• TOP
  • FASHION
  • 女性ウケもするベージュのアウターはこの3着

2019.04.16

SPONSORED

女性ウケもするベージュのアウターはこの3着

男性にはまだまだ浸透していませんが、ベージュカラーのアウターはさっと纏うだけでエレガントにしてリッチな風貌になる一枚。女性ウケも期待できる色調です。そんなカラーリングの注目のアウターが、ルイジ・ボレッリから目白押しです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/LEON.JP

余裕とエレガントさを感じさせる大人のカラー

季節もようやく一変し、時に夏場のような日射しのときも。こんな時には軽めのアウターが重宝するもの。なかでもおすすめしたいのが、ベージュ系のアウター。着るだけでエレガントで上品、リッチさも薫る大人の色。しかも女性からも評判のいい色調です。

そんな大人にふさわしいアウターが、ルイジ・ボレッリから続々登場しているのです。シャツが有名ですが、トータルブランドとして一変し、ジャケットからレザーアウターまで手掛けているほど。もちろんそのベースには、ナポリのカミチェリアの職人ワザが活きているのです。

◆ おすすめのアウター 01 「リネン混ジャケット」

さり気なくリッチでエレガントな大人にふさわしい上着

ジャケット12万5000円/ルイジ ボレッリ(ルイジボレッリトーキョー青山店)https://www.luigiborrelli-onlinestore.jp/fs/borrelli/JACKET/1001914301
ジャケットは一枚仕立ての「PROCIDA(プローチダ)」。ナポリ湾に浮かぶプローチダ島からその名をとったこちらは、完全なる一枚仕立てのもの。いわゆるアンコンジャケットではなく、昔からナポリのテーラーで行われてきた、芯地を使わず、職人が縫いとアイロンワークだけで立体的に仕立てる技術によって作られたもの。ファビオ・ボレッリ自らがいくつもの工場を訪れ、何度も修正を重ね、やっと完成した本物の一枚仕立てになります。ぜひその軽く立体的な着心地をご堪能ください。
芯地を使わない一枚仕立てジャケットは軽い着心地であるにもかかわらず、胸まわりのボリュームやウエストシェイプがきれいに見えることが特徴。ナポリ伝統の本物の一枚仕立てジャケットを作るには高度なテーラリング技術が必要となりますが、リニューアルに伴い工場が変更され、着心地が格段にアップしています。
リネンとヴァージンウールをややざっくり目に織り上げたヘリンボーンは、リネンの涼感とウールの復元力(シワになりにくく扱いやすい特性)を合わせ持っています。表面の透き通るような光沢とエレガントなヘリンボーンが相まって、涼しげで凛とした気品のある表情に。リネン混ならではのサラッとした爽やかな肌触りで汗をかいてもベトつきにくいので、春先から初夏の着用に適しています。
PAGE 2

◆ おすすめのアウター 02 「サファリ風シャツジャケット」

大人の男性ならではな、タフなだけじゃない品の良さも演出可能

ジャケット6万5000円/ルイジ ボレッリ(ルイジボレッリトーキョー青山店)
https://www.luigiborrelli-onlinestore.jp/fs/borrelli/OUTER/1001915102
こちらの「OWX083」は、両胸と両腰にフラップ付きのプリーテッドポケットをあしらうことでサファリジャケット特有のタフなイメージが打ち出されていますが、クリーンなリネントロピカル生地を使用しているため、上品さや大人っぽさを損なうことなく着こなせます。しかも、副資材を省いたシャツジャケット仕立てになっているので、軽く、涼しく、爽やかな着心地で、春だけではなく夏にも着用できます。
使用されている生地は、厳選されたリネン素材(亜麻科の一年草フラックス、いわゆるアイリッシュリネン)から作られた細番手糸をじっくり織り上げた“トロピカル”と呼ばれるもの。シャツ生地よりもひと回り厚手でハリ感のあるシャツジャケット用の平織物になります。常にサラサラした状態がキープされるので、とにかく着ていて気持ちがいいのです。
こちらのサファリ風シャツジャケットですが、ブラウン系以外にもネイビー、オリーブ、ホワイトなどの色バリが用意されています。軽くて着やすいので、コーディネートによっていくつか揃えるというのも手ですよ。着用期間が長く、お値段的にも手が出しやすいので、気軽にトレンドを楽しみたいという方にうってつけ。これ一着で旬な着こなしが完成するので、是非ともワードローブに加えてくださいませ。
PAGE 3

◆ おすすめのアウター 03 「スエードブルゾン」

纏うだけでリッチでエレガントの極みなレザーアウター

ジャケット18万円/ルイジ ボレッリ(ルイジボレッリトーキョー青山店)
https://www.luigiborrelli-onlinestore.jp/fs/borrelli/OUTER/1001915501
不朽の名作バルスタリーノを現代的にアップデートしたのが、新作「OW087」です。首元にダブルボタンがあしらわれたスタンドリブカラー、軽やかなショート丈、サイドポケットが付いた両腰のフラップパッチポケット、袖口・裾まわりのリブなど、時代を経ても変わることのないバルスタリーノの完成されたデザインを継承しつつ、胸まわりや袖のもたつきを省くことで、すっきりした印象に仕上げています。
こちらのジャケットはアンライニング仕様にすることで、軽さを追求している点も見逃せません。シャツ並みの軽量ぶりなので春夏の着用にはもってこいです。バルスタリーノの普遍的デザインを損なうことなく、素材とシルエットのアレンジによってスポーティー&ラグジュアリーな面構えに仕上げたタウンユースに映える一着です。
素材には、極上のラムスエードを採用。一瞬ヌバックかと勘違いするほど繊細なキメを持つラムスエードは贅沢そのもの。軽くて柔らかくてしっとりしていて、モチッとした弾力があります。驚くほどキメが細かいので、レザーであるにもかかわらず、カシミヤのような繊細で上品な風合いに。ボレッリではこのラムスキンを使い、床面をサンドペーパーで削り、まるでビロードのように滑らかな質感に仕上げています。

ファクトリーを一新させて、アウターやシャツがさらに進化

コチラでご紹介しているアイテムは、すべてナポリの名門ルイジ・ボレッリのコレクションです。1957年にナポリのカミチェリア(シャツ業)として創業し、手仕事を多用したその着心地のよさと美しい仕立てで、世界中の洒落者たちに愛されてきました。最近はシャツのみならず、ジャケットやボトムズ、ニットなどを揃えたトータルラグジュアリーブランドに成長を遂げています。東京にもショップがありますので、ぜひ足を運んでみてください。

■ お問い合わせ

ルイジボレッリトーキョー青山店 03-6419-7330
http://www.luigiborrelli.jp

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL