• TOP
  • ELECTRONICS
  • 小っさ! 出張時のスマホやPCは、コレ1個で爆速充電できるんです

2019.11.24

小っさ! 出張時のスマホやPCは、コレ1個で爆速充電できるんです

スマホやPCの充電器は、いざ必要な時に限ってその場にないもの。でもアンカーの「PowerPort Atom PD 1」なら、超軽量・コンパクトサイズだからいつでもどこでも持ち歩けちゃうんです!

CATEGORIES :
CREDIT :

文・写真/平井敦貴 

Anker「PowerPort Atom PD 1」(3499円)
https://www.ankerjapan.com/item/A2017.html

最近話題のGaNって?

スマホにPC、タブレット。今の時代は充電の必要なものばかりです。これが出張ともなると、それぞれ別の充電器を用意しなければならず、荷物の邪魔になったり…そんな経験、皆さんもありませんでしょうか?

そこで最近話題となっているのが、素材に「GaN(窒化ガリウム)」を採用し、超・小型軽量化を実現した急速充電器です。

このGaN(窒化ガリウム)はシリコン半導体に代わる次世代の素材と言われ、それにより軽量・コンパクトながらも大容量の充電が可能となりました。

で、その先駆けとして大ヒットとなっているのが、こちらアンカーの「PowerPort Atom PD 1」なんですね。
PAGE 2

USB Type-C対応で30Wの出力

iPhoneの充電器より少し大きく、iPadの充電器とほぼ同等の大きさ。
サイズは約35×41×55mmで、重さは約53g。ゴルフボールと同じくらい、といえばイメージが伝わるかもしれません。ANKERはグーグルの元エンジニアたちが立ち上げたエレクトロニクスブランドで、その製品力の高さは折り紙付き。デザインもシンプルなので、モバイルバッテリーなどで愛用している方も多いかと思います。
左より、iPhoneの充電器(5W)、本製品(30W)、iPad Proの充電器(18W)、旧iPadの充電器(10W)、MacBookシリーズの充電器(29W)、MacBook Proシリーズの充電器(61W)。
そんな「PowerPort Atom PD 1」ですが、さまざまな充電器と比較してみると、そのコンパクトさに驚かされます。

iPhoneなどに付属する5Wの充電器(一番左)より少し大きく、iPad Proなどに付属する18Wの充電器(左から3番目)とほぼ同等のサイズです。それでいて本機は30Wまで出力ができるのが特徴。MacBookシリーズの充電器(右から二番目)の29Wよりも小型ながら、その出力は1W高いのです。
PAGE 3

大きさは一回り、でも出力ワットは6倍の差

iPhoneの充電器と比べてもその大きさは一回りしか違いません。ですが、出力ワット数は5Wと30Wと、6倍の差があります。
iPhoneの充電器と比べてもこの通り。5Wと30Wという6倍の性能差がありながらも、その大きさは一回りしか違いません。GaNにより小型化された本製品ですが、スマートフォンなら約30分の充電時間で最大50%まで充電することができます。また、USB Type-CのPD規格に対応しているPCであれば、十分にバッテリー充電が可能です。
MacBookなど、USB Type-Cでの充電に対応したノートPCとiPhone。もちろんiPadなどの充電にも対応するので、出張時の充電はコレとケーブルさえあれば解決です。
PAGE 4
スマートフォンやPC、ガジェット類の規格は徐々にUSB Type-Cに移行しつつあります。今買って絶対に損はないので、まだお持ちでない方はぜひお試しを。

Anker

「PowerPort Atom PD 1」
3499円(税込)
https://www.ankerjapan.com/item/A2017.html


この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL