• TOP
  • FROM EDITORS
  • 日本の紅は“玉虫色”に輝く? 青山で知的好奇心を満たすひとときを

2021.03.19

日本の紅は“玉虫色”に輝く? 青山で知的好奇心を満たすひとときを

口紅は女性のメイクに欠かせないアイテムですが、日本で昔から使われてきた「小町紅」のこと、ご存知ですか? 歴史的にも技術的にも科学的にも面白さが詰まった逸品なのです。紅にまつわるエトセトラを、どうぞ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/外山亮一 文/岸澤美希(LEON.JP)

皆さん、こんにちは! 最近は大河ドラマ『青天を衝け』を見ることが小さな楽しみとなっている、LEON.JPの岸澤です。今回は、なかなか触れる機会のない“和の色”のお話をしたいと思います。

「見渡すかぎり幟が翻り、濃紺ののれんが揺れている」

というのは、日本の『怪談』などを海外に伝えたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が、明治時代に来日した際の松江の様子を回想した言葉。『青天を衝け』では、主人公・渋沢栄一の生家での藍玉(藍染の染料)づくりの様子が描かれますが、藍はとても日本人になじみ深い色で、昔は至るところで目にしていたようです。

でも、日本を代表する色は他にもあるんです。それが「紅」、つまり赤色です。

ひと口に赤と言っても、色の種類も染料も様々で、特に美しいとされたのが紅花を使った紅。着物の染料、食品の着色料、画材、そして、女性の口紅として珍重されました。
▲ 「小町紅 桜」1万5400円/伊勢半本店 (口紅としての使用目安約60回)
なかでも不思議な魅力を放つのが、「小町紅」の名で愛され続ける口紅。一見、玉虫色にギョッとしてしまうかもしれませんが、これも純度の高い紅花色素の特徴。乾燥すると紅色が玉虫色に変化して見えるのです。

写真では筆先だけが赤くなっていますが、これは筆に含ませた水に反応しているから。でも、玉虫色に見える理由は、未だに解明できていないのだとか。ミステリアスなところも魅力のひとつです。
PAGE 2
そんな紅の不思議と魅力とを、気軽かつ深く学べる空間が、実は青山にあるんですね。「紅ミュージアム」では、昔ながらの紅の作り方、どのように売られてきたか、日本の化粧の変遷などをわかりやすく知ることができます。

紅花の花びらの色素の中で赤色はたったの1%(残りは黄色色素)! しかも、現在でも手摘みをする必要があり、精製までにたくさんの工程を経る必要があるため、貴重ですし価格も相応に高まります。

しかし、時代の流れとともに安価で扱いやすい化学染料の波に押され、明治頃から紅屋は徐々に姿を消し、今でも昔と同じ製法を続けるのは「伊勢半本店」ただ1軒だそう。
PAGE 3
しかし、紅が時代遅れなものかというと、さにあらず。「小町紅」の成分は紅花の赤色色素のみだから自然派さんにもオススメですし、唇を染めるように色づいてロングラスティングなんです。マスクが手放せない昨今、色移りしにくい口紅は、女性にとってうれしい限り。

近年、女性の間で流行っているティントリップの元祖とも言える代物だ!と、展示を見て驚かされました。しかも、水分量で濃淡の調節ができ、頬やまぶたにも使えるのは、合理的でもあり……。自身でも購入して1週間ほど使っていますが、自分の顔をパレットに毎日色んな事ができて、本当に楽しい! 特に、まぶたに薄く付けると顔全体が美肌に見えて気に入っています。

化粧品は生きていく上では余剰なもの。しかも、今は種類も多く選び放題です。でも、もしこの紅を使う人がいなくなったら、技術も文化も途絶えてしまう。実は紅以外にも、日本は文化の絶滅危惧種大国。グローバル化で便利になる反面、文化が淘汰されつつある今、“何を選ぶか”“どのように暮らすか”の選択が一層重要になってきているように思います(もちろん、選択しない選択もあるわけですが)。

そして、古いと思われている事柄の中にも知恵と発見があるもので。それを知らずに使わないことを選ぶか、とりあえず知ってみようとするか。小さなDOの差ですが、その先に見える世界は大きく違うはず。で、気持ちも生活も満たされれば、それがラグジュアリーでもあるのかな、と。

江戸時代の女性の憧れだった「小町紅」。まずは一見の価値アリ、ですよ。それでは、次回のブログにて!

■ 紅ミュージアム

住所/東京都港区南青山6-6-20 K's南青山ビル1F
TEL/03-5467-3735
開館時間/10:00〜17:00
※新型コロナ対策のため変更する場合があります。
休館日/日・月曜日、創業記念日(7月7日)、年末年始

■ お問い合わせ

伊勢半本店 03-5774-0296

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        日本の紅は“玉虫色”に輝く? 青山で知的好奇心を満たすひとときを | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト