった感じがひと目でわかるボリューミーなシルエット。 その丸みのあるふっくらとした見た目がレトロなのです。

[3] 軽やかなシェル
ナイロンやポリエステルなど、軽快なシャカシャカ素材のシェルがレトロなダウンの合言葉。色柄もあくまでシンプルな単色が基本です。

基本のこなし方

ボトムスにテーパードの効いた細身のスラックスを合わせるのが、こなしの基本。そう、合わせはむしろ普段と同じでいいのです。 このように上下のボリュームに緩急を設けることで いまっぽいサイズ感を大人の装いに昇華できるというわけです。
PAGE 3

細パン合わせでメリハリを作るのがキモ

◆ ネイバーフッド

ミリタリーモチーフの都会派ダウン

“アーバンミリタリー”をコンセプトにしたMIL-SPEC LINEからの新作ダウン。表地に黒、ライニングにはエマージェンシーオレンジを配したMA-1ライクな配色が印象的。止水ファスナーのテープに配されたプリントもクールに際立つ都会派です。
合わせは上品な グレスラが大人の基本
ちょい腰ユルかつ美しいテーパードを描く上品なグレスラ。短丈ダウンの着こなしも、いつものこんな一本が基本。ダウン7万8000円/ネイバーフッド(ネイバーフッド 原宿)、Tシャツ1万1800円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)、パンツ2万9000円/ジャブスアルキヴィオ(エフイーエヌ)、靴8万5000円/ピエール アルディ(ピエール アルディ 東京)、サングラス4万4000円/ネイティブ サンズ(G.B.ガファス)

ほっそりなカジパン使いで
やんちゃさがアップ!

ダウンのこなしにおいて基本は前頁でもお伝えしたスラックス合わせ。 ですが、上下のシルエットのメリハリがこなれて見えるという観点でいえば、いまどきなほっそりラインをもったカジュアルパンツ(カジパン)も有効打。 もちろんまんまじゃ昔の人ゆえ、パンツのアップデイトは絶対条件。 ですが、そこさえ押さえれば、これがやんちゃにキマるのですよ。

◆ デュベティカ

自らの強みを高めたアイコンダウン

ブランドのアイコンであるフルジップアップディテールを備えたダウンジャケット。表地には、特殊フィルムを接着することで光沢感を際立たせたエナメル加工のナイロンを使用。さらにデュベティカ初となる胸のブランドロゴパッチが、静かに自信を物語ります。
美シルエットならデニムでもモダン
タフさの香る味出しデニムも美脚際立つ細身の一本なら、クールでモダンな大人カジュアルとなるのです。ダウン11万円/デュべティカ(エフイーエヌ)、ニット6万8000円/イートウツ(エストネーション)、パンツ3万8000円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)、靴8万3000円/サントーニ(リエート)、バッグ2万3000円/トミーxルイス(トミー ヒルフィガー カスタマーサービス)
PAGE 4

◆ ホルバー

アーカイブを現代解釈した温故知新の一着

アーカイブの名作を、現代解釈で再構築するニューコレクションからの一着。アシメトリーフロントをダブルボタンで仕上げたディテールが特徴。ボタンの調整でタイトにもゆるくも着られるフレキシブルな仕様です。
全身モノトーンでカジュアルをちょいモードに
黒の短丈ダウンに濃色の黒デニを合わせれば、ほのかにモードさえ薫るクールなカジュアルに。ダウン4万2800円/ホルバー(アンカットバウンド 新宿店)、シャツ2万2000円/リサウンド クロージング、Tシャツ8800円/マイアミビーチビーチホテル1955(スタジオルート134カスタマーサービス)、パンツ2万7000円/トムウッド(ステディ スタディ)、靴6万4000円/ヒルフィガー コレクション(トミー ヒルフィガー カスタマーサービス)、メガネ3万7000円/ジュリアス・タート・オプティカル(G.B.ガファス)

◆ トミー × ルイス

ビビッドな色彩が目を引くコラボモデル

トミー ヒルフィガーとF1ドライバー、ルイス・ハミルトンとのコラボコレクションからの一着。パディングにはリサイクルダウンのRe:Down®を使用。光沢のあるビビッドレッドと黒のリバーシブル仕様です。
王道アメカジをリッチな大人仕様で
赤の短丈ダウンに白T&チノパンのコーディネートといえば、泣く子も黙るアメカジの王道スタイル。ですが、インナーが上質な半袖ニット、チノがドレス仕込みのエレガントなテーパードシルエットを備えた一本なら、昔のソレとは似て非なるもの。やんちゃな気分はそのままに、ちゃ〜んといまどきの大人仕様となるのです。ダウン5万4000円/トミーxルイス(トミー ヒルフィガー カスタマーサービス)、ニット1万6000円/エストネーション、パンツ3万5000円/ピーティーゼロウーノ(トゥモローランド)、靴6万8000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)
PAGE 5

◆ C.P.カンパニー

軽やかな印象際立つ美発色高機能ダウン

素材の自社開発に定評のある同ブランドを代表する高はっ水ファブリックMicro-Mを用いたダウンジャケット。表側にシームの出ない構造で、保温性とシャープな印象を両立。またネオンイエローの色調が軽やかな気分を演出します。
脱力した休日にはこんなこなしで
ダウンにスウェットパンツってユルすぎて難しい? そんなスポーツテイスト溢れる着こなしを洒脱に装うポイントは、スウェットパンツのシルエットにあり。アップデイト感が光る一本ならしっかり都会的にキマります。ダウン7万8000円/C.P.カンパニー(トライステイト ジャパン)、シャツ1万7000円/トミー×ルイス(トミー ヒルフィガー カスタマーサービス)、Tシャツ7800円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)、パンツ1万9500円/レイニング チャンプ(サザビーリーグ)、靴4万5000円/タトラス(タトラスインターナショナル)
2019年12月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アンカットバウンド 新宿店 03-5363-6034
エストネーション 0120-503-971
エフイーエヌ 03-3498-1642
サザビーリーグ(レイニング チャンプ) 03-5412-1937
G.B.ガファス 03-6427-6989
スタジオ ルート 134 カスタマーサービス 03-6712-5134
ステディ スタディ(トムウッド) 03-5469-7110
タトラスインターナショナル 03-5708-5188
ディーゼル ジャパン 0120-55-1978
トミー ヒルフィガー カスタマーサービス 0120-266-484
トゥモローランド(メンズ) 0120-983-522
トライステイト ジャパン 03-6455-4332
ネイバーフッド原宿 03-3401-1201
パラブーツ青山店 03-5766-6688
ピエール アルディ 東京 03-6712-6809
リエート(サントーニ) 03-5413-5333 
リサウンド クロージング 06-6441-6061

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        今季のダウンは“短丈ボリューミー”がモテるんです | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト