• TOP
  • FASHION
  • 【カマって何?】スーツを買う時に恥ずかしくない基礎用語

2019.05.09

【カマって何?】スーツを買う時に恥ずかしくない基礎用語

既製品でもオーダーでも、スーツ初心者にはわからない用語が山ほどあります。意味がわからなくても聞き返すのが恥ずかしかったり、適当に返事をしてしまい仕上がりが不安になることも。そこで、知っておきたいスーツの基礎用語をピックアップしました。

CATEGORIES :
CREDIT :

スナップ・写真/Yu Fujiwara(@8and2) 文/池田保行(04)

まずは、スーツ用語を2、3覚えればいいんです

スーツを買うとき、店頭で謎の用語をなにかと耳にすることはありませんか。とくにスーツをオーダーする際は、聞き慣れない言葉をいくつも聞かれます。

「シングルスーツならラペルはノッチド、3Bの段返りがおすすめです。身返しは大身返しにしますか?
 フラップはなしで、パンツはツープリーツはいかがですか。ではカマを測りますね」など、まるで外国語。しかしコレ、知っておくと自由自在にスーツをデザインできる基本的な用語なのです。

たとえば「ラペル」は主に「ノッチドラペル」と「ピークドラペル」の2種類があり、時代や流行に合わせて、細くなったり太くなったりします。「2B」「3B」など鉛筆の芯のような言葉も使われますし、「身返し」と「段返り」はともに同じ「返」の字が付きますが、まったくの別物です。「フラップ」や「プリーツ」はそのまま英語の意味がわかっても、どこを指すのか不明ですし、「かま」なる日本語も国内のテーラーでは普通に使われます。そんなスーツを実際に買う場合に、知っておくべきコトバを集めてみました。

● スーツ用語 基本のき その1

ラペル

テーラード型のスーツの場合、ジャケットの「襟」は首後ろに吸い付くように立ち上がる「上襟」と、胸に立体的に沿ってV字を切る「下襟」があり、この「下襟」のことを「ラペル」といいます。上襟と下襟が合わさる部分を「ゴージ」といい、シングルブレストのジャケットの場合、切れ込みになった「ノッチドラペル」に、ダブルブレストの場合は下襟側が鋭角に尖った「ピークドラペル」となります。また、時代と流行に合わせて「ワイドラペル」「ナローラペル」など太さが少しずつ変わるのも特徴です。
PAGE 2

● スーツ用語 基本のき その2

2B、3B

ジャケットの前併せの、ボタンの数のこと。「2B」とは「2つボタン」のことで、「3B」とは「3つボタン」のことです。「2B」はVゾーンが深く、タイの見える分量が多いことから、Vゾーンコーディネートでアピールする着こなし方に向いています。「3B」のスーツはクラシックな印象のものが多く、生地の色柄や織り方などによって控えめに洒落心を表現することができます。

● スーツ用語 基本のき その3

身返し

ジャケットの袷の内側の、表地を使った部分を「身返し」といいます。一般的には内ポケットの途中部分から、ライニング(裏地)に切り替えますが、表地を大きく使った「大身返し」と呼ばれる仕立て方もあります。「大身返し」は、ボタンを掛けずに羽織って着るとき、前身が翻っても裏地が見えないことから、上品で高級感ある仕立てといわれます。

● スーツ用語 基本のき その4

段返り

「3B」のスーツの場合、ラペルが上ボタンと中ボタンの中間あたりから返っている「段返り」と呼ばれる仕様があります。「2B」や「3B」に比べて、ラペルの返りがふんわりとロールするため、上質感がありクラシックなスーツによく見られます。ちなみに「2B」の場合は、上のボタンを1つだけ、「3B」の場合は上と中のボタンを2つ留めますが、「段返り」は中ボタンを1つだけ留めます。
PAGE 3

● スーツ用語 基本のき その5

フラップ

ジャケットの腰ポケットの口を覆う「雨蓋」のこと。フラップ付きポケットは、雨水や埃が侵入するのを防ぐためで、つまりそのジャケットは外着として仕立てられていることを意味します。室内で着ることを前提に作られたフォーマル用ジャケットは「フラップ」が付きません。そのため「室内でフラップは、ポケットの中にしまう」という、まことしやかな“嘘”が、まかり通っているほど。とはいえフォーマル用のスーツは、フラップ無しを選ぶのが正解です。

● スーツ用語 基本のき その6

カマ

アームホールの下半分、脇に当たる部分を「カマ」といい、「鎌」の形に似ているから、「釜底」の形に似ているからなど諸説あります。脇に沿ってしっかりと入った高い「カマ」は、フィッティングがよく腕の可動性にも優れますが、「カマ」が浅いと脇が突っ張り腕が動かしにくくなります。既製品では「カマ」がピッタリと合うことは稀ですが、オーダースーツの場合は「カマ」位置をしっかり採寸して決めるスーツが上質といえます。

● スーツ用語 基本のき その7

プリーツ

パンツのウェスト部分に寄せた襞のこと。別名を「タック」と呼び、数年前までは「ノータック(ノープリーツ)」が一般的でしたが、ここ最近は「プリーツ」入りのパンツが再び主流となりつつあります。この「プリーツ」が片側に1本のものを「ワンプリーツ」、2本のものを「ツープリーツ」といい、外側に襞が出る「アウトプリーツ」、内側に襞が出る「インプリーツ」があります。かつてはプリーツの本数で腰まわりの余裕を取ったのですが、現在では技術も向上しプリーツはあくまで装飾の要素が強くなっています。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL