• TOP
  • FASHION
  • シャツ好きが最後にたどり着く!? 一枚でキマる究極の白シャツです

2019.10.20

シャツ好きが最後にたどり着く!? 一枚でキマる究極の白シャツです

たったコレ一枚でコーディネートがキマる。そんな究極の白シャツが、この秋、イタリア・ボローニャの名門シャツメーカー「マロル」より本格上陸を果たしました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/渡辺修身 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/古川 純 文/井原宏太(本誌)

ただの白いシャツなのに、それ一枚でとっても格好良く映える。いつも白いシャツなのに、お洒落に見える人がいる。あの人と、自分の違いってなんだろう……。とお悩みの諸兄に満を持してオススメするのが、今秋、本格上陸を果たす「マロル」の白シャツ。知る人ぞ知るボローニャの名門シャツメーカーは、シャツ好きが最後にたどり着く一枚として知る人ぞ知る存在なのです。
美しさと強さを共存した美白の一枚
精密な仕立てに、『アルモ』と『カルロリーバ』といった日本では滅多にお目にかかれないヨーロッパの高級生地を用いて、白シャツをお楽しみいただけます。シャツ7万4000円〜(オーダー価格)/マロル(レガーレ)、ジャケット8万6000円/タリアトーレ(ビームス 六本木ヒルズ)、メガネ2万7000円/アイヴァン(オブジェ・イースト)、時計はスタイリスト私物。
昨夏のピッティ ウォモでも、編集部員が「ワァ! 綺麗〜」と思わず唸ったほどの美しさ。極めて丁寧な縫製で知られ、そのステッチは多くの高級シャツが1㎝に約7針であるのに対し、こちらはなんと13針(ちなみに、一般的なYシャツは平均5針)。世界でもっとも細かいステッチ数を誇るのだそう。

で、細かいステッチは美しさばかりでなく、長く着用できる強さも備えているので、何度洗っても、キチンとエレガントな見た目で着用することができるのですね。さらには、肩周りは手縫いを用いて、柔軟性のあるストレスのない着用感を実現。シャツの機能性を増す正確で細かいミシンワークと、柔らかさをもたらす手縫いのワザがバランス良く取り入れられているのが特徴なのですね。
PAGE 2
強さ、美しさ、機能の三拍子揃ったシンプルなワンピースカラーの白シャツは、ガシガシ使えるエレガントな一枚として重宝すること間違いなし、ですゾ!

POINT

1㎝に13針という精密なステッチから生まれる襟のロールは、ノータイスタイルが楽〜にエレガントにキマりますよ。さらに細かな製法は、シワにもなりにくいのです。

2019年11月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

オブジェ・イースト 03-3538-3456
ビームス 六本木ヒルズ(ドレスフロア) 03-5775-1623
レガーレ 03-6805-1773

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL