• TOP
  • FASHION
  • 春先レザーブルゾンは“青山系”が正解です!

2019.03.25

SPONSORED

■ 「ボス」の新作ウエア 

春先レザーブルゾンは“青山系”が正解です!

肌寒い春先はレザーブルゾンが重宝します。が、大人世代にはゴリゴリに男臭いソレより、都会的なデザインで極上素材の“青山系”がふさわしい。「ボス」の新作ブルゾンは、まさにその筆頭格です!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/渡辺修身 スタイリング/坂井辰翁 ヘアメイク/Takuya Baba(SEPT) 文/持田慎司

2019年5月号より
春のお洒落に欠かせないアイテムといえば……。そう! レザーブルゾンです。なかでも最近は、男臭さムンムンなソレではなく、洗練されたムードを纏う"青山系"のソレが断然気分。均整のとれた都会的なデザインと極上の素材とが織りなすハーモニーが心地よさすら感じさせる「ボス」の新作は、まさにその好例なのですよ。

春の街で抜群の存在感を放つ
発色美しきブルー

ブルゾン14万円/ボス(ヒューゴ ボス ジャパン)
イームズ夫妻が手がけた、カリフォルニアの名建築ケーススタディハウスにインスパイアされたコレクション。イームズハウスの色鮮やかな壁面を彷彿させる発色美しき“ピオニーブルー”が目を引きます。しなやかなラムレザーを贅沢に用いており、その上質さはひと目でうかがい知れるところかと。

細部にいたるまでとことん上質です

裾の部分にあしらわれたリブまでもが、もれなく極上のラムレザー製。ディテールにまでとことんこだわっているのです。ちなみにフロントは、着こなしのアレンジも自由自在なダブルファスナー仕様。

青山っぽくするならトーンを合わせて

ニット3万円、パンツ3万8000円/ともにボス(ヒューゴ ボス ジャパン)
“青山系”のレザーブルゾンをお手軽に青山っぽく着こなすなら、合わせるアイテムのトーンをブルゾンの色味に近づけるのがオススメ。定番色のネイビーを多用すれば、シックにキマります。
PAGE 2

大胆なのに上品な
カラーブロッキングに注目

ブルゾン10万5000円/ボス(ヒューゴ ボス ジャパン)
ホワイトのパーツはソフトナッパ、ベージュのパーツはヌバックという異なる色味と質感を組み合わせることで、抜群の存在感と大人っぽいムードとを同居させたレザーブルゾン。繊細なツートーン仕立てゆえ、エルボーパッチを配したスポーティなデザインながら上品さはしっかりキープします。

よく見りゃ……な、さり気なさが秀逸

一見すると同じ素材で色のみを切り替えているようですが、よく見てみると、実はナッパとヌバックで風合いにも変化をつけていることがわかります。ゆえ、出会いの季節の接近戦に効果絶大なのですよ。

ブルゾンとパンツでトーンを揃えれば

ニット3万8000円、シャツ1万9000円、パンツ2万4000円、バッグ5万円/すべてボス(ヒューゴ ボス ジャパン)、サングラスはスタイリスト私物
洗練された“青山系”な着こなしが即完成。ブルゾンのインパクトが十分なので、あとはシンプルにまとめるだけです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ヒューゴ ボス ジャパン 03-5774-7670
URL/www.hugoboss.com/jp/home

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

春先レザーブルゾンは“青山系”が正解です! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト