2022.04.13

今、仮想空間はオトナの社交場です♡

「メタバース」という言葉が流行っていますが、リアルを楽しむ読者の中には、所詮は"仮想現実"と思っている方も多いでしょう。ですが最近はそうでもないようで──。ここでは、そんなメタバースやVR事情に詳しい桐島ローランドさんに、その楽しみ方を伝授していただきます。

CREDIT :

写真・文/桐島ローランド コーディネート/JUBILEE

世界中の男女が“メタバース”に夜な夜な集ってます

去年から流行中の「メタバース」という言葉、皆さんはご存知でしょうか? 仮想空間の中で自分の分身(アバター)を介して交流するのがその醍醐味ですが、実は今、一部でオトナの社交場になっています。ここではその魅力をほんの少しご紹介しましょう。

まず、メタバースにはスマホやゲーム機を使った2Dのものと、VRによる3D没入型があります。現状、メタバースで一番成功しているのは2Dゲームの世界で、特に戦いながら会話ができるバトル・ロワイアル系のゲームはオトナもハマる面白さ。「APEX」や「FORTNITE」など世界規模のタイトルも数多くあります。

ユーザー層も幅広く、僕自身も以前、とても上手な女性ゲーマーがいたので話しかけてみたら、なんと銀座のママでした(笑)。アバターなので実際にどんな顔をしているかはわかりませんが、ゲーム内で助け合ったりすると意外と惚れちゃったりするもの。それに自分自身もアバター化されているので、リアルではしないような会話で盛り上がったりもします。こういった出会いやコミュニケーションはまさにメタバースならではでしょう。

PAGE 2
▲ メタによるVRヘッドセット。オールインワン型のためPCやケーブルを用意する必要がなく、すっぽり頭にかぶるだけで仮想現実の中に入れます。操作性も秀逸で、実際に「物を掴む」ような操作も可能に。128GBモデル3万7180円/メタ https://www.oculus.com/quest-2/
VRの世界でいうと、今、爆発的にヒットしているのがフェイスブック改めメタの「Quest 2」。PCもケーブル接続も不要で、ヘッドセットをかぶるだけで“その世界”に入ったような没入感が得られます。ちなみに、コミュニケーションが目的なら「VR Chat」やメタが提供する「Horizon」シリーズはユーザーが多くてオススメです。ラウンジのような感覚で世界中の人と交流したり、バーチャル飲み会なんかも凄く盛り上がっています。お互いどんな顔をしているかがわからないので気楽といえば気楽ですし、アバターがどんな格好しているかでその人のセンスがある程度垣間見られるのも“ちょうどいい”距離感。

今、メタバースと言うとまだまだ2Dのほうが圧倒的に主流ですが、VR端末がもっと普及して、なおかつ五感をもっと刺激できるような技術的な進歩があれば、全世界人がユーザーになり得るんじゃないでしょうか。iPhoneが登場した時、あの小さい画面で買い物や読み物、映画鑑賞なんて絶対しないでしょ、って思っていたのが、5年で完全にスタンダードになりましたからね。
2022年5月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

● 桐島ローランド

フォトグラファー・3DCGエバンジェリスト。

1991年 ニューヨーク大学芸術学部・写真家卒業後、本格的にフリーランス・フォトグラファーとしてのキャリアをN.Y.でスタート。
1993年 東京に活動拠点を移し、多くのファッション撮影、広告撮影の他、ムービー作品も手掛ける。
2007年 パリ・ダカールラリー完走。
2014年 3DCGプロダクション、AVATTA設立、代表取締役に就任。ヴィジュアルクリエイターとして写真・ムービー等を制作する傍ら、3DCGが真のフォトリアルとして躍動し融合を果たすことを目的としたエバンジェリストとしての活動を行う。国内外を問わず、多数のテクノロジーオリエテイティドなカンファレンスなどにも出席、マイクロソフトの販売代理店アドバイザー、自動二輪車メーカーのアンバサダー等も務める。
2018年 AVATTAがサイバーエージェントグループとなる。
2019年 総合3DCGプロダクションとして、「株式会社CyberHuman Productions」となる。現在、同社取締役。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        今、仮想空間はオトナの社交場です♡ | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト