• TOP
  • EVENTS
  • 彼女と楽しめる都心の「十五夜」イベント6選

2018.09.09

彼女と楽しめる都心の「十五夜」イベント6選

今どきの観光地から、歴史古い神社や公園まで、都心で彼女と楽しめる月見イベントをまとめてご紹介します。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/木村千鶴

都心で月見なんてできるの? とお思いのアナタ、はい、お任せください。実はこの時期、都内でも仲秋の名月を楽しむイベントがいろいろ予定されているのです。
今年の「十五夜」は9月24日。満月ちょっと手前の「待宵月」(正確な満月は25日11時52分!)となります。実は「十五夜(=中秋の名月)」って必ずしも満月とは限らないのですね。それでは“満月イブ”と言った感じのこの晩に、都心で月見を楽しめる、とっておきのスポットをご紹介しましょう。

六本木ヒルズの屋上で中秋の名月を撮影しませんか?

六本木ヒルズ森タワー52階の東京シティビューでは 9月13日(木)~30日(日)の期間、さまざまなお月見イベントを開催しています。
実は、六本木ヒルズには「六本木天文クラブ」という会があって、星空観望会や、天文に関するセミナー・ワークショップなどを入会不要、自由参加で開催しているのです(セミナーは要事前申込み)。「星のソムリエ(R)」の資格をもつ泉水朋寛さんをはじめ、スタッフの皆さんがわかりやすい言葉で宇宙や星空についてレクチャーしてくれますよ。 
十五夜当日には屋上のスカイデッキで観月会が開催されるので、彼女と一緒に天文の専門家の話を聞きながらお月見を楽しむのもよいかもしれません。また観月会に加え、ミニ撮影体験も実施。さらにもっと詳しくフォトセミナーについて知りたい方は3階プレゼンテーションルームで月を綺麗に撮る方法をレクチャー後、スカイデッキで実際に月の撮影するセミナーも(要事前申込み)。27日には月を素材にした面白写真撮影会セミナーも開催(要事前申込み)。SNSへのアップが楽しくなりそう。
そして森タワー52階に位置するレストラン・ラウンジ「THE MOON Lounge」では、中秋の名月にちなんだペアリングが楽しめるメニューを提供。その名のとおり、こちらのインテリアは月や宇宙を連想させるモチーフで統一されています。観月会後のディナーにぜひどうぞ。

◆ 六本木ヒルズ 東京シティビュー

住所/東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
開館時間/平日・休日 10:00~23:00(最終入館 22:30) 、金・土・休前日 10:00~25:00(最終入館 24:00)。
屋上 スカイデッキは月~日 11:00~20:00(最終入場 19:30)。ただし9月24日のみ~21:00(最終入場20:30)
料金/展望台入館料 一般1800円 スカイデッキ追加券500円
URL/https://tcv.roppongihills.com/jp/
問い合わせ/☎ 03-6406-6652

NEXT PAGE2/ 6

東京タワーはお月見ダイアモンドヴェールに変身

東京タワーの外階段を彼女と昇りながら、ヒ~フ~名月鑑賞

東京タワーでは9月24日の中秋の名月にちなんで、年に1度のライトアップ「お月見ダイアモンドヴェール」が点灯されます。この日の東京タワーは上半分を消灯し、星をちりばめたような美しい控えめな姿でドレスアップ! 名月の引き立て役に徹するのです。

そして通常は日中のみ解放されている外階段が、「十五夜」に限り17時~22時まで特別に夜間開放。600段ある外階段は、日頃運動不足の大人にはちょっとキツいかもしれませんが、彼女とふたり、息を切らしながら眺める「十五夜」は、きっと一生の思い出になるはず。355段目付近の踊り場にはお団子やススキがお供えされていますよ。
さらに高いところからの月見をお望みなら、この3月にリニューアルされたばかりの、地上250mに位置するトップデッキ(旧特別展望台)まで昇ってみてはいかがでしょう。こちら、事前予約が必要ではありますが、都心を見下ろす夜景の美しさは抜群。下界の灯りより、大きな満月の方がより身近に感じられるかもしれませんよ。

◆ 東京タワー

住所/東京都港区芝公園4-2-8
営業時間/メインデッキ 9:00~23:00(最終入場 22:30)トップデッキツアー 9:00~22:45(最終ツアー22:00~22:15)
展望料金 メインデッキ 大人900円 トップデッキツアー(事前予約・時間指定制)大人 2800円
URL/https://www.tokyotower.co.jp/
問い合わせ/☎03-3433-5111

NEXT PAGE3/ 6

ジャズライブからラウンドシアターまで

東京スカイツリー(R)の天望デッキから見られるのは日本百名月!

(C)TOKYO-SKYTREE
東京スカイツリータウン(R)では9月3日~30日の期間、「大人が愉しむ、秋の夜長」をテーマとした各種イベントを開催しています。東京スカイツリーから望む月は、一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローにより「日本百名月」に認定されています。まさに都心で眺められる最高の名月! 
高さ350mの天望デッキでは月と火星が接近する20日と中秋の名月24日に、天体望遠鏡を使用した鑑賞会を開催。窓ガラスをスクリーンに仕立てた「SKYTREE ROUND THEATER(R)」では「奇跡の月 project by 丸々もとお」を上映。さらに毎金曜夜には、MALTA氏率いるJAZZユニット「MALTA planet band」及びJILLE氏によるジャズライブを開催とイベント尽くしのスカイツリー。しかもいずれも天望台までの入場料のみで楽しめるというのはお得にして贅沢なサプライズです。
東京で一番高い場所で楽しむバラエティ豊かな月見体験、ぜひご堪能あれ。

◆ 東京スカイツリー

住所/東京都墨田区押上1-1-2
料金/天望デッキ入場料 一般 当日2060円 
URL/http://www.tokyo-skytree.jp/
問い合わせ/☎0570-55-0634
ここからは打って変わって、昔ながらの雅な月見を楽しみたいカップルのための鑑月会をご紹介。しっぽりと大人のムードで味わう月見もいいものですよ。

NEXT PAGE4/ 6

雅楽や神楽舞を奉納する十五夜の神遊び

大宮八幡宮で1300基の竹灯籠に囲まれた神秘的な月見体験

杉並にある大宮八幡宮は源頼義が建立し、1000年近い歴史をもつ由緒ある神社。毎年十五夜に合わせた奉納イベントが行われており、今年も9月24日18時から「十五夜の神遊び」が斎行されます。これは境内に並べられた約1300基の竹燈籠に灯りを点し、神前で雅楽や神楽舞を神様に奉納するという催し。竹灯籠には参加者が自ら灯りを灯して参加することができます。
「神慰め」、「神祭り」とも言われる伝統の催しは、厳かにして神秘的な雰囲気。今年は「月の音舞台」と銘打った尺八の奉納演奏も予定されています。当日は21時まで夜間参拝が可能。ライトアップされた境内と幻想的な竹灯籠の灯り、そこから見上げる満月手前の待宵月。何とも風流な夜が過ごせそうです。

◆ 大宮八幡宮

住所/東京都杉並区大宮2-3-1
時間/十五夜の神遊びは開場17:00、開演18:00~。神楽舞・雅楽の奏納19:00~。尺八の奉納演奏19:00~
料金/無料
URL/http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/
問い合わせ/☎03-3311-0105

NEXT PAGE5/ 6

唯一現存する江戸の花園で見る月は

秋の草花が美しい向島百花園で江戸情緒溢れる乙な月見を

1804年に開園し江戸時代の花園として唯一現存する向島百花園。長らく文人墨客が集うサロンとして特に秋の草花の美しさで知られたこちらで、江戸情緒溢れる月見を楽しむというのはいかがでしょう。
9月23日(日)~25日(火)のお月見期間中は21時まで開園。初日の17時には萩のトンネル近くの藤棚前に団子や野菜等お供えをし、篠笛の演奏が行われます。期間中は日暮れになると設置した俳句・俳画の描かれた絵行灯35基にろうそくの灯が入り、江戸の夕景を思わせる光景が園内に広がります。数寄屋造りの集会施設、御成(おなり)座敷(ざしき)では向島百花園茶会によるお点前が披露され、園内には箏(そう)の演奏が響き渡ります。江戸の花園から眺める月は、いつもとちょっと違う郷愁をさそうものとなるかもしれません。

◆ 向島百花園

住所/東京都墨田区東向島3-18-3
開園時間/平日:9:00-17:00(入園は16:30まで)
入園料/一般150円、65歳以上70円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
URL/https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html
問い合わせ/☎03-3611-8705

NEXT PAGE6/ 6

心静まるいにしえの音楽とともに

日枝神社で雅楽の調べに浸っていにしえ人の月見を想う

江戸三大祭りのひとつ、山王祭が行われることでも有名な赤坂の日枝神社。都心の一等地に位置するこちらの神社でも、中秋のイベントとして、9月24日18時より「中秋管絃会」が行われます。こちらはいわば雅楽のコンサート。
雅楽とは日本古来の古楽に中国から伝来した音楽や舞が加わって融合し、長い歴史の中で育てられ、宮廷の儀式や祭祀で演奏されてきた世界最古・最高の古典芸術といわれる音楽です。その独特のリズムや調べは聞くだけで心がいにしえの世界へと誘われる不思議な魅力に満ちています。
「中秋管絃祭」は長い伝統に培われてきた雅楽を正しく伝え、万民の和楽を祈りつつ神慮を和めまつる楽典として企画されたもので、当日は「山王太鼓」に続き「雅楽」「巫女舞」「舞楽」が奏される予定です。都会の真ん中でいにしえの音楽を聞きながら月を眺めれば、心が鎮まる秋の夜となりそうですね。

◆ 日枝神社

住所/東京都千代田区永田町2-10-5
時間/中秋管絃会は開場17:30、開演18:00
入場料/前売り・当日券ともに3000円
URL/https://www.hiejinja.net/index.html
問い合わせ/☎03-3581-2471

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事