• TOP
  • FASHION
  • 【最旬トレンド】 定番バッグのチビ化が止まらない!

2019.05.22

【最旬トレンド】 定番バッグのチビ化が止まらない!

スマホやICカードの普及に伴い、携行品が減少するなか、ショルダーバッグやトートバッグ、クラッチといった定番バッグのダウンサイジングが進行中。ここでは、代表的な4型をご紹介します!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/静物・鈴木泰之(Studio Log) スタイリング/吉野 誠 文/持田慎司

腕時計然り、クルマのエンジン然り。いまや、ダウンサイジングの波はあらゆるジャンルに押し寄せています。今回ご紹介するバッグもその例に漏れず。重厚長大なものこそラグジュアリーという信仰が根強く残っていた鞄業界も昨今の軽快化の流れにはどうやら抗えないようで……。

事実、ご紹介する4型はすべて定番に位置付けられるバッグのカタチですが、実はそのどれもがドラえもんのスモールライトを照射したかのごとくチビ化しているのです。賢明な皆さまであれば、それぞれのバッグのそばに置いたアイテムたちをご覧いただくだけでなんとな~くサイズ感を想像できるはず。

◆ メゾンタクヤ 

マチありチビショルダー

スポーティなショルダーバッグは、そもそも軽快感がウリ。それをさらに軽やかに進化させたのがこちらです。マチありのものを選べば、収納量もそれ相応に確保できます。
革にも製法にもとことんこだわる
ドイツトップクラスのタンナーが手がけた最上級のジャーマンシュランケンカーフを使用。ショルダーを外せばポーチにもなる2WAYタイプで、ファスナー以外はすべて銀面付きの革で形成されています。[W20×H14×D7.5㎝]6万3000円/メゾンタクヤ(ファーレ)、そのほかはスタイリスト私物

◆ マウリツィオ タイウーティ

薄マチチビショルダー

チビで薄マチだからこそ、羽織りモノの内側に忍ばせることができる。すると、コーディネートも俄然新鮮に映る。これぞ薄マチチビショルダーの魅力です。
薄マチを生かしてクラッチとしても
ショルダーとクラッチのふた通りで使える本作は、しなやかなシュリンクカーフを使用。ストラップまでレザー製ゆえ、高級感も◎。[W26×H25.5×D4㎝]1万8000円/マウリツィオ タイウーティ(ヤマニ)、プルーム・エス・スターターキット7389円/Ploom専用カスタマーサービス
PAGE 2
で、そんなチビバッグが我々にどのような恩恵をもたらしてくれるのかというと……。これまでよりも圧倒的に小振りだからこそ持ち運びが楽チンなうえに装いだって軽やかにしてくれます。

「荷物が入らないんじゃ?」との声も聞こえてきそうですが、スマホやICカードの普及によって必携品が格段に減少した現代においては容量だってこれくらいで十分事足りるハズ。そう、チビバッグとは軽快化が進むいまの時代を映す鏡であり、それを体現した鞄の最新進化系なのですよ。

◆ アニアリ

チビトート

荷物をラフに放り込めるトートバッグはちょっとした外出にモッテコイ。それがチビ化すればさらに気軽に持ち歩けてしまうというワケです。
一見テキスタイルのように見えるけれど
ナイロン風のエンボス加工をレザーに施すことで、あえてテキスタイルのような風合いに仕上げたリファイン レザー製のチビトート。[W26×H19×D12㎝]2万1000円/アニアリ(プルーム)、サングラス3万8000円/フォーナインズ・フィールサン(フォーナインズ)

◆ トフ アンド ロードストーン

チビクラッチ

A4も入らないようなチビクラッチは、小脇に抱えるだけでタダモノじゃない感じを漂わせることができます。あえてオン・オフ問わず使うことをオススメいたします。
独特な山羊革の表情は手間暇をかけた証左
オリジナル開発の真鍮鋳物の金具やゴートレザーを用いた逸品です。[W28×H21×D5㎝]2万7000円/トフ アンド ロードストーン(ティーアンドエル)、携帯ケース1万8500円/ラルコバレーノ(エンメ)、ライトニングケーブル7400円/Tom Dixon×Native Union(MoMAデザインストア)
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

エンメ 03-6427-2261
ティーアンドエル 03-6455-5520
ファーレ 03-5464-6993
フォーナインズ 03-5797-2249
プルーム 03-5793-3224
Ploom専用カスタマーサービス 0120-108-513
MoMA デザインストア 03-5468-5801
ヤマニ 0120-767-141

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL