• TOP
  • FASHION
  • 【検証】で、最高峰シューズって何がイイの? その魅力をお伝えしましょう!

2019.03.27

【検証】で、最高峰シューズって何がイイの? その魅力をお伝えしましょう!

数あるビジネススタイルのアイテムのなかでも、できるかぎり“ハイ”なものを選びたいのがドレスシューズ。ジョン ロブ、エドワードグリーン、ジェイエムウエストンなどなど、装いの品格を底上げするとっておきの銘靴をご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/小野塚雅之 文/押条良太(押条事務所)

シューズ選びはとっても大事なんです

スーツが「絵画」なら、靴は「額縁」のようなもの。どんなに上等なスーツを着ていても、靴がいまいちなものならば、決して様になりません。反対に最高級の靴さえ履いていれば、着こなしの風格は2倍、3倍増しに。そう、ビジネスマンにとって靴は賢い投資というわけ。

で、狙うは当然、とびきり“ハイ”なブランド。英国、イタリア、フランスから革靴愛好家が憧れる5ブランドの間違いない9足をピックアップ。ブランドのプレステージ性はもちろん、末永く履き続けられる高い品質や快適な履き心地、トレンドに左右されない普遍性など、投資する価値が十二分にあるモデルを厳選しました。

◆ ジョン ロブ

英国靴の王者が放つニューモデルは色気も履き心地も絶品

左から17万5000円、30万円/ともにジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
左/超コンフォートな履き心地が話題の「ジョンロブ」TENSILシリーズに定番ストレートチップの「シティⅡ」が仲間入り。内側の履き口の周囲だけがレザー貼りで、前半分はアンラインライニングになっているため、快適なフィット感と卓越した屈曲性が生まれます。ラストは足なじみのいい7000番。

右/2019年のイヤーモデルは、パリのビスポークアトリエとの共同で生み出された0118ラストを使用した一足。一枚革のホールカットのアッパーがその美フォルムを際立たせます。職人が手縫いしたシェブロンステッチもポイント。
PAGE 2

◆ サントーニ 

職人の超絶技巧が凝縮された珠玉のイタリア靴

27万円 ※サントーニ トーキョー限定/サントーニ(リエート)
「サントーニ」の最高級ライン、リミテッドエディションの新モデル。しなやかで足なじみがいいハンドソーンウェルテッド製法(手縫い)や美フォルムを際立たせるレベルソ仕立て(ステッチを見せない仕立て方)など、まさに職人技のオンパレード。

さらに同ラインのみの特別な色付け技法"ルノワール"によって、えもいわれぬ色気が生まれています。また、アッパーのサイドにあしらわれたエラスティックのおかげで着脱も楽ちん。オリジナルのシューツリー、シュークリーム、シューホーンがセットになっています。

◆ エドワードグリーン

「品位ある色気」を体現する英国靴の最高峰

左から16万3000円、15万9000円/ともにエドワードグリーン(エドワードグリーン銀座店)
左/アッパーのサイドまで伸びたストラップがモダンなイメージを演出する「オードリー」。ラストは915。カクンと落ちたチゼルトウと全体的にスリムなプロポーションの相乗効果によって、足を細くすっきり見せる視覚効果を生み出します。

右/英国靴の聖地ノーサンプトンの最高峰に君臨する「エドワードグリーン」の看板というべきストレートチップが「チェルシー」です。ラストは名作82ラスト。すらりと伸びたノーズや優美な曲線を描くトウなど、パーフェクトなバランスが靴愛好家を魅了し続けるマスターピースです。
PAGE 3

◆ ジェイエムウエストン 

モダンとクラシックを融合させるフランス靴の名門

左から32万円、13万円/ともにジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店) 
左/シグニチャーローファーやゴルフと並ぶ歴史的モデル「ハント ダービー」。職人が手縫いによってアッパーとソールを縫い合わせる頑健なノルヴェジアン製法に、防水効果を高めるガゼットタンを組み合わせた入魂の一足。山歩き用シューズならではの厚底ソールは足元のポイントに好適です。

右/2018年からブランドの指揮を執るアーティスティック・イメージ&カルチャー・ディレクター、オリヴィエ・サイヤール氏のセンスが冴えわたる新モデル「ラファエル」。クラシックなストレートチップのパーフォレーションを途中で反転させたような独創的なデザインがさりげないお洒落を演出します。

◆ ガジアーノ&ガーリング 

本格ビスポークシューズを彷彿とさせる流麗フォルム

ともに18万円/ともにガジアーノ&ガーリング(トレーディングポスト青山本店)
左/その名の通りレースステイの横に大胆なエラスティックがあしらわれた「サイドエラスティック」。デザイン性もさることながら、スムーズな着脱にもひと役買う技ありのディテールです。アッパーはハッチグレインという独特のシボのある型押しレザー。

右/2006年に設立された英国ブランドの代表作が「アデレイド」です。その見どころは、スクエアトウから立ち上がる流麗なシルエットとメリハリのきいたプロポーションが醸し出す洗練された色気にあり。範囲が大きくとられた羽根部分のレースステイがモダンなアクセントをきかせます。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

エドワードグリーン銀座店 03-3573-6055
ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691
ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010
トレーディングポスト 青山本店 03-5474-8725
リエート 03-5413-5333

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【検証】で、最高峰シューズって何がイイの? その魅力をお伝えしましょう! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト