• TOP
  • FROM EDITORS
  • 今夜は何軒イケそう? 東京カクテル7デイズがスタート!

2020.10.07

今夜は何軒イケそう? 東京カクテル7デイズがスタート!

美酒の秋! 東京の有名バー70軒をホッピングできる、カクテルの祭典「東京カクテル7デイズ」がスタート! 初日から4軒、さっそくハシゴしてみました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文・写真/秋山 都 

LEON.JP食いしん坊担当の秋山 都です。

すっかり秋の装いとなった街を歩いていると、ふと香るのは金木犀……。
毎年、この季節になると、ある「事件」を思い出します。それは、ある日親戚の家に遊びにいったわたし(小学校低学年)が、トイレに吊り下げられていたピコレットを初めて見て、「わぁなんだか美味しそうな匂いがする……」と、指で削って口に入れてしまったこと。その後、これは身体に悪いのではと我ながら不安になったことから親に「(芳香剤を)食べちゃった」と告白し、なんと食い意地の張った子だと叱られた、自称「ピコレット事件」です。あのピコレットには「きんもくせいの香り」と書いてあったっけ……。と、金木犀の香りが秋風にのって漂いだすと、あのころのわたしの無垢な食欲を思い出して切なくなってしまいます。天高く、馬肥ゆる秋。ピコレットだって食べちゃう秋……おっと、そろそろ本題に入りましょう。
PAGE 2

有名バー70軒をホッピングできるカクテルの祭典

◆東京カクテル7デイズ

▲カクテルパスポート2200円(郵送代370円別)はサイトから購入できる。
秋は美食の秋であると同時に美酒の秋。夏の間、スパークリングワインやハイボール、レモンサワーをガブ飲みしていたわたしも、秋はなぜか琥珀色のウイスキーや、目に美しいカクテル、熟成されたワインが飲みたくなるものです。

なかでもカクテルは最近のミクソロジーブームもあって、ここ数年で大きく進化していますが、バーの(往々にして)重厚なトビラが開けづらく、なかなか新しい店にチャレンジできないという方も多いでしょう。そんなご同輩におすすめしたいのが、現在開催中の「東京カクテル7デイズ」(10月31日まで)。

これは、東京の有名バー70軒が参加しているいわば、カクテルの祭典。上のパスポートに記載されているバーのそれぞれオリジナルカクテルをスペシャル価格1000円(税サ別)で楽しめるほか、30以上もの各種オンラインセミナーに無料参加(要予約)できるというもの。パスポートには1000円チケットもついてくるので、1杯は実質無料で楽しめるという、太っ腹な企画です。

2017年より開催されているこのイベントは当初4月に予定されていたのですが、新型コロナウイルスのため10月に延期。期間をひと月に延長して開催されているため、今年は特におすすめです。

さあパスポートを手に、バーホッピングへ繰り出しましょう。
PAGE 3

17時~1軒目「B&F」(新宿)

▲「B&F」東京都新宿区西新宿1-13-7 大和屋ビル2階
まずは1軒め。15時からオープンしている「B&F」へ。
こちらは同じビルの中にある「Bar BenFiddich」の姉妹店としてオープンした、日本初のフルーツブランデー専門バー。日本未入荷のフルーツブランデーをいろいろお試しできるのも楽しい1軒です。
▲「東京カクテル7デイズ」オリジナルカクテル「モーニング・グローリー」
この日最初のカクテルは「東京カクテル7デイズ」企画の「モーニング・グローリー」をいただきました。カンパリとシップスミスをベースに、スウィートベルモットやヨーグルト、りんごジュースをシェイクしたカクテルは、さわやかな酸味とほのかな苦みで、‟朝”にふさわしい1杯。
▲「B&F」店長の高梨寛実さん(左)
あっという間にグラスを干してしまい、2杯めを……。と、隣の友人がオーダーしたカクテルに目が点になりました!
PAGE 4
▲店長の高梨さんいわく、「『はいはい』は牛乳代わりにカクテルに使うと、牛乳よりあっさりとした仕上がりで、アルコール感も失わずにバランスのよいカクテルが作れます」
バターナッツカボチャを使ったカクテルに、なんと「はいはい」⁉
哺乳瓶を卒業してから数十年経ちますが、まさかこの年でもう一度赤ちゃんミルクを飲むことになろうとは。でもこの「はいはい」は豊富な栄養素がバランスよく配合されているため、高齢者の方にも人気なのだそう。なるほどね……そのうち「はいはいダイエット」とか「はいはいファスティング」とか流行るんでしょうか?
▲「パプリカのカクテル」にはインドのスパイスジンやキャラウェイシードのリキュールが入ってます
私は「パプリカのカクテル」を。さっと焙ったパプリカとキャビア状のオリーブオイルがあしらわれた1杯はまるで飲むサラダのよう。もっと飲みたい!と私の肝臓がラブコールを送ってきましたが、今日はここで腰を据えるわけにはいきません。ハシゴしないと!
PAGE 5

18時~2軒目「Bar BenFiddich」

この2軒目が本日の‟メインエベント”。The World's 50 Best Barの上位に常にランクインし、世界的にも著名なバーテンダー鹿山博康さん率いる「Bar BenFiddich」です。
世界中から酒好きが集まるため、普段はなかなか入れないのですが、いまは外国人ゲストが少ないので狙い目。この日は18時のオープンに合わせて一番乗りしました。
▲「Bar BenFiddich」東京都新宿区西新宿1-13-7 大和屋ビル9F  ハシゴといっても「B&F」と同じビルにあるため、エレベーターに乗っただけのラクチン移動です。
「Bar BenFiddich」のウリはなんといっても、オーナーバーテンダー鹿山さんの集めた薬草酒コレクション。アブサンやヴィンテージの薬草酒に、鹿山さん自ら栽培したボタニカルを用いてオリジナリティあふれるカクテルが楽しめます。
▲真っ白なバージャケットがまぶしい、王子さまのような佇まいの鹿山博康さん。
PAGE 6
▲名物オリゼサワー
ここでの1杯め(通算3杯め)は鹿山さんのスペシャリテともいえる「オリゼサワー」。麹スピリッツのTSUMUGIをベースにひよこ豆の煮汁やフレッシュキューカンバージュースやライムジュースを加えてシェイクした、なめらかなムースのようなカクテル。鹿山さんの手さばきも、グラスも、カクテルもなにもかも美しい……。
2杯め(通算4杯め)、ああこれなんだっけな。ものすごく好みの味だったことは憶えているのに、中身が思い出せません。この後もハシゴすることを知った鹿山さんが「なにか軽いのお作りしましょうか」とすすめてくれたのでした。そろそろ酔ってたんでしょうな……・
PAGE 7

19時~3軒目「SPIRITS BAR Sunface SHINJUKU」

▲「SPIRITS BAR Sunface SHINJUKU」東京都新宿区西新宿1-13-7 大和屋ビル10F
というわけで歩けるうちに3軒目へ移動。といっても、またしても同じビルなのでエレベーターで垂直移動しただけ。2階(B&F)→9階(Bar BenFiddic)→10階と流れるようにスムーズな移動に我ながら惚れ惚れします(笑)。

「SPIRITS BAR Sunface SHINJUKU」はテキーラブランド主催のカクテルコンペティションで世界一に輝いた江刺幸治さんが率いるバー。実は先日「The SG CLUB」でカクテルペアリングを楽しんだ際、偶然同席していたのが江刺さんだったこともあり、ぜひ一度伺ってみたいバーなのでありました。
▲「スモークドハイボール」はグレンモーレンジィを使用。
「SPIRITS BAR Sunface SHINJUKU」はテキーラやラム、ジンの品ぞろえが素晴らしいそうですが、私はここでは「スモークドハイボール」をチョイス。燻製をかけられたハイボールはスモーキーな香りで、秋の夜更けにふさわしい1杯です。
▲「エスプレッソマティーニ&イット」
友人は「エスプレッソマティーニ&イット」をチョイス。この「イット(IT)」が何だったのか、記憶はすべてスモークドハイボールの煙にまかれてしまいました。今度もう一度飲みにいかないといけません。
PAGE 8

20時~4軒目「Jeremiah」

▲「Jeremiah」東京都新宿区新宿5-4-1 新宿Qフラッドビル1F
いよいよ足取りもあやうくなってきた4軒目。大和屋ビルを出て、新宿5丁目に向かいました。
「ジェレマイア」はバー業界のレジェンド、ジェリー・トーマスの本名。彼が活躍した1800年代のカクテルをツイストしたメニューが多くのカクテル好きを惹きつけています。
▲1800年代当時を模したインテリアもユニーク。
PAGE 9
私はここでもハイボールをチョイス。グレンモーレンジィにオレンジの香りを添えた「モーオレンジボール」は「モー飲めない」と思っても「モー1杯らけ」飲める魔法のカクテル。そろそろロレツも回っておりません。
▲「モーオレンジボール」
結局この日はこのあと友人の店へ行ってメキシコ料理でお腹を満たし、5軒のバーをホッピングして、通算おそらく8杯……いや9杯? のカクテルを飲んだのでした。

普段なかなか新しいお店にチャレンジする勇気のない私にも、気になっていたバーのトビラを開けるきっかけを与えてくれる「東京カクテル7デイズ」。パスポートを片手に今夜も繰り出そうかな。

東京カクテル7デイズ

期間/10月1日~31日
パスポート購入&お問合せ/https://cocktailbar.jp/7days
*参加している各店舗は新型コロナウイルス感染予防に努めています。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        今夜は何軒イケそう? 東京カクテル7デイズがスタート! | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト