• TOP
  • FROM EDITORS
  • ベトナム・ホイアンを3泊4日で1週間分楽しむ! 【予習】

2020.07.03

ベトナム・ホイアンを3泊4日で1週間分楽しむ! 【予習】

新型コロナウイルス対策のため、いまだ海外への渡航は規制されています。でも解禁はきっともうすぐ! いつか行けるその日のために、「フォーシーズンズリゾート ザ ナムハイ ホイアン ベトナム」を予習しておきましょう!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文・写真/秋山 都 

旅に出たくてたまらない。

LEON.JP食いしん坊担当の秋山 都です。

新型コロナウイルスの予防には最大限務めながらも、東京での暮らしは徐々に以前のペースを取り戻しつつあります。とはいえ、コロナ前のように混雑した電車には乗りたくないし、人混みもノーサンキュー。レストランでおいしいものは食べたいけど、早めに終えて家でNetflix見ながらまったりしたいから、はしご酒はしない。と、食いしん坊の世界にも確実に‟ニューノーマル”がやってきています。

そんな私がいま、切実に望んでいること。それは「旅に出かけたい」。私の住まう東京の右側、谷根千(谷中・千駄木・根津)あたりはユニークなお店がたくさんあるそれは面白いエリアなのですが、それでも自分の知らない場所へ行って、美しいものをみたり、想定外のことをしたり、未知の料理を味わったり、とにかくどこかへ出かけたくて、考えているだけでハアハアと息が荒くなるほどです。

日本における緊急事態宣言は解除され、現在では県をまたぐ移動もできるようになりました。8月には国内での観光業や飲食業などを支援し、さらに需要を喚起するためのGo To Travelキャンペーンが実施される見込みです。従来の「ふっこう割」などとは異なり、日本全国を対象に、これまでにはない予算規模で行われるそうですから、これを機にどこかへ出かけようという方も多いでしょう。

では海外はどうでしょう。外務省のアナウンスによれば、現在まだ多くの国において日本人に対する入国制限が行われています。これがいつ解除されるのかは、これからの新型コロナウイルス情勢によるところなので、誰にもわかりません。でも遠からず海外へ旅することも可能になるはず(と思いたい)!

そこでアフターコロナにおける‟ニューノーマル”な海外旅行はどうあるべきか、私なりに考えてみました。

1.移動はできるだけ短く、直行便が望ましい。
 (多くの人と接触する空港や飛行機での時間はできるだけ短くしたい)

2.混雑する街中より、海や山など大自然の中へ。
 (三密を避ける。これは国内と同じですね)

3.衛生対策がしっかりとられたホテルやリゾートにおこもり。
 (滞在型リゾートであれば、外部と接触する機会がより少なくなります)

そこで、今回ご紹介するのが、私が2月に旅した「フォーシーズンズリゾート ザ ナムハイ ホイアン ベトナム」。名前のとおり、ベトナムのホイアンにほど近いビーチリゾートです。こちらであれば、上の3条件は下記のようにクリアできます。

1.ベトナム航空で成田・羽田・関空より直近のダナン空港まで直行便が運航しています。飛行時間はおよそ5時間30分。

2.目の前は海! しかも米「Forbes」誌で「世界でもっとも素晴らしいビーチ」に沿って1キロが私有地となっているため、プライベートビーチとして楽しめます。

3.滞在はラグジュアリーなリゾートとして世界的に知られる「フォーシーズンズリゾート」。スタッフのサービスが良いのはもちろんですが、衛生観念も高い水準でトレーニングされています。宿泊も各戸独立したヴィラなので他人との接触が少ないのも利点。また、さまざまなアクティビティが用意されており、実際に3泊ほどの滞在であったとしても、1週間ほど楽しんだ実感を持てるはず!

さあ、では「フォーシーズンズリゾート ザ ナムハイ ホイアン ベトナム」での充実した3日間をご紹介しましょう。

*取材は20年2月に行ったものです。
7月3日現在、ベトナムへの日本人の入国は許可されていません。ベトナム航空の日本⇔ダナン直行便は運休しています。今後の状況については下記よりご確認ください。
〈ベトナムへの入国について〉
外務省海外安全HP
〈ベトナム航空の運航状況〉
ベトナム航空HP

PAGE 2

「フォーシーズンズリゾート ザ ナムハイ ホイアン ベトナム」

▲プールに佇む美女。もちろん私ではありません。
海外の、それも滞在型リゾートでの過ごし方にはさまざまなお好みがあるでしょう。たとえばプールサイドで本を読んだり、トロピカルなカクテルを飲んでまったり過ごすのもよいし、リゾートはあくまで夜リラックスする場所として昼間はアクティブに観光するのもアリ。でも今回は3日間を存分に堪能すべく、リゾートで用意されているプログラムやアクティビティにできるだけ参加しました。結果、かなり忙しいです(笑)。でも、3泊4日で1週間分の満足感を得られるはず。では、その濃厚な4日間を時系列で振り返ります。
▲「フォーシーズンズリゾート ザ ナムハイ ホイアン ベトナム」はダナン空港からクルマで30分程度。
PAGE 3
DAY1

利用したのはベトナム空港の成田発ダナンまでの直行便。リゾートに着いたらまずはお部屋をチェックします。「フォーシーズンズリゾート ザ ナムハイ ホイアン ベトナム」の客室は伝統的な風水を取り入れて設計されたスタイリッシュなヴィラスタイル。中央のひな壇のように高くなった高床式フロアにベッドが置かれ、ふんわりとしたドレープの天蓋で覆われているのがなんともロマンティックです。
▲ビーチ方向からベッドルームを望む。
▲ベッドからはこんな風景。海から渡る風が心地いい!
▲ベッドサイドにはバスタブ(シャワールームは別にあり)。
▲私が泊まったヴィラはバトラーサービス付き。スパやレストランの予約もお願いできるから便利。
▲バトラーサービス付きヴィラにはプライベートプールも。
荷物をほどいてさっそく水着に着替え、どぶんとプールへ……行こうかと思いましたが、まずはアクティビティをチェック。あ、あった。カメラを手に、さっそく出かけます。
▲薄暮の中で行われる「キャンドルライト・セレモニー」。
「キャンドルライト・セレモニー」はプールを取り囲むキャンドルにひとつずつ火を灯していく幻想的なセレモニー。ベトナムでは、キャンドルを灯すことは先祖に祈りをささげるという意味があるらしく、「ご自分の大切な人のために平和と健康を祈りましょう」との言葉に従って私もしばし祈りました。旅の始まりに、ほんの一瞬、心を穏やかにして、日本に残してきた家族や友人たちへ思いを寄せることができたのはよかった。
▲近隣の農村からやってきた村人が素朴な笛の音を聞かせてくれました。
さあ、思いも新たにベトナムを楽しむぞと気合を込めて向かったのはリゾート内のレストラン「La Sen」です。この日は「ナムハイストリートフードマーケット」として、ローカルな屋台料理をリゾート内で味わえるというイベントが行われていたのでした。
▲屋台といってもリアルではありません。ホテルスタッフが屋台に扮してその場で調理をしてくれます。
▲「ナムハイストリートフードマーケット」は1名VND2,181,000(税・サ別)
▲フライトでお疲れ気味の胃腸には「生春巻き」がことさら美味しく感じられました。
バインミーやバインセオ、エビ団子など、ベトナムの各種ストリートフードをリゾートの中で楽しんでしまおうというこの趣向。好きなものを好きなだけ食べられるのは楽しいのだけれど、つい食べ過ぎちゃう……初日の夜からトバし気味に3泊4日の旅がスタートしました。
PAGE 4
DAY2

鳥のさえずりで目がさめた朝。昨夜食べ過ぎたと思いましたが、ベトナム料理は野菜たっぷりのせいか胃にもたれることがありません。適度に空腹な状態で、朝ごはんを食べに出かけます。
▲リゾートの前の「ハーミ―ビーチ」は、Forbes誌で「世界でもっとも美しいビーチ」のひとつに選ばれています。
ヴィラからレストランのあるメイン棟までは徒歩で15分ほど。ヴィラには自転車がそなえつけられており、またカートでお迎えに来てもらうことも可能ですが、この日はビーチ沿いに散歩がてら歩いていきました。
▲朝食にフォーを食べるのが気に入り、「フォー・ボー(牛)」と「フォー・ガ—(鶏)」を交互に毎日食べていました。
リゾートには4か所のレストラン、バーがあるので、その日の気分にあわせて食べたいものを選べます。この日、「カフェ・ナムハイ」で私がいただいたのは牛肉入りの「フォー・ボー」。唐辛子を多めにもってきてもらい、ライムをギュッと絞って食べたらもうサイコー! ベトナムにやってきたなぁと実感が湧いてきました。
▲ホイアンの町並み。クリームやピンクなど色彩豊かなフレンチ・コロニアル調の建物も印象的でした。
午前中はホイアンの町へ散策に出かけました。ホイアンとはベトナム中央部に位置する、海辺の街。その美しい街並みは世界遺産に認定されていることからも有名です。
▲朝市にはその日採れたフレッシュな野菜や魚がズラリ。
朝市をひやかしたり、現地のおしゃれなカフェでベトナミーズコーヒーを楽しんだり。ちなみに、ベトナミーズコーヒーにはもれなくコンデンスミルクがついてくるものと思っていましたが、これはブラック。苦みがあり、いまどきの浅煎り酸味系コーヒーとは異なるものでした。これはこれでアリだな、うん。
ホテルへ戻り、昼食後はリゾート内を散策しつつ、たまたま行われていた「クリスタルシンギングボウル・エクスペリエンス」に参加しました。クリスタルシンギングボウルとは、純粋な水晶の粉を焼いて固めたもので、これを付属のバチでやさしく叩いたりこすったりすることで、「ヴォ~‥‥」となんともいえない透明感のある音色が長い余韻をもって奏でられます。この音の波動が身体に響き渡ることにより、心地よいリラックスが得られるというもの。しばしばスパなどで施術中に使用されますが、こんな風にライブっぽく聴くのは初めてでした。
▲「クリスタルシンギングボウル・エクスペリエンス」は参加費無料。
▲インフィニティプールからの海。美しい青のグラデーション。
リゾート内は広大なので散歩しているだけでも楽しい。なかでもこの中央エリアにある3層のインフィニティプールは圧巻の美しさです。これだけ広ければゲストで混みあうこともなさそうですね。
▲オレンジ色の制服がドライバーの目印。
歩き回ってお腹がすいてきた……というころにこの日のハイライトを迎えました。それは「ホイアン・フーディ・ベスパ・アドベンチャー」と称されるプチトリップ。つまり、ベスパに乗って、ホイアンのローカルフードを思う存分食べにいこうという趣向です。
「え、私、バイクなんて乗れない」と一瞬ビビりましたが、ノープロブレム。運転は現地のドライバーがしてくれるので私たちは後ろにまたがるだけ。バイクにふたり乗りするなんていつ以来だろう……甘酸っぱい郷愁を味わいながら、いざホイアンの街へ。
▲田んぼの間をベスパで走る。気持ちいい!
「ローカルフードを食べに行きます」と聞いただけで、どこで何を食べるのか知らずに出かけたわけですが、このツアー内容が素晴らしく楽しかった。
基本的に一ヶ所の店で食べるのは一皿だけ。つまり5か所巡れば、5種類の異なるローカルフードが楽しめるという充実の内容でした。またツアーの間にはホイアンの夜の街並みを散策できるというお楽しみも。
▲「ホイアン・フーディ・ベスパ・アドベンチャー」は1名VND6,325,000(税・サ別)。
滞在型リゾートに宿泊していると、リゾートの外へ食事に出かけるのはなかなかハードルが高いわけですが、このツアーはローカルフードを楽しむだけでなく、街の様子も垣間見ることができてとても楽しい内容でした。
PAGE 5
DAY3

早くも3日め。早起きして「ザ・ナムハイ・クッキングアカデミー」に参加しました。
▲リゾートから少し離れただけで、野菜や穀物の畑が連なる田園地帯が広がります。
▲「生のピーナッツ、食べてみる?」とシェフのフィンさん。
「クッキングアカデミー」はまずシェフと食材探しの旅に出かけることから。野菜やハーブ、穀物の畑の中を歩くこと15分。たどりついた小屋でライスペーパー作りを体験します。
ベトナム料理には欠かせないライスペーパーの製法を知ることができたのは興味深いひとときでした。でも「クッキングアカデミー」はこれだけでは終わりません。
▲「ザ・ナムハイ クッキングアカデミー」1日コースVND 3,048,000(税・サ別)。
大葉に似たハーブで牛肉を巻いた「ボーラロット」や、タマリンド風味のエビ炒め「トムランミー」、チキンとキャベツのサラダなど数品をシェフの手ほどきのもと、自分たちでクッキング! レシピももらえるので、自宅に帰ってもベトナム料理が楽しめそうです。
▲「ザ・ハート・オブ・ザ・アース・スパ」にて。ハーブをふんだんに使ったフットバス。
朝早かったし、満腹だし、お昼寝したい……と思いましたが、睡魔をおしのけてスパへ。3泊4日で1週間分遊ぶには、強い意志と気合が必要です。
▲薔薇風呂を楽しむタトゥー美女。もちろん私ではありません。
「ザ・ハート・オブ・ザ・アース・スパ」はベトナムの禅僧であるティック・ナット・ハン氏の教えに基づき、「人は地球とともに存在している」「自然のリズムに合わせることで、心と身体の調和、人と地球の調和を図ることができる」ことを意識したトリートメントを行っています。

蓮の花咲く池のほとりに佇む8棟のトリートメント・ヴィラにはそれぞれバスタブが用意されており、ハーブを使用したフットバスやローズペタル入りバスでくつろいだあとは、熟練したセラピストによりトリートメントを受けた……はずなのですが、あまりの心地よさに寝入ってしまいました。不覚。

アンチグラヴィティヨガを楽しんでいる人々を横目で見ながら、ヴィラへの帰途につきました。
PAGE 6
DAY4

早くも最終日。帰国の途につく日でもありますが、深夜フライトのため、夜まで有効に活用します。
▲ミーソン遺跡ツアーは2名VND6,325,000(税・サ別)。
この日はリゾートから60㎞離れた山の中にある「ミーソン遺跡」へ。900年ほど前のチャンパ王国時代の宗教建築が驚異的な保存状況の良さで残されています。ところどころに、ベトナム戦争時代の米軍による破壊の跡もみられ、ベトナムの歴史に思いを馳せることができました。
▲「誰もいない海♪」と歌いたくなるのは昭和生まれのサガですね。
最終日にしてまだ一度も水着に着替えていないことに気づき、慌ててビーチへ出かけました。デッキチェアに陣取り、持ってきた文庫本を開いた……はずが、またしても寝落ち。不覚。
▲申し添えますと、ビーチではカヤック、ボディーボード、ウィンドサーフィン、スタンダップ・パドル、ジェット・ブレードなどなど各種ウォータースポーツも楽しめます。
夕食の前に着替えようとヴィラに戻る途中、「バインミーづくり体験」に出くわし、思わず作って食べちゃいました。バインミーとは、フランスパンに具をサンドした、ベトナム風のサンドイッチ。フランスの植民地だった時代の影響がこんなところにも残っています。
さあ、充実していた「フォーシーズンズリゾート ザ ナムハイ ホイアン ベトナム」での旅も、まもなく終わりを告げようとしています。「ラストディナーはビーチでどうぞ」とお誘いを受けたので、出かけてみたら、こんなロマンティックな展開が待っていました。
▲なんとビーチにテーブルがセットされていました。
▲テーブルセッティングもすてき。ああ、カップルで来たかった。
▲新鮮なロブスターやお肉をこの場でBBQ。贅沢です。
これほど充実した内容を3泊4日で楽しめる「フォーシーズンズリゾート ザ ナムハイ ホイアン ベトナム」の旅、いかがでしたか? 日本から短時間の直行便で行けて、密な環境を避け、衛生観念の高い国で、上質なリゾート体験を楽しむ……これはどこででも経験できることではありません。旅のはじめに「キャンドルセレモニー」で人々の平和と健康を祈願したように、今はコロナが早く終息して、またこの地を訪れることができますようにと改めて願っています。

フォーシーズンズリゾート ザ ナムハイ ホイアン ベトナム

予約と問い合わせ/
HPもしくは、フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツ 予約オフィス☎(0120) 024754

*1VND(ベトナム・ドン)は0.0046円(6月25日現在)
*ツアーなどのプログラムや価格は、予告なく変更される場合があります。事前にご確認ください。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ベトナム・ホイアンを3泊4日で1週間分楽しむ! 【予習】 | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト