• TOP
  • FASHION
  • 大人の休日ウォッチ、どう選ぶのが正解?

2019.06.07

大人の休日ウォッチ、どう選ぶのが正解?

着こなしにTPOがあるように、時計にもTPOがあるのをご存知ですか? 今回は、週末の休日の行き先ごとの理想的着こなし&腕時計のマッチングをご紹介。これさえ読めば休日のコーディネートは完璧です。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/持田慎司

休日こそシーンに合わせて時計をチョイス

ビジネス用のドレスウォッチを海や山でも使いまわしたり、マッチョなスポーツウォッチを街中でも着用したりするより、その場その場にふさわしい一本を身につけられる方が、コーディネートとの馴染みも良い上に、よほど大人の余裕が滲み出ると思いませんか? 

そこで今回は、誠に勝手ながら3つの休日デートスポットを想定。鎌倉(海)、軽井沢(高原ドライブ)、そして京都(古都)の3シーンに合わせた洋服と時計のマッチングをご紹介します。

● 休日はココ! その1 「海に行くなら……」 

リラックスしつつも腕元からラグジュアリーなムードを

パーカ2万7000円/カシウエア、カットソー9500円/スローン、ショーツ1万6000円/コロリオ バイ アントレ アミ(インターブリッジ)、サングラス4万9000円/アイヴァン  7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、靴3万4000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)、時計433万円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)
パイル地のパーカにショーツというリラックス感漂う着こなしは、潮の匂いが香る鎌倉デートにもってこい。ただし、鎌倉といえばハイソなスポットとしても知られているので、ラグジュアリーな味付けは欠かせません。

そこで効果を発揮するのが、腕元のラグスポウォッチ。世界三大時計ブランドの一角である「パテック フィリップ」の『アクアノート』が気持ちいい着こなしにリッチなムードを添えるのです。
2019年のバーゼルで発表された新作は、アクアノートコレクションの中でもフェイスサイズが最大となる42.2mmのジャンボモデル。

ホワイトゴールドとカーキグリーンのコンビネーションが、装いにラグジュアリーさとタフさをプラスします。スポーツウォッチとしての性能も十分な120m防水なのにクラシックな気品も備えている点が素晴らしいのです。
PAGE 2

● 休日はココ! その2 「ドライブなら……」 

マッシブな配色が男ゴコロをくすぐります

ブルゾン6万円/アークテリクス(アークテリクス コールセンター/アメア スポーツ ジャパン)、カットソー1万3000円/エース(にしのや)、パンツ3万1000円/ジャブスアルキヴィオ(エフイーエヌ)、靴1万20000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)、時計582万5000円/ロジェ・デュブイ
シャカシャカ素材のパーカにドローコード付きのパンツを合わせて、インナーには白Tを。そして足元には、コーディネートをさらに軽やかに仕上げるスニーカーをチョイス。

時計とのカラーリンクを図るイエロー&ブラックを採用した一足ならば、相性の良さはもはや言わずもがなかと。軽井沢のドライブデートには、こんなラグスポなコーディネートで望みたいものです。
こちらはランボルギーニとの共作によって生まれた「エクスカリバー ウラカン ペルフォルマンテ」。

ホイールナットからインスパイアしたリューズデザインや、車の内装と同じ素材であるアルカンターラ製ストラップ、大胆に肉抜きしたデザイン、ヘキサゴン型のグリッドパターンなど、そこかしこにスーパースポーツカー・ウラカンのDNAが宿ります。
PAGE 3

● 休日はココ! その3 「古都への小旅行なら……」

情緒あふれる街並みに馴染むシックなスタイル

ジャケット14万8000円/チンクワンタ、カットソー1万2000円/フィリッポ デ ローレンティス(トヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ2万9000円/アントレ アミ(インターブリッジ)、ネッカチーフ9000円/アット ヴァンヌッチ(レガーレ)、サングラス5万8000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、靴6万3000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)、時計260万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)
古の時代より続く美しい街並みに似合うのは、味わい深いレザーのサファリジャケットを大人っぽく羽織ったこんな装い。

着込むほどに身体に馴染み、風合いが増していくレザージャケットの表情と、情緒的な風景がこの上なくマッチします。足元をレザーシューズでシックにまとめたら、腕元にもトノウ型の時計でクラシカルな味付けをするのを忘れずに。
美しい曲線を描くトノウ型のケース、クラシカルなムードを掻き立てるビザン数字、正統なドレスウォッチの伝統を受け継ぐスモールセコンド、そして存在感を放つビッグデイト等々、時計としてのプリミティブな魅力の中に、ブランド独自の個性を詰め込んだのが、このトノウ カーベックス グランギシェ。古の都に溶け込む、趣ある佇まいです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285
アークテリクス コールセンター/アメア スポーツ ジャパン 03-6631-0833
インターブリッジ 03-5776-5810
エフイーエヌ 03-3498-1642 
カシウエア 03-3486-5505
スローン 03-3448-0207
チンクワンタ 050-5218-3859
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77
にしのや 03-6452-6934
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109
パラブーツ青山店 03-5766-6688
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
レガーレ 03-6805-1773
ロジェ・デュブイ 03-4461-8040

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL