• TOP
  • FROM EDITORS
  • マニア垂涎! 希少な時計を愛でながらシャンパーニュをグビッなサロンがオープンです

2021.02.18

マニア垂涎! 希少な時計を愛でながらシャンパーニュをグビッなサロンがオープンです

「時計の世界は小宇宙や……」。つい先ごろ銀座にオープンしたサロン「クロノセオリー」にお邪魔した際、ボクは思わずそうつぶやきました。世界的な腕時計コレクター、くろのぴーす氏が監修した同店には、聞いたことも見たこともない世界の希少時計がズラリと居並び、さらにバーとしての機能も! 時計マニアの皆さん、銀座に新名所ができましたよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/石井洋(LEON兼LEON.JP編集長)

LEON.JP編集長の石井です。雑誌、WEB、SNSと、日々あらゆる「LEON」から時計についての発信をしております。それゆえLEONといえば高級時計、という認識を持っている方も多いことかと。

コロナ禍の影響でスイス現地取材へは行けていないものの、最近でもオンラインを使った発表が続々なされ(その模様は近日公開します!)、まぁ、時計にまみれている日々なんですね。そんななか、日本の時計の聖地とも言われる銀座並木通りに、とんでもないお店「クロノセオリー」がオープンしました。
コチラが「クロノセオリー」の店内。いや、表現するなら“船内”でしょうか。コンセプトは「宇宙船に乗り込んで時空を行き来する旅へといざなう」サロンだそうで、スタートレックや宇宙戦艦ヤマトなど、幼き頃に思い描いた懐かしの宇宙観がマニア心をくすぐります。そして気になる扱いブランドのラインナップはというと……

Armin Strom(スイス)
Bosphorus Leather(スイス)
Buben & Zorweg(ドイツ)
Carl Suchy & Sohne(スイス)
Christophe Claret(スイス)
Konstantin Chaykin(ロシア)
Formex(スイス)
Horus Straps(アメリカ)
Le Rhone(スイス)
Ophion(スイス)
Urwerk(スイス)
Zeitwinkel(スイス)
HYT (スイス)
QLOCKTWO(ドイツ)
Rebellion (スイス)

世界の独立系高級腕時計からケース、ワインダーのブランドに至るまで、普通の人ならまず聞いたことのない、これでもか! なブランドが居並びます。実はワタクシ、この中で知っていたのは3ブランドのみ……(LEONが誇る時計担当部員も驚愕しておりました)。それほどにマニア、それほどに突き詰めたラインナップなのですね。

そしてコチラは、サロンの作りを見てお察しの通り、バーカウンター形式となっていて、当然お酒もいただけます(シャンパーニュごちそうさまでした!)。時計マニアが集まり、希少な時計を愛でながら、嬉々として語る絵が容易に想像できますよね。ちなみに世界的な腕時計コレクター、くろのぴーす氏(ググってみてね)が総監修を務めているため、氏の保有するとんでもないコレクションも飾られるそう。
PAGE 2
と、ここまで書きながら、実はワタクシ、ちゃっかりコチラのオープニングイベントにMCとして登壇させていただきまして。しかもなんと! 我々世代のレジェンドアーティスト、河村隆一さんとの時計談義という——。いや〜緊張しました。

でもどうして河村隆一さん? 実は氏は、業界でつとに有名な時計好きとして知られており、その探究心たるやジャーナリストも舌を巻くほどなんですね。そしてなんと!(2回目)、最後にはあの名曲「Glass」をアコギに乗せてアカペラ歌唱を披露してくれるという……。いやはや役得でありました!
PAGE 3
コチラは「クロノセオリー」の巨大金庫! ドイツのBuben & Zorweg製で、なんと漆塗りの特注品だそう。上部には機種ごとにゼンマイの巻き具合を調整するワインダーが備わっており、常にパワーリザーブを7割に留めてくれるそう。マニアによるマニアのための、腕時計愛に溢れた空間は一見の価値ありですよ。

■ クロノセオリー

住所/東京都中央区銀座6-7-19 3階
TEL/03-6228-5335

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL