• TOP
  • FASHION
  • 【まとめ】大人のアウトドアなアイテム総集編

2019.03.10

【まとめ】大人のアウトドアなアイテム総集編

スポーティな着こなしに注目が集まる昨今、大人が取り入れるならまずアウターからがオススメです。即いまどきに見えるアイテムと着こなしをどうぞ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/稲田一生 文/池田保行(Zeroyon)

アウトドアなアイテムを大人に着こなす小ワザとは

メンズファッションの大きな潮流の一つになったスポーティなスタイル。スポーツやアウトドアを出自とするアイテムをミックスするわけですが、実は大人が品良く着こなすにはコツがあるんです。

取り入れるのは、マウンテンパーカなどおなじみのアイテムですが、出来るだけシンプルなものを選び、グレスラやベルテッドコートなど大人なアイテムと合わせるのがポイント。そんなお手本コーディネートをご紹介します。

● アノラックパーカの場合 

今どきなユーティリティコートのインに差し色使い

ブルゾン10万9000円/ヘルノ(ヘルノ・ジャパン)、コート14万7500円/オーバーコート(大丸製作所2)、パンツ3万1000円/ジャブス アルキヴィオ(エフイーエヌ)、サングラス4万3000円/ホワイトスクリーン(ポーカーフェイス ヌーヴ・エイ アイウエア事業部)、靴2万9000円/デイト(ティースクエア プレスルーム)
こちらのアノラックはクラシコ・イタリア協会にも所属する「ヘルノ」のアイテム。ゆえに機能性はもちろん、スタイリッシュなルックスはリアルアウトドアのソレとは別格のリッチな風情が漂います。

プルオーバータイプのアノラックパーカはアウターと思われているかもしれませんが、スウェットパーカをジャケットやコートのインに着るように、インナーとして着ることができるのがポイントです。

とくに、いまどきな機能性素材のコートとの相性がいいので、レイヤードすればコーデは簡単。それにナイロンアノラックは鮮やかなカラーのものが多いので、差し色としてもかなり有効なんです。黒系でまとめるユーティリティなスタイルも、新鮮にこなせますよ。
PAGE 2

● マウンテンパーカの場合 

テーラードJK感覚でドレスパンツと合わせて

マウンテンパーカ4万円/シエラデザインズ(アリガインターナショナル)、ニット3万7000円/ドルモア、パンツ2万5000円/ジェルマーノ(ともにバインド ピーアール)、サングラス2万3000円/アイヴォル×ブリーフィング(アイヴァン PR)、ベルト2万6000円/サイ(マスターピースショールーム)、靴3万5000円/ナショナルスタンダード(ティースクエア プレスルーム)
マウンパを街着として大人っぽく着るなら、テーラードジャケット感覚で羽織るのが基本。というわけで、ボトムにクリース入りのパンツは外せませんよね。

インは春らしく色のある、きれいめニットを合わせて、足元は白スニでハズしを狙って。マウンパのセレクトもアウトドアっぽいカラフルな色ではなく、あえてシックな黒を選ぶのも街着として着るための賢い選択です。

マウンテンパーカの代名詞ともいわれる「シエラデザインズ」の”ロクヨン”パーカは、グリーンやオレンジ、ベージュなんかが定番色ですが、こんな黒もあるんです。これ、街着に使いやすそうじゃないですか?

アウトドア系アウターの着こなし方がもっと見たい方はこちら

◆ ジー ゼニア 

防水性も兼ね備えた心強いテニスパーカ

16万2000円/ジー ゼニア(ゼニア カスタマーサービス)
防水透湿性がある3レイヤーコットンを使ったフーデッドブルゾンは、テニスパーカにインスパイアされたデザイン。ボタンはラバー製で、糸ではなくボディに直接固定されているので、アクティブに動ける安心設計です。

縫製部分は裏から止水テープが貼られていて雨水などの滲み込みを防いだり、ポケットは口折れ式で雨が入りにくいなど、防水機能もしっかりと考慮されているんです。

フードを取り外せば、スタンドカラーのショートブルゾンとしても着ることもできます。
PAGE 3

◆ バブアー 

ミリタリーテイスト溢れるノンオイルドバブアー

7万8000円/バブアー×エンジアード ガーメンツ(バブアー 銀座店)
フロントには大小様々なユーティリティポケットを、バックにもフラップポケットを2箇所配した「トンプソン ジャケット」は、エンジニアードガーメンツとバブアーのコラボ第二弾として登場。

こちらはオイルドクロスではなく、薄手のコットンファブリックにラミネート加工を施したものゆえ街着として着るのにぴったり。

かつてEGのデザイナー鈴木大器氏が、好きが高じてオイルが抜けたヴィンテージバブアーの風合いを作り出そうと、洗濯機にかけたことがあるという逸話からあるほど。まさにコレ、そんな逸品です。

アウトドア系アウターがもっと見たい方はこちら
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アイヴァン PR 03-6434-5027
アリガインターナショナル 03-6659-4126
エフイーエヌ 03-3498-1642
ゼニア カスタマーサービス 03-5114-5300
ティースクエア プレスルーム 03-5770-7068
バインド ピーアール 03-6416-0441
バブアー 銀座店 03-6264-5569
マスターピースショールーム 03-5414-3385
ヘルノ・ジャパン 03-6427-3424
ポーカーフェイス ヌーヴ・エイ アイウエア事業部 03-5428-2631

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL