• TOP
  • ELECTRONICS
  • ソニーの“穴あき”イヤホン、「LinkBuds」を使用レビュー!

2022.04.06

ソニーの“穴あき”イヤホン、「LinkBuds」を使用レビュー!

「耳を塞がない」イヤホンって一体どういうこと!? ドライバーの真ん中に穴があいたワイヤレスイヤホン、ソニー「LinkBuds」。その使い勝手やつけ心地をフォトグラファー・中西 学が実機レビューいたします!

CREDIT :

企画・写真/中西 学 文/TOMOKO 構成/平井敦貴

話題のイヤホン「LinkBuds」をテストします!

▲ 「LinkBuds」2万3000円(編集部調べ)/ソニー
人の出会いは一期一会。周りの“声”が聞こえればそれだけ出会いの機会が増えるもの。この春は、耳を塞がず出会いを求めてみませんか?

ということで、テレワークの普及でますますニーズが高まるワイヤレスイヤホン市場。ソニーからまたまた超話題のイヤホンが発売されました。真ん中に穴があいて「耳を塞がない」って一体どういうこと!? ここでは実機を購入しましたので、解説&レビューしていきます!
PAGE 2

「耳を塞がない」その魅力って?

近年、各社がこぞってイヤホンに導入しているのは「ノイズキャンセリング機能」。いかに周囲の雑音を低減し、クリアな音で音楽を楽しむかがその魅力ですよね。そんななか、ソニーの「LinkBuds」はなんとイヤホン本体に”穴”があいているんです!

「それだと外の音が聞こえちゃうんじゃないの?」と思われる方も多いでしょう。そう、まさにそこがポイントで、外の音を聞けるのがこのイヤホンの特徴です。
PAGE 3
▲ 真ん中に穴があいたリング型のドライバーユニット。
その秘密がコチラ! ソニーが独自開発した12mmリング型ドライバーユニットです。これにより、装着しているのに耳を塞がず周囲の音を自然に取り込むことが可能に。まさにイヤホンの新しい形を開拓したと言えるでしょう。

もちろん真ん中に穴があくことによって外の音が自然と聞こえるようになります。例えば「レジでのお会計」や「ジョギング中」といった日常シーンでも、周囲の声や音がちゃんと聞こえるから安心して使えるんです。

これまでもイヤホンをつけたまま周囲の音が聞ける「外音取り込み」や「ヒアスルー」といった機能はありました。ですが、この「LinkBuds」ならそういった機能を立ち上げる必要がなく、日常生活とイヤホンの使用を自然と両立させることができます。

まさに「ノイキャン」とは逆の発想。イヤホンはもはや日常に欠かせないアイテムですから、こういった日常に溶け込んで使えるのは非常に便利なんですね。
PAGE 4

ストレスない装着感で、イヤホンをつけている事さえ忘れる!

また、実際に手にとってみて感じたのはケースと本体の小ささ。イヤホンはずっとつけているとその重さが気になりますよね。こちらはソニーの従来モデルより本体サイズが約51%、ケースも26%小型化し、装着感も持ち運びも圧倒的にストレスフリーとなりました。本当にびっくりするくらい小さくて軽いんです。
実際に耳につけてみると、「8の字」の形状を耳の凹凸にフィットさせるという独特の装着感。イヤホンを耳穴に差し込まない構造なので、圧迫感がなく、長時間の使用でもそのつけ心地の良さは段違いです。本体の軽さも相まって、これに慣れてしまうと普通のイヤホンはちょっと重く感じてしまうでしょう。

ちなみにXS〜XLの計5種類のフィッティングサポーターが同梱されているので、人によって大きさや形状の異なる幅広い耳の形にフィットします。
PAGE 5

穴があいているのに高音質!その理由とは

穴があいているから音質が劣るのでは? と思った方も多いはず。ですがその心配はまったく無用でした。密閉されていないため外音の状況に左右されるところはありますが、リング状のドライバーから放たれる音楽は耳の奥に直接届けられている感じ。個人的には骨伝導イヤホンに近い印象で、それでいてクリアで重厚感のある低音をしっかり聴き取ることができました。

というのもこの「LinkBuds」、圧倒的な高音質で話題だったソニーの「WF-1000XM4」にも採用されている統合プロセッサーV1や、ポータブル向けとして高い評価を受けている独自のヘッドホンアンプを採用しているため。音にこだわるソニーならではの技術がこの小さな機体にギュッと詰まっているんです。
PAGE 6

充実の基本性能は近未来!

個人的に驚いたのはその操作性。専用アプリ「Headphones Connect」内の「ワイドエリアタップ」を有効にし、耳の周辺を2回または3回タップすると、音楽の再生・一時停止、曲のスキップなどの操作が可能に。これはすごい!

また、イヤホンのつけ外しで自動的に曲の再生・停止ができるほか、Spotifyアプリと連携し、スマホを取り出さなくてもイヤホン本体をタップするだけで最後に聞いていた曲を再生してくれたり、プレイリストを変更したりすることも可能です。軽いからといって機能性を省略していないところに好感が持てます。

ちなみに「聴く」方も申し分ありませんが、「話す」方のマイクも高性能。5億件のサンプルデータを学習したというAI技術を活用して、装着者とそれ以外の環境ノイズを分離。カフェや外出先などの騒がしい場所でも相手にクリアな声を届けることができちゃうんです。
いかがでしたでしょうか? これだけ充実したスペックを持ちながらストレスフリーで使えるイヤホンはなかなかないもの。私は仕事柄非常にたくさんのイヤホンを所持していますが、「LinkBuds」はこれから長らく相棒になってくれると期待しています!

間近に迫った新年度。春から始まる新生活にイヤホンをアップグレードしてみてはいかが?


この記事が気になった方は、こちらの記事もチェック!

【話題】ソニーの新型ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」はココが進化してました!

ソニーの「ZV-E10」は静止画もスゴかった!

iPhoneユーザーに完全“フィット”!? Beats Fit Proを実機レビュー

中西 学(なかにし まなぶ)

写真家。日本の美を世界に発信したいと思い写真を始める、風景や人々の営みを写真や動画を通じて海外にSNSを通じて発信することを志している。ドローンやVRなど最新機材を使いこなし動画クリエーターとしても 活動し60秒以内で作りあげるショートムービーなど数多く手掛ける。
http://www.ukphoto.co/
https://www.youtube.com/user/glicosmile
・公益社団法人 日本写真家協会 正会員
・一般社団法人 日本UAS産業支援振興協議会 会員(JUIDA)
・Microsoft CERTIFIED Trainer
・dji CAMP Specialist

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

登録無料! 最新情報や人気記事がいち早く届く! 公式ニュースレター

人気記事のランキングや、Club LEONの最新情報などお得な情報を毎週お届けします!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        ソニーの“穴あき”イヤホン、「LinkBuds」を使用レビュー! | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト