• TOP
  • FASHION
  • 【解決】大人がスーツを買う時に、注意すべき3点。

2019.02.15

【解決】大人がスーツを買う時に、注意すべき3点。

スーツの流行は少しずつですが確実に変化しています。今年のスーツは、数年前に購入したスーツとはやっぱりどこか違っているもの。とくにシルエットは重要で、いまどきはあまり細身すぎるスーツは避ける方がいいかと。スーツの購入にもアップデートが肝心です。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) イラスト/林田秀一 スタイリング/稲田一生 文/池田保行(04)

ピタピタすぎないサイジングを選ぶべし

少し前に流行したスーツは、極端にデフォルメしたニューシルエットでした。例えば、ヒップが隠れないほど着丈が短かったり、ボタンを止めると前身にX字のシワが入るほどタイトな上着だったり。パンツの裾幅も極端に細く、丈も今見ると短すぎるくらいの長さでしたよね。そんな反動からか今季のスーツはそこまでタイトではないクラシックなシルエットへと揺り戻しています。

ジャケットの着丈はヒップが隠れる長さになり、腕周りもタイトすぎないサイジング。パンツも美シルエットですが、テーパードはユルめになっています。裾丈はきちんと足首が隠れるくらいに調整すれば、余裕ある大人のスーツスタイルが完成です。

スーツを長く愛用するのはもちろんいいことですが、いつまでも昔のスーツだけを着ていると、センスも思考もアップデートできない男と思われてしまうかもしれません。こういうところはきちんと押さえておいてくださいませ。

● おすすめのスーツ その1 「バーニーズ ニューヨーク」 

定番モデルが英国調にリニューアル

15万円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)
オリジナルのマジソンモデルを昨秋リニューアル。従来モデルの軽やかな着心地を継承しつつも、英国調のやや構築的なフォルムにモディファイされました。監修したのは自由が丘の名店キリンテーラーズ。「グローバルスタンダード」をテーマに、ドロップ7で幅広い体型にフィットするスーツに仕上がっています。
PAGE 2

● おすすめのスーツ その2 「ブルックス ブラザーズ」 

細身に見えつつ、実はゆとりのある着心地

9万9000円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)
ブルックス ブラザーズのオリジナルスーツは「マジソン」「リージェント」「フィッツジェラルド」「ミラノ」の4モデル。こちらのスーツはアメリカントラッド伝統のゆったりしたシルエットを適度に絞った「リージェント」です。着心地は程よくゆとりがありますが、ハイゴージ&ナロウラペルのデザインでスマートに見えるんです。

● おすすめのスーツ その3 「カンタータ」

男のクロゼットにあるべきダブル

ジャケット24万円、パンツ8万5000円/ともにカンタータ(カルネ)
細身で着丈の短いコンパクトなダブルブレステッドスーツがトレンドですが、カンタータのダブルは流行を意識しすぎないクラシックスタイル。こだわりの素材を使い、伝統的な職人技術と旧式の機械で仕立てられたスーツなのです。これぞ男のクロゼットにあるべき一着といえるでしょう。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007  
ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-185-718 
カルネ 03-6407-1847

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【解決】大人がスーツを買う時に、注意すべき3点。 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト