• TOP
  • FROM EDITORS
  • 「#この自粛が終わったら」。柄シャツ着てリゾートで遊びたい!

2020.06.04

「#この自粛が終わったら」。柄シャツ着てリゾートで遊びたい!

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ自粛モードは続きそうですね。来るべき日を妄想する日々ですが、それはそれで楽しいものです、はい。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/大崎文菊(LEON.JP)

ステイホームが続くとどうしても楽ちんなルームウエアばかり着てしまう。最近はお洒落でラグジュアリーなルームウエアも増えており、ワタクシも何着が購入しました。ですが、やっぱりルームウエアはルームウエア。どうしても気分がインドアになってしまう。

そこで、家でもシャツを着るようにしよう!と。やっぱりシャツを着ると気持ちも引き締まりますしね。ですが、ドレスシャツは正直しんどい(どないやねん!)。ってことで、昨今のトレンドアイテムのひとつでもある「開襟シャツ」を着ることに!

はい、この開襟シャツ、シャツはシャツでもかなり楽ちんです。胸元が開いているので、首が詰まるクルーネックよりもむしろ開放感があるんです。しかも、半袖の柄モノをチョイス。要するにアロハシャツタイプですね。まだまだリゾートに行ける状況ではありませんが、こんな柄シャツを着ていると、家でもテンションが上がるもんなんですよ。

ということで、今回は最近ワタクシが着ている半袖開襟柄シャツを紹介いたします。まだまだ油断は禁物ですが、「#この自粛が終わったら」、実際にリゾートに着ていってとことん遊びたいですな!
PAGE 2
先日購入したばかりのこちらは、皆さんご存知のイタリアファッション界の名門CIT社が手がけるシャツブランド「バグッタ」の一枚。レトロな柄とレーヨン100%ならではのテロっとした素材がたまらなく格好いい。
同じくバグッタの一枚。こちらはコットン100%でサラッとした着心地が最高! エキゾチックな雰囲気漂うバティック調のプリント柄ですが、ダークトーンなので悪目立ちしないのがいい。サファリジャケットのインナーで襟出しちゃったりして、キザに着こなしたいですね。
PAGE 3
こちらも名門シャツブランドのひとつ「ジャンネット」の開襟シャツ。トロピカル度満点な、ボタニカルモチーフの大柄プリントですが、カーキをベースにした配色は落ち着いた印象。
こちらは一番のお気に入り、「Double RL(ダブルアールエル)」のアロハシャツ。リネンのシャリ感と、レーヨンならではのテロテロ感とのハーモニーが最高に気持ちのいい一枚。RRLらしいヴィンテージっぽいプリントが、そこらの派手なアロハとは一味違う男らしさを醸し出しています。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        「#この自粛が終わったら」。柄シャツ着てリゾートで遊びたい! | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト