• TOP
  • FASHION
  • 大人が恥ずかしくない旬なスニーカーといえばコレです

2019.05.22

大人が恥ずかしくない旬なスニーカーといえばコレです

軽快スニーカーは数あれど、大人が選ぶべきスニーカーは、時代にキャッチアップしながらも、リッチな余裕を感じさせる「ラグジュアリー」な気分があってほしいもの。そこで選ぶべきは、やっぱりメゾン系スニーカーなのでした。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/池田保行(04)

夏の大人スニーカーには「軽快」と「ラグジュアリー」が必要です

いまやどんなコーディネイトにも軽快さが欲しい時代。とくに、これからの季節は足元が大事です。というわけで、そろそろ新たなスニーカーをチェック&改めて大人が履くべきモデルについて検証してみたいかと。シンプル&ベーシック系もハイテク系も、単に「軽快」なだけでなく、大人の余裕を感じさせる「ラグジュアリー」を感じさせるものを選びたいですから。

いきなり結論から申しますと、「軽快」のなかに大人ならではのリッチさや、遊び心を感じさせるデザインのあるスニーカーは、メゾンのソレから選ぶのが正解です。なにしろいまどきのスニーカーブームは、メゾンが牽引しているので、コレクションのランウェイはスニーカーが百花繚乱。ベーシック系からハイテク系まで、あらゆるタイプがリリースされています。メゾンのプライドとして素材や作りも手抜き無し! ラグジュアリーを極めたスニーカーが揃っています。

汚れることを厭わない白レザーを基調としたモデルから、あえてのユーズド加工を施したモデルなど、ラグジュアリーの本質を巧みに表現したスニーカーなら、選び方次第で貴方のセンスもアピールできるというもの。その際、ブランドのアイコンデザインが利いていれば周りの目を引きますし、それって逆説的に「足元を見られる」こともないわけで。そんなスニーカーを取り揃えてみました。

◆ エルメス 

馬車のように街を駆け抜けられそうです

12万3000円/エルメス(エルメスジャポン)
このブランドの定番スニーカーである「クイッカー」は、シンプルなホワイトカーフのローカットスニーカー。サイドにステッチで「H」に象っているのが特徴です。このモデルにメゾンを象徴する、馬と四輪馬車そして従者のアイコン柄をプリントしました。しかも左右別柄&味のあるハンドペイントと、ラグジュアリーな要素が満載です。馬車には誰も乗っていないのは「主人は貴方」というエルメスからのメッセージです。
PAGE 2

◆ ディオール 

メゾンの伝統柄を最新のスニーカーに搭載

12万5000円/ディオール(クリスチャン ディオール)
白を基調に「Dior」ロゴをあしらったスニーカーには、カナージュと呼ばれる格子柄が施されています。このカナージュ、ご存知かもしれませんが「ディオール」のアイコンデザインのひとつで、歴史を遡れば1947年に初出して以来、バッグやドレスなど様々に用いられてきたラグジュアリーを象徴する伝統柄。

スピンドル仕様のシューレースをあしらったハイテクスニーカーと、メゾンの伝統の融合に、アーティスティック デザイナーのリスペクトが感じられます。

◆ サンローラン

汚れるのを気にせず軽快に履けます

10万円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)
まるでヴィンテージデニムに刺繍を施したかのようなハイカットスニーカーは「サンローラン」の「ベッドフォード」の新作。

ハンドメイドによるユーズド感は、デニムが擦れていたり、汚れやシミなどの加工がされているなど、まるで愛着をもって履いてきたマイバッシュのよう。最初から味が出してあるので、汚れを気にせずガンガン履けそう。これぞ軽快スニーカーの極意です。
PAGE 3

◆ ジバンシィ 

シンプルで軽快なうえ、脱いでもラグジュアリー!

8万円/ジバンシィ(ジバンシィ表参道店)
ヴィンテージのテニスシューズを思わせるデザインが、軽快な足元を演出してくれるローカットスニーカー。最近のジバンシィはダッド系のハイテクシューズが人気ですが、こんなシンプル&ベーシックなモデルもラインナップされていますので、大人の方にはこちらが履きやすいかと。ライニングとインソールをブラウンレザーにしているので、脱いだ時にまるでドレスシューズのようなラグジュアリー感。お座敷に上がるときや、お家訪問時の玄関などにアピールしますぞ。

◆ トム フォード 

90年代ランニングシューズへのオマージュ

12万円/トム フォード(トム フォード ジャパン)
どこか90年代に一世を風靡したランニングシューズを思わせる懐かしくも新鮮なデザイン。通気性の良いメッシュを採用したソック型のインナースリーブとラバーストラップ構造の組み合わせは、デザインと機能の融合を感じさせます。今どきらしくボリューミーなソールを搭載しているうえ、白を基調に黒と赤を利かせた配色も、大人のラグスポにぴったりなイメージ。ヒールカウンターにあたるパーツはネオプレン素材を一枚で採用しているので靴ずれの心配は皆無ですぞ。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

イヴ・サンローラン 0570-016655
エルメスジャポン 03-3569-3300
クリスチャン ディオール 0120 -02-1947
ジバンシィ表参道店 03-3404-0360
トム フォード ジャパン 03-5466-1123

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL