• TOP
  • FASHION
  • 【注目】別注アイウエア厳選8本。メガネのプロが手がけた逸品はコレ!

2019.02.22

【注目】別注アイウエア厳選8本。メガネのプロが手がけた逸品はコレ!

キャラ立ちするメガネやサングラスを求めるなら、メガネショップ発の色別注か、ブランド同士のコラボモデルから探すのも一興です。インラインのコレクションとは一線を画す、アイコニックな良き相棒が見つかるかも知れません。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/瀧川修平

運命の一本に巡り会えるかも

アイウェアシーンでよく見られるのが、メガネショップ発の色別注です。東京を中心とする感度の高い有力セレクトショップが、取り扱いブランドにオリジナルカラーをリクエスト。テンプル裏に店名が刻印された、そこでしか買えない限定色というケースが大半を占めます。さりげない変化ではありますが、アイウェアにおける微差は目元では大差。インラインで展開されるカラバリでは納得できない方には、渡りに船の一本となるに違いありません。

一方、アイウェアブランドとアパレルブランドによるコラボレーションも狙い目です。ゼロから世界観を作り上げるこちらは、両ブランドのコレクションにも影響するほどコンセプチュアルなデザインが目白押し。周囲とは一線を画す目元を求めるなら、うってつけな選択でしょう。
PAGE 2

◆サイ×グローブスペックス 

天才たちの目元を拝借

上:2万9000円、下:3万9000円/サイ スペックス(マスターピースショールーム/グローブスペックス エージェント)
ドメスティックアパレルブランド、サイと、世界一のアイウェアショップとして注目を集めるグローブスペックスが満を持してコラボレーション。サイ スペックスという両者の名前を冠し、アイコニックなアーティストをイメージした新ブランドをスタートさせました。

上のフォックスタイプは、バディ・ホリーをイメージした「ハーディン」、下のラウンドシェイプはジョン・レノン由来の「ウィンストン」。両者のミドルネームから命名されたこだわり尽くしのファーストコレクション、ファンならずとも興味を惹かれるコンセプトです。

◆イッセイ ミヤケ×金子眼鏡

捻りを加えた華奢なテンプルがさりげない

上:4万2000円、下:4万円/ともにイッセイ ミヤケ アイズ(オプティシァン ロイド)
2015年に始動したイッセイ ミヤケ アイズは、鯖江屈指のアイウェアメーカーとして名高い金子眼鏡が手掛けるアイウェアプロジェクト。その5作目となるサングラスが「ボーンシリーズ5」です。

80年代のミディアムサイズ、90年代に見られたハーフリム、それ以前の繊細なアンティークスタイルや伝統的なレンズシェイプなど、時代を代表する多様なエッセンスを再解釈。懐かしさと新しさをミックスさせた多様な雰囲気を漂わせます。
PAGE 3

◆10アイヴァン×コンティニュエ 

淡色グリーンレンズが清涼感満点

クリップオン2万4000円/10アイヴァン×コンティニュエ、眼鏡6万4000円/10アイヴァン(以上コンティニュエ)
“美しい道具”をコンセプトに、ネジ一本からこのために製作された10のパーツからなる10アイヴァン。その、しなやかなチタンシート製ブリッジを行き来するスライド式の独自構造で一躍注目を集めたクリップオンに、コンティニュエが淡色レンズを別注。

装着するとダブルブリッジに変身するのもコストパフォーマンスに拍車を掛けます。ベースとなるのはスクエアな「No.1」と、パントな「No.3」の2モデルで、シルバーとゴールドの2色展開。ヘキサゴンシェイプの「No.2」とウェリントンの「No.4」は未展開ゆえご注意を。

◆イエローズ プラス×デコラ 

往年の名作をいいトコどり!

各2万9000円/イエローズ プラス×デコラ(デコラ)
クラウンシェイプのブロウラインとスクエアな下リムを融合させたクラウンパントならぬ“クラウンスクエア”なイエローズプラスの新作「グラント」を、関西発の名店デコラが色別注。

これまでなかったネイビーとクリアマットなブラウンの2色にリファインされました。この手のクラシックなアセテートフレームには珍しくクリングスとノーズパッド付きゆえ、掛け心地も良好。フロントとテンプルをかしめる3点鋲もエッジーな表情と好相性です。
PAGE 4

◆新吉原×ブリンク 

艶っぽさにはワケがあります

サングラスとメガネ拭きセット3万5000円/新吉原×ブリンク(ブリンク)
東京都台東区出身ということから意気投合した外苑前のアイウェアショップのブリンク店主と、遊郭をテーマに据えたプロダクトブランド、新吉原のデザイナーにより開催される“お艶賀2019”というイベントでお目見えしたのがこのサングラス。

レンズメーカーが手掛けるサングラスブランド、シングラスの「TOKI」というクリアウェリントンをベースに、奢侈禁止令により江戸時代では禁色とされていた高貴な紫色のレンズを搭載。3者コラボな上、菱川師宣の春画『床の置物』にインスパイアされたイラスト入りのメガネ拭き付きでこの価格はお値打ちです。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

オプティシァン ロイド 03-3423-0505
グローブスペックス エージェント 03-5459-8326
コンテニュエ 03-3792-8978
デコラ トウキョウ 03-3211-3201
ブリンク 03-5775-7525
マスターピースショールーム 03-5414-3531

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【注目】別注アイウエア厳選8本。メガネのプロが手がけた逸品はコレ! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト