• TOP
  • FASHION
  • 【まとめ】オンとオフをカバーする名靴はこの4つ

2019.07.06

【まとめ】オンとオフをカバーする名靴はこの4つ

時代が変わっても、ドレスコードが変わっても、変わらないものがあります。それは人を見る習慣や慣行といったもの。その一つが足元を見られるという習慣。ちょっとしたホテルやレストランなどで、堂々と振る舞える靴をご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実 スタイリング/稲田一生 テキスト/持田慎司

オンもオフもドレス顔で貫禄を出すのも手

夏になると自然と軽装になりますが、そうなるとついユルくなるのが足元です。そんな時だからこそ、ここに挙げたドレス顔のサンダルやドレス靴で、オンもオフも大人らしく振る舞うのが大人というもの。簡単に差別化するならこんなセレクトが正解です。

● おすすめのオフのドレス靴 その1 「ジョン ロブ」 

紳士靴の殿堂が送り出すラグジュアリーサンダル

47万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
クロスさせたストラップが特徴の本作は、その名も『クロス』。モデル名の由来ともなったアイコニックなストラップ部分には、贅沢にも最上級のクロコダイルレザーが用いられます。まさにラグジュアリー感が極まる一足です。
PAGE 2

● おすすめのオフのドレス靴 その2 「バーニーズ ニューヨーク」 

配色の妙によって、着こなしが広がりました

3万円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)
ライトブラウンとブラックのコンビネーションによるクロスストラップのレザーサンダル。ベーシックカラー2色を組み合わせているので、大人の定番色であるネイビーやブラウン、ブラックなど、どんな装いにもコーディネートしやすいのです。返りの良いマッケイ製法を採用しているので歩きやすいのも特徴。

ホテルのラウンジでも堂々と入れるサンダルは何が違う?

● おすすめのオンのドレス靴 その1 「ジョン ロブ ジャパン」 

靴好きでなくとも、一生靴として手に入れたい靴

24万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
ジョンロブを代表するモデルといえば、コチラ。クラシックなオックスフォード(ひも靴)の人気モデル、「フィリップⅡ」です。キャップトゥと内羽根部分の繊細なパーフォレーションがさりげなくも上品なアクセントになっています。しかもコチラはかかと部分に継ぎ目のないホールカット仕様。ジョンロブの卓越した技術が遺憾無く発揮されています。靴好きでなくとも、一生靴として手に入れたい靴の一つでしょう。
PAGE 3

● おすすめのオンのドレス靴 その2 「グリフィンインターナショナル」 

雨の日も余裕で履けるオールマイティな一足

8万0000円/クロケット&ジョーンズ(グリフィン インターナショナル)
流行に左右されないUチップの定番モデル「モールトン」。幅広で甲高のラストを使用しているので、日本人の足にフィットしやすい点が大きな魅力です。ソールはグリップ性能の高い英国リッジウェイ社のラバーソールで、どんな天候でも対応してくれるのが嬉しいオールマイティな一足なのです。

【価格は!?】ブレグジット(EU離脱)で、イギリス靴はどうなっちゃうの?
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

グリフィン インターナショナル 03-5754-3561 
ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010 
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL