• TOP
  • FASHION
  • 【先物買い】人気セレクトショップがイチオシするコートはこの4つ!

2019.10.30

【先物買い】人気セレクトショップがイチオシするコートはこの4つ!

ファッション通を自負するなら、まだ多くの人に知られていないブランドを誰よりも早く手に入れるのも醍醐味。そこで、人気セレクトショップのバイヤーに注目ブランドのコートを推薦してもらいました。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/笠島康平 文/石井 良

たまには冒険、してみませんか

フランス発の音楽ストリーミングサービスDeezerの調査によれば、人は30歳を過ぎると新しい音楽を探さなくなるのだとか。これと同様に、自分のお気に入りのブランドの服ばかりを着て、新しいブランドの服を探さなくなっているという人も多いのでは。
 
確かにサイズ感は分かっているし、デザインも自分好みだから、いつものブランドは安心感がありますよね。しかし世界には、日本ではまだまだ知られていないブランドがたくさんあるのです。
 
そんな世界中にアンテナを伸ばしている人といえば、そう、セレクトショップのバイヤーです。目の肥えた彼らが注目するブランドなら、目新しいものとはいえ信頼の置ける一着が見つかるはず。

今回は、LEON.JPでもお馴染みの4ショップから、大人にこそ似合う上質コートをリコメンドしていただきました。
PAGE 2

◆エストネーションの「ナカシゲ」 

フワッと羽織れる上質なウールコート

13万円/ナカシゲ(エストネーション)
服や雑貨の企画デザインなどを手がけるナカシゲのオリジナルブランド。レディース中心でしたが、今季はメンズにも注目。ヨーロッパの服飾文化に造詣が深く、現地と日本のトレンドに敏感な同ブランドらしく、生地やボタンにこだわったロングコートは存在感たっぷりです。

◆ストラスブルゴの「マンゾーニ24」 

贅を尽くしたディテールに圧倒されます

77万8000円/マンゾーニ24(ストラスブルゴ)
1951年に毛皮の貿易会社として設立した会社から誕生したマンゾーニ24。もちろん、その毛皮を生かした贅沢なアイテムが特徴で、ファーにはミンク、ライナーにヌートリアを使用。もちろんお値段は張りますが、その分長く着ても飽きないデザインになっています。
PAGE 3

◆バーニーズ ニューヨークの「ルカ ジェラルディ」 

イタリアの職人が作る渾身の一着

19万5000円/ルカ ジェラルディ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)
二枚の生地を重ねることで軽さと暖かさを両立したダブルフェイスコートを得意とするイタリアのルカ ジェラルディは、バーニーズ ニューヨークのみで手に入るエクスクルーシブブランド。大手メゾンのコートも手がける職人が作るコートは、細身のラペルで、モダンな印象をつくれます。

◆トゥモローランドの「マーティン グラント」 

レディースで磨かれた美しいシルエットに脱帽

29万8000円/マーティン グラント(ランド オブ トゥモロー 丸の内店)
もともとレディースの専門ブランドで、メンズは今季が2シーズン目。こちらのチェックコートは、余計な裏地を排したリバーシブル仕様で、着心地は軽快。裏返すと襟以外は無地のグレーになるので、ビジネスシーンでも洒落感を持って着こなせます。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

エストネーション 0120-503-971
ストラスブルゴ 0120-383-563
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007
ランド オブ トゥモロー 丸の内店 03-3217-2855

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL